2016年6月17日金曜日

2016年7月8日(金)齋藤徹の世界 ~還暦記念コントラバスリサイタル~ @sonorium(永福町)


齋藤徹の世界 ~還暦記念コントラバスリサイタル~, Tetsu Saitoh
齋藤徹(コントラバス)
撮影:南谷洋策さん

昨年末より齋藤徹さん(コントラバス)の独奏リサイタルを企画制作しています。
実は人様の演奏会に裏方として関わるのは生まれて初めて。
しかし還暦という人生の節目を迎えた徹さんに思い切りホールで弾いて頂きたい、そして一人でも多くの方に徹さんの世界に触れて欲しいという思いからこの企画をスタートしました。

実行委員は僕の他、お嬢さんの真妃さん、そして近年頻繁に徹さんと共演しているかみむら泰一さん(サックス)、徹さんのベースアンサンブルでお馴染みの田辺和弘さん(コントラバス)、田嶋真佐雄さん(コントラバス)の5名です。
皆、日頃から徹さんにはお世話になり多くの学びの機会を頂いています。


さて僕と徹さんとの出会いは2009年の春。長く徹さんと演奏を続けていらっしゃる黒田京子さん(ピアノ)からのご紹介でした。「徹さんとトリオをやってみない?」、そう誘われたのです。

実は徹さんの演奏はそれまでにもCD等で聴いており、強い衝撃を受けていました。
まるで大地に根をはる大木の様にどっしりとした音色。太古の儀式を思わせる野生的なリズム。静寂を破るノイズの一撃やウブ毛を撫でるかの様にデリケートなアルコ。

それらはクラシック奏者にもジャズ奏者にもないコントラバスのサウンドであり、まさに“齋藤徹のサウンド”でした。
唯一無二と呼ぶに相応しい孤高の音楽家…、それが徹さんに抱いていた印象です。
そして演奏される音楽も単に楽しいとか美しいとか癒されるとかではなく、もっと魂の奥深くに触れるもの。強い生命力と共に“死”をも内包する音楽です。




こんな凄い演奏をする人と自分は共演させてもらえるのだろうか、何をどう弾いたら良いんだろう…。
最大の緊張感と期待を伴ってリハーサルにのぞんだのを覚えています。

徹さんとの出会いは、僕の音楽人生にとっての“黒船”でした。それまで自分が取り組んでいた音楽やその姿勢を根本から問い直さざるを得ない、実に大きなインパクトでした。

共演して間もない頃は様々な特殊奏法に目や耳を奪われていました。しかしそのうち、徹さんの音楽の魅力はもっと深い所にあると思う様になりました。

例えばそれは“巧さ”や“自己表現”の次元で音楽をしないところだと思います。
(誤解のない様に付け加えますが、人一倍熱心に練習する方ですし見事な技術を身につけていらっしゃいます。)

即興演奏にしろ、作曲作品にしろ、まるで自分を明け渡すように奏でる。自分を表現するのではなく、ただ音楽の魂に導かれ、その道筋を演奏という形で辿って行く。
我々リスナーは齋藤徹の演奏によって、音楽の軌跡を共に歩んで行く事が出来ます。そこには徹さんの自己表現はなく、ピュアな音楽のみがある。もはや『齋藤徹による音楽』ではなく『音楽による音楽』なのです。

その音楽とは私達誰もが遺伝子レベルで記憶しているようなものかも知れません。齋藤徹の演奏を聴く時、我々はそこにアクセス出来るのだと思います。だから魂を揺さぶられる…。
本当に類まれな演奏家だと思います。

自分も一演奏家として言いますが、なかなかこうは出来ないのです。徹さんの様に音楽や共演者や自分自身を信じて委ねるのはとても勇気のいること。それが出来ないと手練手管に走ったり、聴き手におもねたりしてしまう。結果、音楽が人工的で安っぽいものになってしまう様な気がします。そして演奏にエゴが滲む。

ホント、何かを信じるって難しい。音楽に限らず、です。
しかし、難しいけれど、人と人とのつながりや人生などを『信じたい!』と願う自分もいる。

僕の推察ですが、徹さんは“信じる”方を選択して来た結果、今の演奏があるのだと思います。だから齋藤徹の音楽は強い。そして厳しい。しかし同時に温かい。
ここから音楽をスタートする演奏家はそれほど多くありません。

4月と5月に我々はヨーロッパ各地で演奏をして来ました。どの都市でも、徹さんが如何に欧州の一流演奏家に愛され尊敬されているか、良く伝わって来ました。これも徹さんが共演者と彼らの音楽を信じて来た結果だと思います。


日本を代表するコントラバス奏者であり即興演奏家・齋藤徹。
これまで即興演奏のみならず、ジャズ、クラシック音楽、アルゼンチンタンゴ、韓国伝統音楽、ガムラン音楽等、各分野の巨匠達と演奏を重ねて来ました。
そして今なお様々な形で音楽の真髄を追求しています。
実に、一人でも多くの方に聴いて頂きたい音楽家ですが、単にファンが増えると言うことだけではなく、より“深く”聴いて頂けると良いなと思っています。

今回の公演ではバッハの無伴奏チェロ組曲、オリジナル作品、即興演奏、ブラジルのショーロ音楽等が演奏される予定です。
実はこれ、我々実行委員達が聴きたくてリクエストしたプログラムです。
もちろん皆さんにも必ず喜んで頂けると確信した上でのリクエストですので、どうぞお楽しみに。

まずコントラバス独奏のコンサート自体かなり珍しいのです。
しかも今回のようにヴァラエティに富んだプログラムは他にはありえないと言って過言ではありません。
コントラバスと言う楽器の可能性と魅力を思う存分味わって頂けるとお約束致します。
どうぞこの機会をお見逃しなく!



公演詳細

◉出演
齋藤徹(コントラバス)

◉演奏曲目
チェロ無伴奏組曲より(J.S.Bach)、オリジナル作品、即興演奏、ブラジルのショーロ音楽等を予定

◉日時
2016年7月8日(金)19:00開場/19:30開演/21:00終演予定

◉会場
ソノリウム(永福町)
168-0063 東京都杉並区和泉3-53-16
TEL 03-6768-3000 FAX 03-6768-3083
京王井の頭線 永福町駅下車(北口) 徒歩7分
東京メトロ丸の内分岐線 方南町駅下車 徒歩10分
地図

◉料金
予約¥4,000/当日¥4,500

◉ご予約先、お問い合わせ先
Web予約フォーム
◆メール:kanreki1027@gmail.com(オフィス還暦)
◆電話:03-5776-4922(音楽事務所アーテム)※平日11:00~13:00まで、ご予約のみの受付とさせて頂きます。

◉主催
還暦コンサート実行委員会
喜多直毅、齋藤真妃、かみむら泰一、田辺和弘、田嶋真佐雄
kanreki1027@gmail.com

なおこの度の公演では協賛を募集しております。
詳細は以下をご覧ください。

協賛募集

皆様のご協力で、より素晴らしいコンサートが実現するに違いありません。
協賛金は会場費、宣伝費等に使わせて頂きます。
お力添えを心よりお願い申し上げます。

◉個人の方
一口¥3,000からご参加頂けます。
一口につき公演CDを一枚プレゼントさせて頂きます。
※7/8公演当日までご参加頂けます。

◉法人企業
一口¥10,000からご参加頂けます。
公演プログラムへの広告掲載、公演CDプレゼント、一団体につき一名様ご招待
※6月30日までご参加頂けます。

◉協賛金のお支払い方法
以下の口座までお振込みをお願い致します。
■ゆうちょ銀行 店名008 普通8455347 サイトウマイ
■三菱東京UFJ銀行 東中野支店(152) 普通0365823 サイトウマイ
振り込みと併せて実行委員会までご連絡をお願い致します。
kanreki1027@gmail.com(オフィス還暦)

◉お問い合わせ
kanreki1027@gmail.com(オフィス還暦)

一音楽家・ヴァイオリニストとして心からお薦めするコンサートです!
自分の公演同様に力を注いでおります!
皆様、どうぞお誘い合わせの上お越し下さいますようお願い致します!