2017年12月17日日曜日

長浜奈津子さん(朗読・歌・ギター)との共演が決まりました/12月25日(月)月夜の仔猫(新橋)18:45/19:30

長浜奈津子(朗読・歌・ギター)、喜多直毅(ヴァイオリン) 2017年12月16日@松本弦楽器(代々木)
長浜奈津子(朗読・歌・ギター)、喜多直毅(ヴァイオリン)
2017年12月16日@松本弦楽器(代々木)

昨日は代々木の松本弦楽器にて女優の長浜奈津子さんと朗読会でした。
リハーサルの時点から、二人で言葉の持つ力を感じ、意味を探り、そして作者と作品の魂に接近して行く。
そんなプロセスを踏んで本番を迎えましたが、とてもとても楽しい日々でした。
会場には某文学ミュージアムの方もお越し下さり、我々の朗読会をとても楽しんで下さいました。
本当に企画して良かったなぁと思える公演でした。
寒い中お越しになった皆さん、会場として場を提供して下さった松本弦楽器の皆さん、そして長浜奈津子さん、心からお礼を申し上げたいと思います!

お越しになれなかった方のために今日のプログラムをご紹介します。

第一部:濹東綺譚(永井荷風)

第二部:
ヴェルレーヌ/永井荷風(翻訳)『珊瑚集』より
・ぴあの
・ましろの月
・道行
・夜の小鳥
・暖かき火のほとり
・返らぬむかし
・偶成

ヴェルレーヌ『秋の歌』を五人の翻訳で
・堀口大学
・金子光晴
・窪田般彌
・橋本一明
・上田敏
音楽:シャコンヌ(J.S.Bach)

オシップ・マンデリシュターム
詩集『石』より一編

ブロニスワバ・バイス
『私は貧しいジプシー女』

『アルフォンシーナと海』
作詞:フェリックス・ルナ/作曲:アリエル・ラミレス
歌詞の朗読とギター弾き語り&ヴァイオリン


どうです!?
なかなか充実のプログラムでしょ!?

濹東綺譚はもう何度か上演しておりますが、第二部は初めての作品ばかり。

ヴェルレーヌ/永井荷風の詩の数々は、荷風の色合いがとても濃くてビックリしました!
濹東をやった後だったからかも知れませんが、原作に描かれているのはフランスの風景なはずなのに、何だか昭和初期の情緒のようなものを感じるのです。
登場する人物もフランス人ではなく、着物姿の男女をイメージしてしまう。
荷風って知れば知るほど凄い人ですね…。

続いてヴァルレーヌの『秋の歌』を五人の日本人による翻訳で聴いていただきました。
『秋の日のヰ゛オロンのためいきの身にしみてひたぶるにうら悲し。』の出だしで有名な詩です。
これは上田敏訳。
僕は堀口大学のが最も好きなのですが、他に三つも翻訳があったんですね。
知りませんでした。

で、この五つのヴァージョンをシャコンヌに載せて、奈津子さんに読んで頂きました。
もちろん訳者ごとに趣きが全く違うのですが、奈津子さんの読み方も訳の言葉遣いによって変化して大変面白かったです。

シャコンヌは大きな音量で弾かないと厳しい部分もあるので、朗読の背景としては実は不向きだったかも知れません。
今日は朗読会を通して弱音器をつけっぱなしだったのですが、それでもシャコンヌはたまに音がでかいな〜と感じました。
もしかしたら無伴奏ソナタ第1番の第一楽章が向いているかも知れません。
その方が詩の朗読を邪魔しないかも。

ヴェルレーヌの後はお気に入りのマンデリシュターム。
そしてジプシーの詩人、ブロニスワバ・バイス。
そして最後はフォルクローレの名曲『アルフォンシーナと海』の歌詞の朗読と歌。

奈津子さんは実は歌手としても活躍しておられ、このアルフォンシーナの演奏は歌もギターも見事でした!
まずリズム感が素晴らしい!
緩急も自由自在。
リハーサルではヴァイオリンの一本で歌って下さったのですが、僕の演奏を本当に良く聴きながら歌って下さるのです。

実は先日、奈津子さんが出演する芝居を観に、六本木の俳優座に行ってきました。
作品中、何曲か歌っていらっしゃったのですが、豊かな声が会場を包みました。

ここでお知らせ!!!
奈津子さんが出演するライヴに僕も急遽出演させて頂くことになりました!
12月25日のクリスマスです!

出演:長浜奈津子(歌、ギター、朗読)
   喜多直毅(ヴァイオリン)
日時:2017年12月25日(月)18:45開場/1st19:30/2nd 21:00
会場:月夜の仔猫(新橋)
   東京都中央区銀座8-3-11和恒ビルB1
   03-3573-3651
料金:¥4,500+オーダー
予約・問い合わせ:03-3573-3651

この日は朗読を行うか、或いは歌が中心になるか、これからリハーサルをして決めて参りたいと思います。
でも『アルフォンシーナと海』以外にも、例えばタンゴとか一緒に出来たらと思っています。
年末の忙しい時期かと思いますが、皆さんどうぞお越し下さい!


【グルメ情報】
前にも一度紹介したかも?
でも素晴らしいのでもう一度。

池袋北口と言えばもう既にチャイナタウンと化して何年も経ちます。
そんな中、名店として評判なのがここ”知音食堂”!

東京都豊島区西池袋1-24-1 宮川ビルB1
03-5951-8288
営業時間:11時30分~0時00分


基本的に四川料理ですが、辛くない料理もあります。
でもせっかくだから唐辛子・山椒の痺れる辛さを味わいたいもの。
辛くても痺れても、どれもどんどん箸が進む旨さです!

ここは本当にメニューが豊富でどれを頼むか迷ってしまいますが、やっぱり麻婆豆腐は頼まなくては!
上の写真をご覧いただいてもお分かりと思いますが、食欲をそそる赤!
確かに痺れる辛さ。
必ずライスが欲しくなる。
普通盛りでは足りなくなります。
絶対に大盛りです!
で、汗をかきながら麻婆丼みたいな感じで食べます。
本当に幸せを感じる…。

ということで池袋に行ったら皆さんも是非行ってみて下さいね。
雑司が谷エルチョクロでライヴを観た後とか。
(僕もたまに行きます。)

さがゆき、喜多直毅
もともと知音食堂を教えてくれたのはさがゆきさん(vo)。
それ以来はまっています…。

2017年12月15日金曜日

喜多直毅&黒田京子デュオ・年末年始の演奏スケジュール(12/23:新三郷・永井マザーズホスピタル、1/6:代官山・晴れたら空に豆まいて)

喜多直毅&黒田京子デュオ 2017年12月14日@神保町・試聴室
喜多直毅&黒田京子デュオ
2017年12月14日@神保町・試聴室

このデュオではアルバム『愛の讃歌』をリリースした後、映画音楽やヨーロッパのポピュラー音楽、昭和歌謡などを中心に演奏して来ました。
しかし昨日の神保町・試聴室でのライヴでは久々の全曲オリジナル!
いや〜〜〜、我ながら濃厚でハードな世界でした!
(お客さん、疲れちゃったかな!?)

しかし暫くこうしたライヴを行っていなかったので、僕としてはとても新鮮な気持ちで演奏することが出来ました。
寒い中をお越し下さった皆さん、本当に有難うございました!

さて直近の黒田さんとの演奏のお知らせです。

まずは12/23(土)。
新三郷の永井マザーズホスピタルにて子供向けの朗読会(午後)、そして夕刻からは大人向けのコンサートを行います。
朗読会はスクリーンを使った紙芝居風。
前回は宮沢賢治の『セロ弾きのゴーシュ』の朗読で、大変好評を頂きました。
今回はその第二弾。
子猫のお話です!

何の取り柄もない子猫が、たった一人の友達との交流を通して成長していくお話。
きっと大人の方にもお楽しみいただける内容です。
勇気って何だろう?
愛って何だろう?
友情って何だろう?
(こう並べて書くと少年ジャンプみたいですが、そういうお話ではありません。)
きっと色々な問いが心に浮かぶに違いありません。

そして夜は大人向けのコンサートです。
こちらは映画音楽や昭和歌謡など、比較的耳馴染みのある曲をお送りします。
ちなみに前回は『忘れな草をあなたに』『リリー・マルレーン』『映画”ひまわり”のテーマ』『My Favorite Things』『アメイジング・グレイス』等を演奏いたしました。

皆さん、年末の締めくくりに朗読会とコンサートにいらっしゃいませんか?
お待ちしています!!!


2017年12月23日(土)新三郷・永井マザーズホスピタル・クリスマススペシャル朗読会&コンサート



 
◉子供の為の朗読会
出演:森都のり(女優)
   喜多直毅(ヴァイオリン)
   黒田京子(ピアノ)
内容:朗読(スクリーン上映あり)と音楽による子猫の物語
日時:2017年12月23日(土)13:30開場/14:00開演/14:45頃終演
会場:永井マザーズホスピタル・待合室(新三郷)
   埼玉県三郷市上彦名607−1
   048-959-1311(代表)
料金:子供 予約¥500 当日¥800
   大人 予約¥1,500 当日¥1,800
御予約・お問い合わせ:
nagai@nagai-cl.com、048-950-1103(永井クリニック・小沢、又は新井
violin@nkita.net(喜多直毅)

◉大人のコンサート
出演:喜多直毅(ヴァイオリン)
   黒田京子(ピアノ)
内容:映画音楽、ポピュラー音楽、昭和歌謡等の演奏
日時:2017年12月23日(土)15:30開場/16:00開演/18:00頃終演
会場:永井マザーズホスピタル・待合室(新三郷)
   埼玉県三郷市上彦名607−1
   048-959-1311←要確認
料金:予約¥2,000/当日¥2,500(ワンドリンク付き)
御予約・お問い合わせ:
nagai@nagai-cl.com、048-950-1103(永井クリニック・小沢、又は新井)←要確認
violin@nkita.net(喜多直毅)


そして年明け1月6日(土)には代官山・“晴れたら空に豆まいて”にて映画音楽特集です!
このライヴのプロデュースは『裸のラリーズ』や『夕焼け楽団』などでお馴染みの久保田麻琴さんです!
久保田さんは演奏活動の他、CDやアーティストのプロデュースも精力的に行ってらっしゃいます。

そして今回は素晴らしいギター奏者・笹久保伸さんとご一緒させて頂きます!
先日、彼のライヴを聴きに行って来たのですが、本場南米仕込みの凄いギターでした。
フォルクローレのリズムや奏法を活かしつつ、それだけに留まらないオリジナリティ溢れる世界を創り上げていました。
そのサウンドには、彼が暮らす秩父の自然やこれまで様々な土地で出会って来た人々の事が織り込まれているのだと思います。
他に、南米の歌の歌詞には良く登場する“精霊”が何か音楽作りに影響を与えているのかも…。
そんな思いを抱きながら、彼のギターを聴かせて頂きました。

笹久保さんは実に多才で、写真集を出したり映像製作もしていらっしゃいます。
今回のライヴはテーマが“映画”ということで、彼の作った映像作品もご覧いただけます。

そしてライヴ後半には彼との演奏も予定されていますよ!(三曲くらい?)
これは絶対に見逃せないライヴです。
是非お誘い合わせの上お越し下さい!

Makoto Kubota presents Life is a Movie feat. Naoki Kita, Kyoko Kuroda and Shin Sasakubo

2018年1月6日(土) 久保田麻琴 presents "Life is a Movie" 笹久保伸(gt)/喜多直毅&黒田京子デュオ @晴れたら空に豆まいて(代官山)
2018年1月6日(土)
久保田麻琴 presents "Life is a Movie"
笹久保伸(gt)/喜多直毅&黒田京子デュオ
@晴れたら空に豆まいて(代官山)

お気付きのように、人生は映画です。
幕間に流れる最高の音楽で、新玉の年を迎えましょう。
天才奏者たちがそれぞれの思いを演奏してくれます。
大好きなスクリーンテーマかな?それとも今宵だけのサントラ?
さて、何が飛び出すでしょう。 お楽しみに。
(文章:久保田麻琴さん)
------------------------------------------------
出演:
喜多直毅(Violin) &黒田京子(Piano) 
笹久保伸 (Guitar)
久保田麻琴Live Mix)
時間:
OPEN19:00 START20:00
料金:
前売り3500円 当日4000円 (共に1ドリンク代別)
場所:
代官山 晴れたら空に豆まいて
チケット予約
イープラス
晴れたら空に豆まいて
電話03-5456-8880 / メール http://mameromantic.com/?p=85


【グルメ情報】
僕の愛する板橋区は東京23区の中でも存在感がなく、今でも田畑や雑木林・竹林が残るいわゆる田舎。
徳丸の辺りには伝承芸能が今でも残っていたりします。
本当にのんびりしているんだなぁ…。

でも旨い店はある!
その中の一軒がこちら!

どん亭 下赤塚店
03-5998-2207
東京都板橋区赤塚2-2-3
東武東上線下赤塚駅北口徒歩1分

ここの店構えは一見普通の駅前立ち食い蕎麦屋。
しかし!
この店の看板メニューは、恐らく板橋区民なら誰でも知っている『焼肉ライス』!!!


タレの甘辛味が絶妙な厚切り豚バラ肉!
そして焦げた部分がまた旨いんだ!
ご飯にもタレの味が移っていて最後までかっ込んでしまう。
絶対にガッツリ大盛りを頼んだ方が良いです。
(大盛りを勧めておきながら写真は普通盛りです…。)

ちなみにこのお店は成増駅南口のロータリーに面したところにもあります。
皆さん、板橋に来る事があったら是非行ってみて下さい!