2017年11月17日金曜日

演奏後記:2017年11月16日喜多直毅(vln)伊藤芳輝(gt)@船橋市文化創造館(きらら)

2017年11月16日喜多直毅(vln)伊藤芳輝(gt)@船橋市文化創造館(きららホール)

今日は船橋市のきららホールにて伊藤芳輝さん(ギター)とデュオでした。
実はこの会場、オープンしてまだ日の浅い頃、“喜多直毅+TANGOPHOBICS”というバンドで出演させて頂きました。
約15年前…、懐かしい!

その後、鬼怒無月さん(gt)のグループ“SalleGaveau”や常味裕司さん(oud)の“Farha”、また大倉庄之助さん(大鼓)らとの即興セッションなど、数回出演させて頂きました。
とてもとても懐かしい会場。
現在は“ちょとよりみちライブ”という無料コンサートを定期的に開催し、地元の皆さんに親しんで頂いているそうです。
今回、伊藤芳輝さんとのデュオで呼んで頂き、とてもとても感謝です!

2017年11月16日喜多直毅(vln)伊藤芳輝(gt)@船橋市文化創造館(きらら)
2017年11月16日喜多直毅(vln)伊藤芳輝(gt)@船橋市文化創造館(きらら)

演奏は約一時間。
本当は45分程度の予定でしたが、かなり伸びて一時間強の演奏になりました。
でも皆さん、最後までしっかり聴いて下さいましたよ。
どうも有難うございました〜!

リハーサル後、お茶目な伊藤芳輝さん。

内容はピアソラやボサノヴァ、フラメンコテイストのスタンダード、ビートルズ、ミシェル・ルグランの作品など。
ヴァイオリンとギターによる情熱のサウンドをお楽しみ頂けたのではないかと思います。

本日演奏したミシェル・ルグランの『What are you doing the rest of your life?』(邦題『これからの人生』)は本当に良い曲だなぁといつも思います。
部分部分に様々な抑揚を付けて弾くことが出来る。
間を開けたり、緩急を付けたり、色々な歌い回しが出来て本当に楽しい。
これも伊藤さんのギターと一緒だからこその自由かなと思います。

ピアノの黒田京子さんとのライヴでもたまに演奏していますが、こちらはどちらかというとクラシカルで素直な演奏かな(YouTube)。

 
もちろん黒田さんとのデュオでも最近は伊藤さんとのデュオ同様、自由に弾かせて頂いております。
喜多&黒田ヴァージョンも是非聴きにいらして下さいね!

さて伊藤芳輝さんとは12月3日に水戸で演奏させて頂きます!
今回は何とひっさしぶりの吉見征樹さんとのトリオです!
吉見さんといえば言わずと知れた日本のインド音楽、そしてタブラの第一人者です。
もちろんインド音楽に限らず様々な音楽ジャンルで大活躍。
(愉快な関西ノリMCにも定評あり)

伊藤さんと吉見さんと言えば、もう一人ヴァイオリンの平松加奈さんでのトリオ”スパニッシュ・コネクション”が良く知られ、人気がありますよね。
何ともう17年も続いているユニットだそうです!
今日伊藤さんに『バンドが長続きする秘訣は何ですか?』と訊いたら『普段余り干渉し合わないことかな』とおっしゃっていました。
なるほど、程良い距離感ってことですね。
参考にさせて頂きます…。

で、今回は僕がヴァイオリンで参加させて頂くわけですが、スパコネのサウンドと同じになるとは思いません…。
演奏者が違うんだから当たり前です。
でも編成だけ見ると、“男スパコネ”みたいですよね。
って言うと、ファンの方にお叱りを頂くでしょうか…。
でも何だか面白い顔ぶれですよね。
このトリオも是非聴きにいらして頂きたいと思います。

水戸はちょっと遠いなぁと仰らず、是非東京からもお出かけください!
もちろん地元の方、是非是非いらして下さいね!

2017年12月3日 伊藤芳輝(gt)吉見征樹(tabla)喜多直毅(violin) @Cafe202
2017年12月3日
伊藤芳輝(gt)吉見征樹(tabla)喜多直毅(violin)
@Cafe202

出演:伊藤芳輝(フラメンコギター)
   吉見征樹(タブラ)
   喜多直毅(ヴァイオリン)
内容:フラメンコテイストのジャズ・スタンダード、ラテン音楽、ポップス、オリジナル曲等

日時:2017年12月3日(日)
   14:00開場/1stSet15:00開演/2ndSet17:00
会場:Live & Library cafe 202(水戸)
   茨城県水戸市五軒町1-6-1
   029-233-5524

料金:¥4,000
予約:分かり次第お知らせします。
   1stSetのみ、2ndSetのみ、または両方とも…と言った感じのシステムの様です。

ではでは皆さん、12/3は水戸でお会いしましょう!!!

無関係な話題。
グルメ情報です。

池袋のカレーの名店・かえる食堂です!
このお店はファンが多く、まさに行列の出来るカレー屋さんです。
友人がここのカレーにドンはまり中で、半ば強制的に連れて行かれました。

僕は毎食カレーでも良いくらいの人間なのですが、どちらかと言うとインド・ネパール料理店で食べることが多い。
余りカレー専門店的なところには行かないのですよ。

でも連れて来てもらって良かった!
一口食べると、まずちゃんと辛い(これ大事)。
そして辛いだけではなく、ちゃんと“美味しさ”がある。
“美味しさ”って言うとちょっと漠然としてますかね。
旨味とか深みとか…、とにかくこれは食べてみなきゃ分からん味です。

かえる食堂の坦々カレー。山椒の香りが最高。ご飯は大盛りでも良かったかも。
 
僕が頂いたのは“坦々カレー”。
おおお、カレーの上に四川風の山椒パウダーが!
四川料理も大好きなので、これは嬉しいね!

友人は“みどりのカレー”を注文。
確かに緑色をしたカレーなのですが、う〜ん、何だろう、クレソンの様な苦味が実に絶妙。
これは旨い。
デトックスにも効果がありそうだし、二日酔いで胃がムカムカする時なんか良いのでは?

とにかく池袋に行ったらかえる食堂へ!
行列する価値ありです!

かえる食堂
東京都豊島区池袋3-6-1 第2京花荘
03-5950-6077

大満足!“俺の東京カレーミシュラン”に加わりました。

2017年11月15日水曜日

演奏後記(2017年11月14日ウタウタ@音や金時)

ウタウタ 松本泰子(歌)喜多直毅(ヴァイオリン)長谷川友二(ギター)和田啓(パーカッション) 2017年11月14日@音や金時(西荻窪)
ウタウタ
松本泰子(歌)喜多直毅(ヴァイオリン)長谷川友二(ギター)和田啓(パーカッション)
2017年11月14日@音や金時(西荻窪)
この日の『奄美の子守唄』の泰子さんの声、最高でした!

今日はウタウタのライヴでした。
メンバーは松本泰子さん(vo)、長谷川友二さん(gt)、和田啓さん(per)、喜多(vln)の四人。
それぞれのオリジナルソングを持ち寄って演奏しています。

僕の取り組んでいる音楽では恐らく最もポップなサウンド。
フォークとかニューミュージックの世界です。
なので、喜多クアルテットや即興演奏の方を聴かれてライヴにお越しになった方は『え?』って思うかも…。
でもウタウタはウタウタで楽しんで頂けたらなぁと思っています。
(実際、『影法師』とか『赤い涙』あたりは喜多クアルテットの世界と通ずるところもあると思いますがどうでしょう?)

今日のライヴのために新しい歌を用意していました。

どんな曲かというと、”挫折”がテーマです…。
人生でつまづいたり転んだりした時、そこで感じたことや味わったこと。
そしてその経験を通して得たものを歌にしたいなと思って作りました。

この歌は一ヶ月くらい前に『頭の中で』完成していました。
だからライヴが近づいてから楽譜にすれば良いや〜と思って怠けていました。

で、先週末くらいから頭の中に存在している歌を音符にし始めました。
簡単に出来ると思ってた。
そしたら!
何だかまとまらなくなっちゃって、泰子さんに楽譜を送ったのがライヴの前々日になってしまいました。

前に作った歌も間際に渡すことになって、泰子さんには「もっと早く楽譜ちょうだーい!」って言われたのでした。
また同じ過ちを…。
泰子さん、ごめんなさい!

とは言え、本日のライヴでは新しい歌もおかげさまで完奏出来た(メンバーの力です)。
次回はもっと曲が身体に入って、さらに良い演奏になると思います。
皆さん、聴きに来てね!

さて歌作りについて、ちょっと困ったことがあるのです。
それは歌(歌詞と曲)を作り終えた時点で、自分の仕事が終わったように感じてしまうってこと。

理想的なのは
1. 歌詞と曲が同時に出来る
2. 多少、編曲にも凝る(歌の邪魔にならない程度)
3. ヴァイオリンのパートもしっかり弾く(これも歌の邪魔にならない程度)
なのですが、僕の場合、気持ちが“1.”か“2.”で終わってしまう。
“3.”がどうも足りないのです(時として“2."も足りない)。

歌詞と曲が作れた時点で自分の仕事は終わって、何だか満足しちゃうんですよ。
編曲のアイディアやヴァイオリンで弾く内容とか、全く思い浮かばなかったりする。
なので、ライヴの録音を聴くと、自分のヴァイオリンのパートがスカスカだったり、変に“お仕事”的だったりしてびっくりします。

次に作る時は“3.”まで頑張りたいな〜!

喜多直毅、作曲中
曲作り中。このように狭く暗い部屋ほど仕事が捗るのだ!
俺の創作秘密基地!イエイ!

さて次回のウタウタのライヴは来年2018年2月9日(金)です!
肉の日!
皆さん、是非お越し下さい!

出演:ウタウタ
   松本泰子(vocal)
   喜多直毅(violin)
   長谷川友二(guitar)
   和田啓(percussion)
内容:メンバーそれぞれのオリジナルソング
日時:2018年2月9日(金)18:30開場 19:30開演
会場:音や金時(西荻窪)
   東京都杉並区西荻北2-2-14喜志コーポB1
   03-5382-2020
料金:2,700円+オーダー
予約:必要ありません。そのままお越し下さい。

ウタウタ 松本泰子(歌)喜多直毅(ヴァイオリン)長谷川友二(ギター)和田啓(パーカッション) 2017年11月14日@音や金時(西荻窪)
ウタウタ
松本泰子(歌)喜多直毅(ヴァイオリン)長谷川友二(ギター)和田啓(パーカッション)
2017年11月14日@音や金時(西荻窪)

さてウタウタの男メンバーはリハーサルの後、食事に行きます。
西荻窪には美味しい店が多くいつも目移りしますが、今日はコチラ。

やまぎし(定食)

味にうるさい和田啓さんオススメの定食屋さんです。

シンプルな焼魚や刺身の定食ですが、実に美味いんだなぁ。
ちょっとした小鉢料理もオプションで付けることが出来ます。

この日僕が注文したのは赤魚の粕漬け定食。
(料理の写真は撮り忘れました!)
魚の火の通り方が絶妙!
良い塩加減です。

そして何よりも嬉しいのがご飯が美味しいってこと!
これは定食屋の基本中の基本だと思います。

皆さんも西荻窪に行かれる際は、是非やまぎしへ!

定食屋さんの“やまぎし”は焼魚はもちろん、ご飯が美味い!