2018年4月18日水曜日

演奏後記:cb西嶋徹さんとのデュオ@松本弦楽器

左から:西嶋徹さん(cb)、喜多、松本弦楽器の親方・松本実さん、録音エンジニアのミック沢口さん

西嶋徹さんとのデュオライヴ、終了しました!
お越しの皆さん、有難うございました!
西嶋君は松本弦楽器でコントラバスのセッティングをしてもらい、音が更に豊かになっていました!
もちろん弾き方も今までとは少し変えているそうで、お客さんからは『演奏姿勢が前と違いますね』という意見もありました。
こんなに楽器のサウンドを変えちゃう親方、すげえ…。

セットリスト:
1. リベルタンゴ
2. Women’s Dance
3. 黒い太陽
4. 瞳を閉じて
5. 悲しい酒
6. アリラン
7. La Passionaria

“リベルタンゴ”は田中信正さんと先日演奏した編曲を使用。
弦楽器だけのザクザクしたサウンド!
ピアノとのデュオとはまた違う格好良さ!

“黒い太陽”は知る人ぞ知るシャンソン歌手・バルバラの名曲。
もともと器楽的な曲ではないのですが、かなり無理矢理アレンジしてトライしました。
こちらもなかなか好評でした。

古賀メロディの悲しい酒はシットリと演奏。
ちょっと編曲がシンプル過ぎたような気もするので、後でもう一捻り加えたいところです。

そしてアリランには韓国のリズムを用いました。
最初はゆっくりの三拍子、次第に早くなりチルチェが現れます。
でもアリランにチルチェを使って良かったのだろうか???
謎。
何だか性格も用途も違うリズムを使って、朝鮮の方が聴いたら『?』と思うかも。

以上4曲は割と編曲・譜面化したものです。
西嶋君とのデュオではこうしたアレンジものの方がしっくりくると感じました。
これからもレパートリーを更に増やしていきたいと思っています。
出来たら日本の曲をあと三、四曲。
そしてヴァイオリンとコントラバスだけでドラマを作れたらと思います。
それは喜多クアルテットや黒田さん・田中さんそれぞれとのデュオで行なっている編曲の手法。
もちろん即興演奏の場面も残しつつ、楽曲の世界を広げて行きたいです。

写真は打ち上げ風景。
田中信正さんとのアルバムの録音をして下さったミック沢口さん(右)も聴きにお越し下さり、一緒に飲みました。
僕の隣は松本弦楽器の親方。
お店をライヴのために開放して下さり、打ち上げまでして下さって、ホント大感謝です!
今日は親方を中心に弦楽器の話で盛り上がりましたが、そういう話題もミックさんが楽しんで下さったら僕も嬉しいです。

次回のライヴの日程はまだ決まっていませんが、7月か8月に行いたいと思います。
西嶋君とのデュオはプロジェクトとして進めているので、今度までにもっと選曲と編曲をしたいと思っています。
次回もがんばるぜい!

2018年4月5日木曜日

演奏後記:2018年4月4日・元井美智子さん(箏)との即興演奏@音や金時

ホント、春らしい陽気が続いています。
花粉症の方には申し訳ないのですが、僕はこの季節が一番好きです。
・だんだん暖かくなっていく
・湿度が低く爽やか
・キモい虫が出ない
もう言うことなしです。

昨日もそんな気持ちの良い天気の中、西荻窪・音や金時で箏の元井美智子さんとライヴでした。
元井さんとのライヴは今日で三回目。
前二回は楽曲も演奏していましたが、今回は即興演奏のみ。
30分弱の演奏を二回行いました。

元井さんは現在、江戸時代から伝わる箏を借りて弾いていらっしゃいます。

江戸時代から伝わる箏。細工が美しい。

音の深みと余韻が大変素晴らしい。
音色がとても柔らかい。
前回に続き、昨夜もその箏のオーナーの男性が聴きにいらっしゃいました。

開演前、オーナーの方がテーブルに置いて見せてくださったのが沢山の折り紙。


和紙で織られているそうで、雰囲気が素朴で暖かい。
亀の上に鶴の乗った縁起の良い作品や、小さな鶴達が羽と羽で繋がった連鶴、その他、雉やカマキリもありました。
どれも一枚の紙から折られているのだそうです。
凄いです!

そして折り方を編み出したのは、元井さんが弾いている江戸時代の箏を作った人なのだそうです。
ちなみにこの人は目が不自由で、手先だけではなく、紙を口にくわえた感触で折り紙を次々に作っていたのだとか。
その折り方は大変独創的で、複雑な現代折り紙にも匹敵するものなのだそうです。
素晴らしい箏を作りながら、しかも目が見えずとも高度な折り紙を作っていた…。
実に天才的です。

ちなみに見せて下さったのは復元。
でも大変美しい。
オーナーの方がステージに椅子を置いて、上に並べて下さいました。
箏・ヴァイオリン・折り鶴達の共演です。


元井さんとの即興演奏は水の上に浮かべた笹舟のごとく、無理な力を入れずともスーッと進んで行きます。
今出した音が次の音へと自然に導いてくれる。
櫓を漕ぐ手を休めても、船はしばらく推進力を失わない。
ある意味、とてもとても楽なのです。

vln:喜多直毅/箏:元井美智子

vln:喜多直毅/箏:元井美智子

vln:喜多直毅/箏:元井美智子

vln:喜多直毅/箏:元井美智子

演奏する手を止めても、演奏者と聴く人の中では音はまだ鳴っていたりする。
空気振動的な音は鳴っていなくても、耳の奥では余韻が続いていたりする。
そこに意識を向ける時、演奏の意味合いやあり方が変わって来る。

ある地方のライヴハウス、そこのオーナーは自分で照明をなさいます。
彼曰く『照明とは美しい闇を作ること』。

演奏家も作曲家も音を鳴らす事の方についつい意識が向いてしまう。
どんな美音を奏でられるか、どんな難しいパッセージを弾きこなせるか、などなど。
こんなふうに演奏している方が、手っ取り早く『音楽をやっている』実感が持てる。

ただ立っていることがどれ程難しいか。
多くのダンサーが知っていると思います。

音楽には美しい静寂が無ければ。
そして静寂を作り出すのはやはり音。
こう考えると、奏でる音がどう静寂に作用するのか自ずと考えるようになる。
そうすると音を発する事にまた別の意味や目的が生まれて来る。
それがあるとないとでは大違い。

昨夜の元井さんとの演奏を通して、こんな事を考えました。

元井さんとのデュオは再演の声も多く、是非また行いたいと思います!
昨夜は新しいお客さんが二組も来て下さいました。
そのうちのお一人は箏をお弾きになる方で『目からウロコが何枚も落ちた』とおっしゃいました。
また聴きに来てくれると良いなぁと思います。

さてさて昨夜は箏との演奏なので、僕も和風な服を来て行きました。
これ、下北沢の“泥棒日記”でだいぶ前に買ったものです。


背中と腕に鶴の刺繍!
そしたら会場には折り鶴もあった!
何という偶然!

ちなみに黒田京子さん(pf)とのデュオでは、『鶴』と言うロシアの曲も良く演奏しています。
もう釧路湿原に行くしかない!

『鶴』
作詞:ラスール・ガムザートフ/作曲:ヤン・フレンケリ


追記:
次回公演、以下の通りに決まりました!

出演:喜多直毅(ヴァイオリン)
   元井美智子(箏)
内容:即興演奏

日時:2018年7月21日(土) 18:00開場/18:30開演
会場:松本弦楽器(代々木)
   東京都渋谷区千駄ヶ谷5-28-10
   ドルミ第二御苑804号室
   03-3352-9892(場所の問い合わせのみ受け付け)

料金:予約3,000円/当日3,500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:violin@nkita.net(喜多)

2018年4月2日月曜日

今週水曜日4/4は元井美智子さん(箏)とデュオです!@西荻窪・音や金時

violin:喜多直毅/箏:元井美智子 2018年1月27日@西荻窪・音や金時
前回のライヴ。
violin:喜多直毅/箏:元井美智子
2018年1月27日@西荻窪・音や金時
撮影・藤巻賢氏

今週水曜日(4/4)に行うライヴです。
このデュオではこれまで即興と楽曲を半々で演奏して来ましたが、今回は全て即興演奏でお届けします。

伝統的な箏曲から現代音楽・即興演奏・ジャズ等、様々な分野で大活躍の元井美智子。
やはり即興演奏や日本伝統音楽奏者・ダンサーとのコラボレーションに意欲的に取り組み続けるヴァイオリニスト・喜多直毅。
和洋が交差し混じり合う弦の音楽。

出演:喜多直毅(ヴァイオリン)
   元井美智子(箏)
内容:即興演奏

日時:2018年4月4日(水)18:30開場/19:30開演
会場:音や金時(西荻窪)
   http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/
   東京都杉並区西荻北2-2-14喜志コーポB1
   03-5382-2020

料金:2,500円+オーダー
予約:必要ありません。そのままお越し下さい。

箏:元井美智子
箏:元井美智子
2018年1月27日@西荻窪・音や金時
撮影・藤巻賢氏

これまで何度か共演させて頂いている元井さん。
音楽に対して真摯であり謙虚であり。
その姿勢には尊敬の念を抱きます。

箏の演奏はホント『凛』という言葉が似合う。
よく「凜とした佇まい」と言いますが、元井さんの奏でる音にはそれを感じます。

violin:喜多直毅
violin:喜多直毅
2018年1月27日@西荻窪・音や金時
撮影・藤巻賢氏

そしてヴァイオリン。
先日も能楽の方々との公演を主催させて頂きましたが、ヴァイオリンに関してとても気になっていることがあります。

ヴァイオリンって世界中に伝播した楽器です。
ヨーロッパのクラシック音楽、ロマの音楽、アイリッシュ・ミュージック。
北米ではブルーグラス、中南米ではマリアッチ、アルゼンチンタンゴはもちろん、フォルクローレでも頻繁に使われていると最近笹久保伸さん(gt)に聞きました。
またブラジル北部でもヴァイオリンに良く似た形の楽器(名前忘れた)が使われています。
最近はジャズやロックでも沢山使われています。

非西欧圏のアラブ世界やインドではもう花形楽器の一つと言って良く、現地の奏法と歌い方でしっくりとその音楽文化に溶け込んでいます。
またインドネシアにはクロンチョンがある。

このようにヴァイオリンはその土地土地の人々によって愛され、それこそ身近な家財道具のように使われて来たのでは無いかと思います。
普段は壁に吊るされて、宴の際に取り出され、その国の言語で歌い皆んなを楽しませる。
音程が自由、指使いや構え方が自由。
だからどんな音楽にもフィットしやすい。
そんな楽器ではないかと思います。
 
ところが!
東アジアの伝統音楽にはヴァイオリンは存在しない。
否、ヴァイオリンと原理的には同じ、擦弦楽器・弓奏楽器は存在します。
中国の二胡、モンゴルの馬頭琴、韓国のヘーグム、日本にも三味線のような形の胡弓があります。
中央アジアや南アジアにも伝統的な擦弦楽器が存在します。
でも”ヴァイオリン”は無い。

で、ここでちょっと想像が膨らむのです。
もしヴァイオリンが鎌倉時代や室町時代なんかに遥か西洋から伝来していたら、日本人はどんな風にこの楽器を奏でただろう、と。
もしかしたら能や雅楽やその他の音楽に普通に使われるようになっていたかも知れない。
こんなことを考えると楽しくて仕方がありません。

とはいえ、僕自身まだまだ日本の伝統音楽に関しては不勉強。
先日の能楽公演の後も鼓の久田先生に、「詞章が腹に入ってないとダメだよ」と言われたばかりです…。

でも勉強と経験を重ねて、いつか『ジャパニーズ・ヴァイオリン』的なものを確立できたらと思います。
面白そうでしょ?

日本の伝統音楽に取り組んでいる方々との演奏は、実に刺激になります。
元井さんとのライヴもその一つ。
試行錯誤はまだまだ続きますが、それでも明後日のライヴでも良い演奏をお届けしたいと思います。

皆さん、どうぞお越し下さい!

2018年4月1日日曜日

鎌倉で子供向けワークショップをして来ました!

しろかきされた田んぼ(あるいは畑?)。故郷・岩手の春を思い出します。菜の花も遠くに見えます!

先月25日の日曜日、鎌倉・広町緑地で子供向け野外ワークショップをして来ました!
題して『青空教室』。
現在ピアノ教室を開いている音大時代の友人が生徒さん達を集め、お母さんやお父さんと一緒に自然の中でピクニック。
そこで様々な音に耳を済まして、好きな音・嫌いな音、とにかく色んなサウンドを探してみようという趣旨の会でした。

僕は忙しさの余りちょっとストレスが溜まり気味だったので、この会は本当にリフレッシュになりました。
お誘い下さって有難うございました!

まず鎌倉駅の西口ロータリーにある“腸詰屋”にて腹ごしらえ。
子供達と接するのはエネルギー使いますからね…。
しっかり食べておいた方が良い。

この重量感が素晴らしい!肉汁たっぷり!

この店のソーセージ、初めて食べましたが実に美味しかった!
ボリューム・重量感があってしかもジューシー。
多分有名なお店だと思いますがオススメです!

イートインで食べていたら、隣にお婆さん(推定オーバー80歳)がいて、一人でソーセージ2本と生ビールを頼んでいました。
結構ガッツリなのに凄いなぁ。
このお婆さん、きっと長生きするに違いない!

さて広町緑地で子供達と集合。
皆んな元気が良い。
良すぎる!
子供達のこのエネルギーはどこから来るのか!

この子が木をキッチンに見立てて料理をしてくれました。
葉っぱを美味しそうに食べるふりをしなければなりませんでした…。

僕は子供がいないのですが、彼らに付いていけるだろうか…。
一抹の不安が心をよぎりました。
あ〜自分はもうオッサンという年なんだなぁと、駆け回る子らを眺めていて実感しました…。

とは言え、枝のたくさんある榎を見るとやっぱり木登りしたくなりました。

木登りサイコー!楽しい!

まずは参加者全員で自由に音探し。
僕も画板と画用紙を持って自然の中を歩き回り、聞こえる音を書き留めました。


この日はとても天気が良く、まさに“春”って感じ。
鳥のさえずりや小川のせせらぎ、草木が風にそよぐ音…。
遠くに菜の花が咲いている。
凄く気持ちいい。
こんなところに小さな家を建てて住んでみたいなぁ。

さて子供達の集めて来た音をヴァイオリンで即興的に奏でます。
鳥のさえずり、小川の水音、風の音、葉ずれ。
他にも、前述の音大の友人が読む絵本に合わせた即興演奏も行いました。

そして子供達が描く絵に合わせてインプロヴィゼイション。
ライヴペインティングとのコラボです。



だんだん興が乗って、僕の弾く音に合わせてダンスを始めた子達もいて楽しかった!
弓を持ってもらってヴァイオリンを弾いてもらったりもしました。




短い時間でしたが子供達と触れ合えたこと、本当に感謝です!
彼らも楽しんでくれたかな?

さて帰りは久しぶりの鎌倉散歩。
この街、たまにしか訪れませんがホントオシャレな街です。
鶴岡八幡宮に行く途中、母への誕生日プレゼントを買ったりしました。
八幡宮の桜も綺麗でした!


夜は横浜のスカイビルにあるインド料理マンドラで晩メシ。
数々のインド料理店の中でもボリュームたっぷりで大満足でした〜!


ってなわけで、楽しい鎌倉での1日でした。
次は海にも行ってみたいです。
ホント、日頃のストレスから解放されました!
これからの仕事も頑張るぜ!

※プライバシー保護の為、子供さんの写真の顔部分にモザイクをかけさせて頂きました。