2020年2月21日金曜日

2/28(金)はシンガーソングライターライヴwith黒田京子(pf)@大泉学園inF!!!

前回のシンガーソングライターライヴ(2020年11月28日@大泉学園inF)
喜多直毅(歌・ヴァイオリン)黒田京子(ピアノ・ピアニカ)

2/28は大泉学園・inFでシンガーソングライターライヴを行います。
今年の正月明けにふと思い立って自分の歌のデモを作ってSNSやYouTubeに載せたら、思いの外多くの方から反響を頂いてとても嬉しかったです。

その時、ピアノを弾き、歌を歌い、ヴァイオリンを重ねて、全部一人で作ったのですが、なかなかこれが楽しい。
他の仕事のために急いで揃えた機材がこんなふうに利用されようとは!
これからも時間があったらこうした音源をネットに載せていけたらと思っています。
僕の楽しみが増えました!

さてこのシンガーソングライターライヴ、元々はライヴハウスのママさんに勧められて始めたものです。
それまでは人様に提供するのみの“ソングライター”だったのですが、『自分で歌ってみたら?』と言われて思い切ってやってみることに。

最初の頃は物凄く緊張してメチャメチャでした。
メチャメチャは今もあまり変わっていないのですが、少しずつ歌や歌うことに対する感じ方が変わってきたように思います。

前は人様のために書いた歌をとにかく一生懸命“上手に”歌うことに必死。
音程やリズムを正確に、発声をちゃんとして、歌詞を見ないで…みたいに。
このような歌の基本は相変わらずダメなままではありますが、それでも歌手っぽく上手に歌おうと思っていました。
こんな言い方をしては身も蓋もありませんが、それはどこか『カラオケを上手に歌いたい』に近い気持ちだったのかも知れません。
この気持ちが少しずつ無くなってきました。

それと人様のために書いた曲は(全てではありませんが)その歌手の声だとか人物みたいなものを一応想定しているわけです。
Aさんに対して歌を書くなら、Aさんの声や歌い方だけではなく、Aさんがどんな人かについても考えるわけです。
もちろんAさんそのものである必要は全くないのですが、不自然にかけ離れたものを歌っていただくわけにはいきません。

こんな考え方に基づいて歌を作ってきたのですが、それをいざ自分が歌うとなると、結構違和感があることに気がついたのです!
自分で仕立てたシャツだけど、微妙に肩幅や身幅が合わない。
袖丈が違う…みたいな違和感です。

決して何の気持ちも込めず、良い加減に、流れ作業的に作ってきた歌ではありません。
それぞれ丹精込めて作ってきたのですが、やっぱりどこかで人様に歌ってもらうことを前提としていたんだと気付かされた次第です。
そう、人様のためにあつらえたシャツだったのです。

自分が作った歌でも自分には歌えない。
それは歌の技術がどうこうではなく、やはり自分の気持ちが自然に反映した言葉やメロディでないと、実際に自分で歌うときにその中に入っていけないんだと分かりました。
そしてその気持ちを歌詞とメロディにダイレクトに反映させるためにはどうしたら良いのか?
鏡や窓ガラスを磨いておけってことかも知れません。

人様のために歌を作ることはとても楽しいのでこれからももっと続けていきたい。
今後は今まで以上に、もう少しその歌手の“人物”から歌作りをスタートさせられたら良いなぁ。

そして自分の歌。
YouTubeやSNSに載せた『青空』は実に自分が歌うための歌です。
メロディはある映画のために作り、残念ながら採用にはならなかったものの、とても気に入っていたので家でデモ音源を繰り返し聴いていました。
そこに歌詞がどこからともなくやって来た。
こうして出来た曲です。

ってなわけで、少しずつ進化しているシンガーソングライターライヴ。
2/28はぜひお越しください!
ピアノは黒田京子さん。
超贅沢です。

出演:喜多直毅(歌・ヴァイオリン)
   黒田京子(ピアノ)
内容:喜多直毅オリジナルソング

日時:2020年2月28日(金)19:00開場/20:00開演
会場:インエフ(大泉学園)
   東京都練馬区東大泉3-4-19津田ビル3F
   03-3925-6967

料金:¥2,500+オーダー
ご予約&お問い合わせ:
   03-3925-6967
   in-f.sato@nifty.ne.jp



『青空』
作詞作曲:喜多直毅
歌・ヴァイオリン・ピアノ:喜多直毅



ネクタイ、駅に捨てて歩いた 
気が付けばここは青空 
雲の隙間から見下ろせば 
穏やかな風景 

毎朝揺られた急行列車 
輝いて町を貫く 
ひしめくビル、高さを争う 
でも空に届かない 

別れを告げる相手さえない 
悲しむ者一人ない 
この朝ほど清々しく 
世界を感じたことはない 

僕は今空にいるんだ 
何の苦しみもないのさ 
心苛むあらゆるもの 
地上に置いて来た 


昨日まで住んだアパート 
地上に探す目印は 
ベランダに干したワイシャツ 
今、風が吹き捨てた 

軽い命か、重い命か 
そんなことはもう良いんだ 
ごらん、風に舞い飛ぶシャツ 
空の高みへ溶けゆく 

僕は今空にいるんだ 
何の苦しみもないのさ 
心苛むあらゆるもの 
地上に置いて来た 


安いスーツのポケットの中 
指に触れるほつれ糸 
引き抜いても、引き抜いても 
指に絡みつく苦しみ 

僕は今空にいるんだ 
思い煩い脱ぎ捨てて
心苛むあらゆるもの 
地上に置いて来た

0 件のコメント: