2018年9月17日月曜日

愛、無理。


Twitterにいつも書いているようなことを今日はブログに書いてみたいと思います。

僕は人に冷たくて、他人に対して関心がなく、自分さえ良ければ良いと考えている人間です。
そして思い切り人のことをディスったり、上手く行っている人を妬んだり憎んだりするし、他人の不幸をあざ笑ったりしてしまいます。
もうず〜っとこんな感じで生きて来ていますが、直そうと思ったこともあります。
と言うか、毎朝今日こそはそう言う悪い心を捨てて生きようと思うのですが、電車に乗った途端、ぶつかってきたヤツにヴァイオリンケースをぶつけて仕返しをしたりします。
また、コンビニで楽譜をコピーする時、僕の前でノロノロと何枚もの書類をコピーしている人がいると凄くイライラします。
わざと大きな音で足踏みをして自分の存在を主張し、その人にプレッシャーを与えたりしています。
如此く、朝目覚めた時は『今日こそ清らかな人間でいよう』と心に決めても、8:00とか9:00にはすでに真っ黒になっています。

「喜多さんってそんなに酷い人だったの?」
「もう聴きに行かない!」
「買ったCDも全部捨てる!」

そう思える人はいないでしょう、恐らく。
なぜかと言うと基本的に人間は皆汚れた部分を心に持っているからです。
あなたの買ったCDはあなたと同じように醜い心を持ったヴァイオリニストによって作曲・演奏されているのです。
文句は言えないと思います。
先々のライヴに入れて下さった予約、お願いですからキャンセルしないで下さい。

さて今日、教会で奏楽をしてきました(日本基督教団・板橋大山教会)。
ヴァイオリン一本で賛美歌の伴奏をするのです。
僕は日曜日に仕事が入る事が多く、なかなか礼拝に出席できません。
でもこの奏楽奉仕だけは責任をもって勤めさせて頂いています。

今日の聖書箇所は新約聖書・コリント信徒への手紙1の13章からでした。

13:4 愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。 
13:5 礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。 
13:6 不義を喜ばず、真実を喜ぶ。 
13:7 すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。 

これ、とても有名な箇所です。
で、説教の中で牧師がこの”愛”という単語を全て”私”に置き換えて(箇所によっては付け加えて)読んでみましょうとおっしゃったのです。

そうすると以下のようになります。

13:4 私は忍耐強い。私は情け深い。ねたまない。私は自慢せず、高ぶらない。 
13:5 私は礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。 
13:6 私は不義を喜ばず、真実を喜ぶ。 
13:7 私はすべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。

これは完全に僕と言う人間と真逆です。
こんなふうにはなれそうもありません。
なりたいと思っても、完成までにあと1000年以上かかるのではないかと思います。
輪廻転生をあと一万回くらいしてカルマを落とさないといけません。
だったらこんなふうになるのはさっさと諦めて、悪の道をひた走るのが得策かと一瞬思います。

”愛”を”私”に置き換えて『絶対無理!』って思ったのですから、僕には愛は無理なのでしょう。
多分、人類の全員がこの条件を全て満たすことは難しいと思います。

そりゃ、立派な人はいます。
しかし一生に一度も人を恨んだことのない人なんていないでしょう。
マザーテレサも、キング牧師も、一瞬くらいは『あいつ!!!』とか思ったことがあると思いますよ。

歴史的な偉人でなければなおの事、多かれ少なかれ誰もが間違ったり人に迷惑をかけていると思うのです。
誰かが言っていました、生きているだけで誰かに必ず迷惑をかけているもんだ、って。
僕も周囲から立派だと言われている人に嫌なことを言われたりされたりした経験があります(もちろんわざとではないと思うけど)。

これ、どうしようかと思いました。
忍耐も諦め、情け容赦ない人間のままでいて、人を妬んで生きていこうか。
自分の利益だけを求めて、好きなだけ人から奪っていこうか。
相手を呪い殺すまで恨んだり、自分にとって都合が良ければ不義を選んで生きていこうか。
それも生き方かなと思います。

ただ僕の中には『絶対に損をしたくない』と言う非常にケチな根性があるのです。
いつも懐にそろばんを入れて損得勘定をしている商人(あきんど)っぽい。

この聖書箇所を商売になぞらえてみると、まず商いに忍耐はつきもの。
良い商品を作って、お客さんに知れ渡って、買ってもらえるようになるまで時に長い時間が必要です。
そして礼を失しては取引先の信用を失う。
自分の利益を捨てて他人を優先した方が、やがて自分に返ってくる(良くビジネス書に書いてある)。
『不義を喜ばず、真実を喜ぶ』とはまがい物やクオリティの低いものを買わせるのではなく、本当に良い品を作って買って頂くという意味になるのでしょうか。
その方が安いコストでどうしようもないものをこしらえて売るよりも、結果的には気に入ってもらえるしリピーターも増える。

こう考えると、この聖書箇所も従ってみたくなりました。
損得で考えたら、従った方が結果的には得な気がするのです。
得という言い方よりも”豊か”と言った方が良いかも知れません。
懐も心もあったまる。

とは言え基本的に、こんな立派な”愛ある人”にはなれないと思っています。
これからも心に黒いものは残り続けますよ、死ぬまで。
ただ僕の周りの人たちも心に黒いものを心に残しつつ歩んでいるのだなぁと思うと、あまり相手を理想化しなくなるし期待しなくて済む。
他人に期待しすぎると嫌な思いをすることが多いですよ、やっぱり。
黒い者同士には丁度良い距離があるような気がします。

最後に。
この聖書箇所は使徒パウロがコリント教会の人々に宛てて書いた手紙の中の一部分です、
これ、信徒達に強制的に『お前らもこうなれ・こうしろ』と言っているわけではないのです。
ちょっと安心。
まず人間の愛ではなくアガペー(神・キリストの愛)の素晴らしさを説いている。
そしてパウロが自分自身に対する課題として妥協なき愛を語っており、決して「俺は完全な愛に達したぜい!」と言っているわけではないそうです。

聖書は字面だけ読んでいくとどうも誤解しやすい。
僕は間違って意味を捉えていたり、浅くしか読めていないといつも痛感します。
しかし牧師や解説書の助けがあると、ヘブライ語やギリシャ語の示す本来の意味が分かったりする。
それに伴って解釈も様々な角度から行える(牧師や神父、神学者によっても違う)。
実に深くて面白い書物だなぁと感心します。

僕には真っ当なキリスト教的な記事は書けません。
牧師でも神学者でもないただの平信徒ですから。
興味のある方は牧師のブログをお読み下さい。
板橋大山教会のメッセージ
説教が全て文章としてアップされています。
僕の記事なんか読むよりも断然良いです(テヘペロ)。

賛美歌集に誰かが栞がわりに落ち葉を挟んでいました。

2018年9月16日日曜日

演奏後記:ソロライヴ、元井美智子さん(箏)とのライヴ。9/23(日)は田中信正さん(pf)とのライヴ@雑司ヶ谷エルチョクロ

皆さん、こんにちは。
まずは演奏後記。

9/8は友人夫妻が経営するBagusというバーでヴァイオリンソロのライヴを行いました。

喜多直毅 Naoki Kita
2018年9月8日ヴァイオリンソロ@Bagus(高津)

録音したものを後で聴いていつも思うのですが、演奏中、自分がこれカッケー!と思ってやっていることって大して良くないのです。
技術を聴かせたり、得意技を連発すればするほどつまらない。
得意技を全部出し尽くして何も無くなったところから勝負が始まるのを感じます。
演奏中に『こんなの面白いのだろうか?』とか『こんなに単純で良いのだろうか?』と思ったところほど、後で録音を聴くと音楽的に聴こえたりします。

それとソロの即興をやるたびに今の音が次の音を連れてくるのを感じます。
もちろんキックオフは自分がしなければならないのですが、その音がまた次の音へと導く。
サッカーのドリブルや一人パスの様で面白い。
激しく速く弾くところがあったとしても、自然な展開の中にあるのでただの過激でアグレッシヴな演奏にならない。
一人でやる即興演奏がますます楽しくなってきました。

ソロのライヴ、次はまだ決まっていませんが是非お越し頂きたいと思います。

9/15は箏の元井美智子さんとのライヴでした。
会場は僕がいつもお世話になっている代々木の松本弦楽器。

violin:喜多直毅/koto:元井美智子
2018年9月15日
violin:喜多直毅/koto:元井美智子
中央右側:松本弦楽器の親方/左:弟子の井田君
打ち上げです。

元井さんの箏の弦はテンションを弱めに張ってあるそうで、それは僕のヴァイオリンも一緒。
ヴァイオリンも箏もテンションが弱めだと演奏は難しくなるのですが、しかし響きは豊かになり弾いた際の反応も早くなる。
ところが最近はこの二つの楽器、どちらもテンションを強めに張るのが主流になっているそうです。
そして弦も、手っ取り早く弾きやすく、音程も取りやすく、楽に綺麗な(と思える)音が出る様なものが使われているとのこと。
ってなわけで、僕も元井さんも弦の選択においても張力においてもマイノリティ。

しかし和楽器・洋楽器の違いはあれど、サウンドの相性はぴったり。
そして即興演奏におけるお互いの距離感も程よい。
その上、見つめている音楽もリンクしているところがあるので、とても充実した演奏となりました。

このデュオ、まだ決定ではありませんが、恐らく1/26(土)にまた松本弦楽器でライヴをしたいと思っています。
是非是非お越し下さい!

さて9/23に田中信正さん(pf)と雑司ヶ谷のエルチョクロでライヴを行います。
内容はまだ検討中ですが、名盤(自分で言う)”Contigo en La Distancia”の中から何曲か、そして新しいものもやろうと思っています。
”アルフォンシーナと海”、”チキリン・デ・バチン“、”Contigo en La Distancia”辺りは鉄板ですので、弾きたいと思っています。
前から二人のCDに対する問い合わせを多く頂いていました。
その度に売り切れだったりしたのですが、10枚だけ仕入れましたので持っていきます。
是非是非お買い求めください!

violin:喜多直毅/piano:田中信正
2017年12月24日
violin:喜多直毅/piano:田中信正クリスマスライヴにて
@雑司ヶ谷エルチョクロ 

魂のヴァイオリニスト喜多直毅と、比類なきピアニスト田中信正。
圧倒的な表現力で響き渡る春の旋律。

出演:喜多直毅(ヴァイオリン)
   田中信正(ピアノ)
内容:ラテン音楽、etc.

日時:2018年9月23日(日)14:00開場 15:00開演
会場:雑司が谷TANGO BAR エル・チョクロ
   〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-2-8
   03-6912-5539

料金:ご予約¥3,500 当日¥3,800
予約・問合せ:エル・チョクロ
   03-6912-5539/info@el-choclo.com
   violin@nkita.net(喜多)

喜多直毅 / ヴァイオリン
国立音楽大学卒業後、渡英し作編曲を学ぶ。その後アルゼンチンにて タンゴヴァイオリン奏者のFernando Suarez Paz に師事。その後、鬼怒無月[gt]、常味裕司(oud)、翠川敬基(vc)らの グループに参加。2011年よりメインプロジェクトとして喜多直毅クアルテットを開始。出自であるタンゴと様々な音楽の融合によって生み出される独自の世界は、その深い精神性によって高い評価を得ている。黒田京子(pf)とのデュオではユニークな編曲による映画音楽等を演奏。即興演奏を中心とする齋藤徹(cb)の企画へも多数参加。舞踏家やアジア伝統音楽奏者とのコラボ、欧州での演奏活動も多い。
www.naoki-kita.com

田中信正 / ピアノ
4歳より電子オルガンをはじめ、16歳でクラシックピアノに転向。国立音楽大学作曲学科中退。クラシックピアノを小灘裕子、ジャズピアノを藤井英一、橋本一子、佐藤允彦 各氏に師事。1993年横濱ジャズプロムナード第一回コンペティションで、グランプリ及び個人賞ベストプレイヤー賞受賞。共演者と創り上げる自由で即興性に富んだ演奏活動は、JAZZのフォーマットばかりではなく多岐に渡る。 現在は、数多くのユニットのメンバー としてライブやレコーディングに参加している。オリジナルと独創的なアレンジによるソロピアノは、比類なき唯一無二の演奏として評価が高い。2014年より、超弩級ユニット「田中信正トリオ作戦失敗[落合原介b、橋本学ds]」を新たに始動、2015年11月CD「作戦失敗」を リリース。 
tnobumasa.net

『このアルバムに収録された喜多直毅と田中信正によるラテンアメリカの珠玉の名曲の演奏は、編曲を含め音楽的な独創性が破格の境地に達しているのだけれど、それはあくまで音楽の自然な流れと一体化しており、魂の奥底から湧き出てくる多彩な感情表現の深さこそが聴き手の心を直撃することだろう。』
text by 鈴木一哉(月刊ラティーナ2017年8月号掲載・“喜多直毅 x 田中信正 / Contigo en La Distancia ~遠く離れていても~”CDレビューより)

喜多直毅&田中信正CD『Contigo en La Distancia ~遠く離れていても~』


OTVA-0014 ¥2,500+税
好評発売中!
収録曲
01 Naufrágio ナウフラージオ(難船)
02 Olha Maria オーリャ マリア
03 Soledad 孤独(ソレダー)
04 Chorinho Pra Ele ショリーニョ プラ エレ
05 Chiquilín de Bachín チキリン デ バチン(バチンの少年)
06 O Voo da Mosca 蚊の飛行
07 Eu the amo エウ チ アモ(I love you)
08 Alfonsina y El Mar アルフォンシーナと海
09 Contigo en La Distancia 遠く離れていても

RME Premium Recordings(高品質ハイレゾ音源ダウンロード販売)
Ottava セレクトショップ(CD販売)


ということで、9/23は雑司ヶ谷エルチョクロでお目にかかれますように!
お待ちしています!


記事とは全然関係ないのですが、お客さんが台湾ラーメンを差し入れて下さいました!
名古屋と言えば味仙、味仙と言えばこのラーメン。
激辛で美味い!
このように辛いものを頂くことによってますます鍛えられていくのを感じます!