2015年7月27日月曜日

7月30日&31日二夜連続公演・喜多直毅クアルテット『月と星のシンフォニー ~沈黙と咆哮の音楽ドラマ~』@公園通りクラシックス

喜多直毅クアルテット, 喜多直毅, 北村聡, 三枝伸太郎, 田辺和弘
デザイン:山田真介




自分が現在リーダーとして行っているプロジェクト、それが喜多直毅クアルテットです。
僕が人前で演奏するようになって一番自分の好きな音楽を自由に奏でられているグループだと思っています。

このクアルテットでしたい事、それはまず自分がリスナーとして聴きたい音楽を出来るだけそのままの形で作曲し演奏する。
或いは霊感(“心霊”ではない)によって与えられたものを形にする。
音楽家ならば当然の事です。
特別な事情でも無い限り聴きたくもない音楽、嫌いな音楽をわざわざ演奏する人はいません。

ところが!
案外時流に流されたり他の人に無理をして合わせたりしてしまい、自分の中にある音楽に素直に耳を傾けられなかったりします。
またそれらが聴こえているにも関わらず、色々な点が未熟でどう表現して良いか分からない。
理想の音楽を作るための共演者に巡り合えない。
僕にはそう言う時期が長くありました。

僕の聴きたい音楽、もっと大きく言えば必要とする音楽って何だろう?
それは生活に寄り添う音楽です。
僕は勉強や研究の為に沢山の音楽を聴きますが、それ以外はプレイヤーをオフにしています。
仕事を離れて、本当に心の底から音楽を求めるのは悲しい時、辛い時、心が疲れた時です。
ユニークで刺激的、知的好奇心を満足させる音楽も好きですが、心の為には余り聴きません。
一人、深夜の街を歩きながら、ポルトガル・ギターの音色や讃美歌、アタウアルパ・ユパンキの声とギター、キース・ジャレットの奏でるジャズバラードに耳を澄ますとほんの少し気持ちが安らぎます。

こんな風に生活に寄り添う音楽を集めて行き、その中でもより好きなものをピックアップする。
すると“人生の音楽コレクション”が出来上がります。
ドラマティックだったり、逆にシンプルで短い歌だったり。
激しい叫びのようだったり、静かな祈りのようだったり。
形態もサウンドも様々ですが、どれも僕にとって欠かせない音楽。
僕の人生と共にある音楽達です。

僕は喜多クアルテットではこうした音楽(人生に必要な音楽)を自分で作ってみたいと思いました。
言わばセルフメイドの音楽です。
自分で自分の背広を仕立てる様な感じ。
凄く身体にフィットして良く似合う。
流行に左右されない。
着ていて快適。
ちょっと体型が変わってもサイズを直し、一生大事に着られるような背広。

実は、子供の頃、僕は地図を作るのが好きだったのです。
夢に出てきた、或いは空想した街や港、田園風景。
それらを自分で書いた白地図の上に配置していく。
小学生の頃は仮面ライダーやウルトラマンの基地が登場しましたが、大きくなるに連れ碧く光る摩天楼、人気のない冬の港、伸びやかな草原が地図の上に描かれるようになりました。
その地図の世界には自分にとって一番美しい風景があり、懐かしい風が吹いている。
海は夕陽に染まり、草原には朽ちた教会がポツンと建っている。
その世界に一人、僕は入って行き、暫く安らかな時を過ごすのです。

こんな風に、最初は自分の心が慰められる音楽を作ろうと思っていました。
良くも悪くも心の傷口を意識した音楽と言えるかもしれません。
しかし暫く経つうちに、別な理由でこの音楽作りが必要だと思うようになりました。

何故僕はクアルテットの音楽を作るのか。
それは楽しいからです。
人生にとって楽しいことは絶対に必要です。
否、人生は楽しむためにあるのです。
クアルテットの曲を作る時、楽しさに寝食を忘れて五線紙に向かう事が出来ます。
もし辛いことがあっても、それが音楽に姿を変えて心を満たしてくれます。
そんな時の心の有り様は水をたっぷりと吸い込んだ海綿のようで、少し触れただけで水分が溢れ出てきます。

例えば失恋の時。
心はむき出しの状態になり、些細な刺激にも敏感に反応します。
普段はどんなに鈍感な人でも感受性が豊かになるのです。
音楽家にとってこんな心持ち程幸せな状態は無いと思います。

一人で空想しているだけのファンタジーの世界でしたが、今はそうではありません。
僕が地図に描いた国や街に住んでくれる人、旅人のように訪れてくれる人がいて欲しい。
楽しみながら作った音楽です。
きっと聴く人にも同じような気持ちが伝わると思うのです。
楽しめば楽しむほど、人はそれを誰かに伝えたくなるものかも知れません。

喜多クアルテットの音楽は確かにシリアスです。
殆どの曲が短調でテンポも遅い。
でも描きたいのは“絶望”や“死”だけではありません。
絶望から希望を目指すエネルギー、死と生を行き来する命…、そう言ったものを音楽にしたいと思っています。
そして、そんな音楽をこそ僕は聴きたい、リスナーとしても。

だとしたらその音楽を作る僕自身が絶望していてはなりません。
まず思い切り楽しんで作曲していなければ、そして演奏していなければ、このエネルギーは生まれて来ません。

僕が作った曲、そしてメンバーの理解と協力による演奏に共感し共有して下さる方がいらしたなら、これほど有りがたく嬉しい事はありません。
客席に皆さんがいて下さること、それが僕の幸せです。
『聴きに来て良かった』、『感動した』と言って下さるような音楽をご用意し、提供したいと思っています。
そして僕が音楽作りに感じている幸せを一人でも多くの方に手渡せたらと思っています。

どうぞ喜多クアルテットの音楽を聴きにおいで下さい。
夜明け前の海、草いきれと陽炎、霞むふるさと、凍てつく大地…。
様々な風景をご覧に入れたいと思います。



喜多直毅クアルテット 二夜連続公演
『月と星のシンフォニー』~沈黙と咆哮の音楽ドラマ~

出演:喜多直毅(音楽とヴァイオリン)
   北村聡(バンドネオン)
   三枝伸太郎(ピアノ)
   田辺和弘(コントラバス)

日時:第一夜 2015年7月30日(木)
   第二夜 2015年7月31日(金)
   19:30開場 20:00開演 21:30頃終演予定(両日とも)
  ※二日とも異なる曲目でお送りします。

場所:公園通りクラシックス(渋谷)
   〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町19-5
   東京山手教会B1F
   03-3423-6343(オフィス)
   03-3464-2701(ホール)

料金:どちらか一日分のご予約:¥4,000
   二夜連続予約:¥7,000(7/30のご来場時に¥4,000、翌7/31に¥3,000を申し受けます。)
   当日(両日とも):¥4,500

※お申込み方法
下記の電話番号(留守番電話)、又はメールアドレスまで《代表者氏名》《人数》《連絡先電話番号》《予約日》をお知らせ下さい。
nkita.tokyo@gmail.com(喜多)
080-6887-5957(横田)

※ご予約に際しての注意事項
・二夜連続予約は7月29日までにお願い致します。
・7月30日に翌日7月31日のご予約を頂いた場合は¥4,000を申し受けます。

※お問い合わせ
nkita.tokyo@gmail.com(喜多)
080-6887-5957(横田)

2015年7月25日土曜日

喜多直毅&黒田京子デュオ東北ツアー:天童JAZZ喫茶らぐたいむ(ツアー最終 日)、9月は北海道ツアー!!!

喜多直毅
将棋の駒作りで有名な天童のゆるキャラ“こまハチ”

ツアー最終日は山形県・天童市のJAZZ喫茶らぐたいむ。
黒田さんは何度もお邪魔して演奏しているそうですが僕は初めてです。
思えば僕はそれほどジャズ喫茶のような場所では演奏していないかもなぁ…。
会場にはそれぞれ壁や床に染み付いた“音”があって、レコードをかけていなくてもジャズ喫茶にはジャズの香りが漂っている様な気がします。

お客様の多くはらぐたいむの常連さん。
60歳代の男性が中心。
お客さん同士和気藹々とした雰囲気で楽しそうでした。

打ち上げの後、お客さん達と楽しく写真撮影!
皆さん、ジャズを、音楽を愛する方々です!

下列、黒田さんの右側がマスターの天野さん。

それと地元の演劇関係の方々もいらして下さいました。
東京からもお一人。
有難うございます!

最初、この日のプログラムは他の会場とは違うものにしようと思っていました。
フリージャズを良く聴いていらっしゃるお客さん達が中心だろうから、何かそれに近い感じの曲をセレクトしよう思っていました。
でも結局CDからの曲が中心に。
面白かったのが、他の会場と同じ曲を演奏しても反応が全く違ったこと。
天童ではアグレッシヴな曲を喜んで下さったように感じました。
もしかしたら男性が多かったからかも知れません。

でも暗く重い曲…、例えば“鶴”みたいに皆んな押し黙って聴くようなものもシッカリと受け止めて下さったように思います。

打ち上げではマスターの手料理(山形名物・玉こんにゃく)が並ぶテーブルを囲んで歓談。
らぐたいむは焼きうどんと焼きソバが美味い!
皆さん、行かれることがあったら是非!

これはマスターのお手製ではありませんが、山形名物冷やしラーメン。
でも天童は肉そばなのだそうだ。
食べ損ねた!

一人の方がヴァイオリンのノイズ(雑味)を含んだ音を聴いていて、書の“掠れ”が浮かんだと言って下さったのは本当に嬉しかったです!
実は先日の書とのコラボ・ワークショップで同じことを生徒さん達にお伝えしたばかりでした!
僕がノイズ奏法を行う時に思い浮かべるのがやはり書の毛筆なのです。
現代書家の篠田桃紅氏の作品に着想を得て書いた作品にも取り入れたアイディアです。

さて今回のツアーを通して、どの町にもジャズ喫茶(の様なお店)があってその地域のファンの中心となっているんだなと思いました。
らぐたいむは勿論、今回のツアーでお邪魔した水沢のHalfNote、そして有名な一ノ関のベイシー(僕はまだ行ったことがありません)等。
それぞれ横の繋がりがあって共に東北のジャズ文化を担っている。
しかも何十年もです!
実に素晴らしいですね!

ツアー中、お会いしたお客様の中にもそう言ったお店の常連さんが大勢いらっしゃいました。
例えば僕がそのお店のマスター達と直接繋がりが無くとも、彼らが長い間培って来たネットワークのお陰で僕はお客さんの前で演奏出来ているわけです。
これは有難いことです!!!
それぞれのお店がこれからも長く愛されて、地元の方々に音楽と共に語らいを提供する場であり続けますように。
心からお祈りします。

それと、次回のツアーではもう少し弦楽器愛好家の方々とお近づきになりたいなと思いました。
各県庁所在地に弦楽器店、工房、アマチュアオーケストラ(仙台はプロオケ)が存在するわけで、ヴァイオリンをお弾きになる方は大勢いらっしゃると思うのです。
今回のツアーではそう言った方々に宣伝を行う余裕がなく(僕が体調を崩した)、残念ながら地元の奏者の方々へ情報が届きませんでした。

盛岡には何人かヴァイオリンの先生がいらっしゃるのです!
仙台にはもっといらっしゃるでしょう!
そう言う方々に是非僕の演奏を聴いて頂きたいと思っています。
僕はちっとも有名ではありませんが、そろそろもう少しヴァイオリン奏者の方々に関心を持って頂きたいと願っています…。
こんな音楽をやっている人間もいるんだぜ!
否、こんな音楽もあるんだよ、ヴァイオリンでこんな事も出来るんだよって事を是非知って頂きたいと思っています。
次回、あなたの町にお邪魔する日は是非会場にお出かけ下さい!

ということで、楽しかった東北ツアー、残念ながら終わってしまいました。
寂しい…。

各地でお越し下さった方々、本当に有難うございました!
忙しい中、悪天候の中、会場まで足を運んで下さり心から感謝しております!

調律師の只野さんには色々と無理を聞いて頂きました。
お陰様でとても気持ち良い状態のピアノで演奏を行い、お客様に楽しんで頂く事が出来ました。
※仮面ライダーを見に連れて行って頂いたりもしました(嬉しかった!)。
本当に有難うございます!

各地の会場オーナー、主催の方々、スタッフの皆さん、実に感謝です!
ツアーの何ヶ月も前から宣伝して下さり動員に力を注いで下さいました。
また当日はお客様の誘導や会場設営、物販、精算、打ち上げ会場の手配、その他諸々、多くの事を行って下さいました。
有難うございます!

そして両親…。
元気にヴァイオリンを弾く姿を見せられて本当に良かったです。
有難う。


こうして東北ツアーは無事終了しましたが…、9月は北海道ツアー!!!
今から超楽しみです!!!
東北ツアーを経て一回りも二回りも大きくなったデュオにご期待下さい!

◉札幌
日時:9月9日(水)18:00開場 18:30開演
会場:ビーズ・ビー
   函館市柏木町39-3
   050-5831-5359
料金:¥3,500(前売りのみ/ドリンク代別)
予約・問い合わせ:0138-73-7892(八木橋)


◉石狩当別
日時:9月10日(木)18:00開場 18:30開演
会場:紙ひこうき
   石狩市当別町元町140
   0133-23-4005
料金:予約・当日共に¥2,500(1ドリンク付き)
主催:太美ちゃんMusic企画
予約・問い合わせ:090-2873-3794(坂本)


◉札幌
日時:9月11日(金)19:30開場 20:00開演
会場:くう
   札幌市中央区南1西20-1-25 アウルビルB1
   011-218-1656
   地下鉄 南北線 札幌駅→大通駅
   地下鉄 東西線 大通駅→西18丁目駅 出口1から徒歩2分)
料金:予約¥3,500 当日¥4,000(飲食代別)
予約:011-218-1656(くう)、又はWeb予約フォーム  
   以上の他、大丸藤井セントラル)、ローソン、e+でもお求め頂けます。
協力:NMA nma-1983@mbr.nifty.com(沼山)


◉旭川
日時:9月12日(土)18:30開場 19:00開演
会場:Art space/cafe MOKERA MOKERA
   旭川市旭岡2-12-11
   0166-55-0054
料金:予約、前売り¥3,500
   ※学生、障がいのある方は¥2,000
   当日¥4,000
   ※学生、障がいのある方は¥2,500
予約・問い合わせ:
   0166-55-0054 or space.mokeramokera@gmail.com(Art space/cafe MOKERA MOKERA)


◉釧路
日時:9月16日(水)18:00開場 18:30開演
会場:福島医院コンサートホール Urari
   釧路市浦見4-4-2
   0154-41-8666
料金:予約3,000 当日¥3,500
   高校生以下 予約¥1,000 当日¥1,500
予約・問い合わせ:渡辺ピアノ工房 0154-38-2244 or piano@piano.ocn.ne.jp
   090-1542-1560(松本)


セカンド・アルバム“愛の讃歌”を携えて初秋の北海道を旅します!
地元の方は勿論、日本全国からのご参加をお待ちしています!
さぁ9月のツアーも頑張るぜい!!!!!

喜多直毅&黒田京子デュオ, 北海道

2015年7月23日木曜日

喜多直毅&黒田京子デュオ東北ツアー:仙台ジャズミーブルースノラ


何だか宮殿みたいでしょ?
ここが今夜の会場・ジャズミーブルースノラです。
それほど大きな会場ではないのですが響きもピアノの状態も良い。
演奏していて大変気持ち良かったです。
マスターに聞くと僕の知っている演奏家も何人か出演していました。

向かって右側の男性が黒田正道さん。
黒田京子さんの親戚ではありません。
しかし苗字が一緒なので“正道さん”、“京子さん(クロリーヌ)”と呼び分けました。

今回は正道さんが宣伝や当日の物販役など、色々な役割を引き受けてくださいました。
本当に有難いです!
ちなみに正道さんをご紹介下さり、仙台でのライヴへの道を開いて下さったのが歌手のいざうらさん。
彼女にも心から感謝致します!

我々デュオにとって仙台は初めての土地。
それぞれはこれまでに幾度もこの町を訪れて演奏していますが、デュオにとっては未踏の地でした。
だから正道さんやいざうらさんの様な地元を良く知る方々の協力が絶対に必要です。

そして今日は黒田さんの仕事仲間も他の仲間を誘って来て下さいました。
本当に嬉しいです!
今回のツアーはこうした黒田ファンによって支えられていると言って過言ではありません。
人との関係を大事にして来た黒田さんだからこそ、東京以外の町にも大勢のファンがいて応援してくれる。

僕も見習わなければなりませんが、一人かなり前に仙台の仕事でお世話になった方が来て下さいました。
思いがけぬ再会!
何と物販コーナーに置いていたCDを全種類買って下さいました!
有難うございます!
今日の演奏、楽しんでくれたかな。
当時の僕から比べて少しは成長したと思って頂けたら嬉しいです。

今日のライヴでは主にCDの収録曲から演奏。
他にはロシアのシンガーソングライター・フレンケリの『鶴』など。

この曲では冒頭に僕が歌詞の朗読をします。
しかし今日は客席に役者さん達が数人。
緊張しました!
朗読教室に通おうかな…。

打ち上げ会場に向かう道すがら、黒田さんと『ツアーを通してこのデュオ、ひと回りもふた回りも成長したよね!』と話し合いました。
ホント、我ながらそう実感しています。
9月に北海道ツアーを行いますが、この充実した演奏を皆さんにお届け出来るのが楽しみでなりません!
ちょっと気の早い話かも知れませんが、北海道の皆さんには期待してお待ち頂きたいと思っています。

東京に帰ってからの二人の演奏は8/15・終戦の日。
会場は明大前のキッドアイラックアートホール・3Fギャラリー。
戦没画学生の絵葉書に囲まれて演奏します。
どうぞお楽しみに!

◉「無言館」所蔵作品による戦没画学生〈戦場からの絵葉書〉展 ~鎮魂のコンサート~
※展示中のギャラリーで演奏致します。詳細はコチラを御覧下さい。
日時:8月15日(土・終戦の日)19:30開場 20:00開演
会場:KID AILACK ART HALL 3F Gallery(明大前) 
   03-3322-5564
料金:予約¥3,000 当日¥3,300 
   限定30席!ご予約はお早めに!
ご予約・お問い合わせ:   
   電話 03-3322-5564 メール arthall@kidailack.co.jp      
   Web予約フォーム http://goo.gl/xerCMG

明日はツアー最終日・天童!
今までの会場とは少し内容を変えて即興色の強いライヴにするかも?
地元の皆さん、どうぞお楽しみに!
ツアー最後の演奏ですが気持ちはいつも新鮮に。
ライヴはまさに一期一会。
気合を入れて頑張るぜい!!!


さてここから先は仙台で食べた美味いものについて。

その前に…、黒田さんと僕は食の好みが違います。
黒田さん:野菜、炭水化物、アッサリ系
僕:肉、揚げ物、脂系、辛いもの

二人で一緒に食事をする時は僕が黒田さんの好みに合わせます。
そうすると野菜不足が補えるから。
でもオフ日は基本的に別行動。
僕は自分の好きなものを食べています。

まずはこれ!


全国チェーンのラーメン店・天下一品ですが、このメニューは仙台にしかない!
県内在住の友人に教えてもらった土鍋チーズラーメン!
ただでさえコッテリな天下一品のラーメンですが更にとろけるチーズが上に乗っかっているぞ!
激ウマでした!
※黒田さんと一緒ではこう言うものは食べられません。

次はこれ。


仙台と言えば牛タンっすよねー!
写真は利休の牛タン定食です。
一番高いヤツ。

実は利休は東京に何店舗もある。
でも仙台で食べる事に意義があるのです!
仙台のと東京のとでは何かが違うかも知れないじゃないすか!
※実際地元の人は余り食べないらしい。

最後。


冷やし中華発祥の店・龍亭。
ここから歴史は始まった…。

上品な酸味と香り高い醤油、そして硬めの細麺。
ここに練り辛子をベタベタ塗ってかき混ぜる。
そして一気に啜る!!!

実はこの店は会場のすぐそばにあり、正道さんに教えてもらいました。
本日の演奏前の腹ごしらえは冷やし中華。
大好きなものを食べた後の演奏は尚更調子が上がる!?

そんなこんなで美味しい仙台でした!
※明日は仙台駅で萩の月を買います。

2015年7月21日火曜日

喜多直毅&黒田京子デュオ東北ツアー:登米市宝江ふれあいセンター


これまで我々デュオがずっとお世話になって来た調律師・只野正昭さん。
調律だけではなく車の運転や写真撮影など、本当に色々な事を引き受けて下さいました。
ひたすら感謝です。

今日の会場は只野さんの地元・宮城県登米市のふれあいセンター。
このコンサートで只野さんとはお別れです。

まず演奏の事を書く前に…。
登米市は漫画家・石ノ森章太郎氏の生地なのです!
知りませんでした!
(不勉強でごめんなさい。)
駅から会場へ向かう車の中で只野さんにそう教えられたのですが、石ノ森章太郎ふるさと記念館なる施設もあると言うじゃありませんか!!!
もちろん立ち寄ってもらう事にしました。


いきなりコレ。
入り口に立っていました。


自販機もこんな感じ。


懐かしいぜ、ゴレンジャー!
戦隊モノの元祖!


石ノ森章太郎氏と言えば仮面ライダーです!
V3とXのレコード持ってたなぁ…。
でも実際はリアルタイムではなく、僕が見ていたのはストロンガーからです。

で、仮面ライダーごっこをしていてテレビから落ち、角に頭をぶつけて大出血した事があります。
今でもその傷は耳の後ろに残っていて髪の毛が生えていません。
ショッカーと闘って出来た名誉の負傷です。


という事で、まさに40代男性にとっては嬉し過ぎる記念館なのでした。
ここのロビーは響きも良かったのでコンサートが出来るかも!?
同世代のミュージシャンで仮面ライダー&戦隊モノのテーマ曲を演奏したら楽しいに違いない!

昨日はふなっしーグッズを集めたい黒田さんの為にしまむらに寄ったんだから、これでおあいこですね。

昼は只野さんの幼馴染のレストランへ。
僕はオムライスを食べましたが、激ウマでした!!!


この様に登米には仮面ライダーもいればオムライスの美味いレストランもある。
少年時代に戻りたいお父さん達には是非訪れて欲しい町です!
※もっと早く知っていればコンサートと併せてそんな風に宣伝できたのになぁ…。

さて一番上の写真をご覧下さい。
まるで教会みたいでしょ!?
でもここは地域の公民館のホールでキリスト教とは何の関係もありません。

でもやっぱり教会建築を参考にしたとしか思えません。
それは何故か?
ヴァイオリンを弾いた時の響き方が教会ソックリだからです。
只野さん、素晴らしい会場を用意して下さって有難うございます!

一番奥の壁には『楽』の書がかけてあります。
教会ならば十字架がかけてある位置。


十字架にかけられたイエスが悲痛に項垂れる代わりに踊り出しちゃったよ!みたいな感じがします。
もしくは『イエスの“苦”は人々の“楽”の為であった』と捉えるべきでしょうか。

とにかく教会っぽい響きが気に入って、音合わせの後も一人シャコンヌを練習。
余り上手ではありませんが、この響きの中で弾いていると本当に気持ち良い。
自宅で練習するとイライラしっぱなし。
毎日、こんな場所で練習したら上達が早いかもなぁ…。

さてコンサートは地元のお客様が殆どでしたが中には東京からわざわざいらした方も。
本当に遠くまでお越し頂いて感激です!

曲目はCD『愛の讃歌』から。
それと二人のオリジナル曲等。

黒田さんのオリジナル曲『ホルトノキ』を演奏していたら、空に大きく枝を伸ばす大木が見えました。
やっぱり天井が高いからかな、何だか上へ上へと昇るエネルギーを感じました。
そういう時って不思議な事に自分の身長が高くなって行く気がします。
上にグングン成長して行く感じ。
気がつくと背伸びをしながらヴァイオリンを弾いていたりするから面白い。

それと黒田さんのピアノソロが素晴らしかった!
オリジナルの『With You』と言う曲を弾いたのですが、とてもとても温もりのある演奏でした。
で、一箇所、“乱れ”があったのです。
(間違えたのではなく、良い意味での音楽的な“乱れ”)
感情の迸りの様なもの。
そしてまた美しい世界に戻りました。
本当に素晴らしくて、演奏が終わった後、お客様も夢から醒めたかのような表情でした。
(もう俺弾かなくて良いんじゃね?とちょっと思いました。)

黒田さんの音楽、殊にオリジナル曲からは黒田さんの人間に対する眼差しが感じられます。
僕にとってはそこが魅力、同じ音楽家として。
優しい眼差しもあれば厳しい眼差しもある。
それが音楽に良く滲み出てている。

僕はやっぱり『With You』や『闇夜を抱く君に』が好きだなぁ。
誰もそばにいない真っ暗な夜。
皆さんもきっとそんな夜を過ごした経験があると思います。
そこに射す一条の光の様なものを黒田さんのピアノに感じる事があります。

さて、この日は僕の高校時代の友人(宮城県在住)が演奏を聴きに来てくれました。
終演後は会場の後片付けを手伝ってもらったりして有難い!
やっぱり持つべきものは友達です!

彼は打ち上げで震災で経験した事、見聞きした事を話してくれました。
揺れのエネルギーの凄さ、彼が勤務する学校の生徒が行方不明の友達を探しに行った話、北海道電力の人達が雪の中、電気の復旧をしてくれた話。
そうか、彼も大変な目にあっていたんだ…。

そして今日会場に来て下さった方々も色々な体験をしているはず。
中には家族や友人を失った方々もいらしたかも知れません。
まだ心に消えない何かを抱えている方もいらしたでしょう。

そんな方達の前での演奏、本当に気を引き締めて行わなければなりません。
僕にとって音楽は祈りでもあります。
皆さんの心の中の祈りに伴奏のヴァイオリンを奏でる、そんな気持ちでこれからも演奏して行きたいと思います…。

それにしても演奏会にかつての同級生が来てくれるのはとてもとても嬉しい!
これを読んでいる皆んな、どうぞ宜しく!!!

さて八幡平からずっとピアノ調律のみならず、他でも色々とお世話になった只野さんですが、寂しい事に登米でお別れです。
長い間放置されていた為に調律にかなり時間を要する様なピアノもありましたし、下見が必要な現場もありました。
しかしどんな時も丁寧な仕事をして下さり、黒田さんが気持ち良く演奏できる様にピアノのコンディションをベストな状態にして下さいました。

地元の登米のコンサートでは企画制作や宣伝、CD販売にまで力を貸して頂きました。
そして何と御自分の所有するピアノをわざわざ会場まで運んで来て下さったのです!

ピアノを愛する気持ち、ピアニストを愛する気持ち、音楽を愛する気持ち。
良い音楽を出来るだけ多くの方々に届けたいと言う気持ち。
我々は只野さんのそう言った情熱と愛情に支えられてツアーを続ける事が出来ました。
本当に心から感謝致します!

数年後、我々がまた東北地方を旅する時は再び只野さんが調律・整調してくれたピアノで地元の方々に演奏を聴いて頂きたいです!
只野さん、それまでお元気で!


◉ライヴ情報

本日7/22(水)は仙台市でライヴです!
我々デュオにとって仙台は初めての町。
初めての町では結構集客に苦労します…。

どうか多くの方々が足を運んでくださいます様に!
我々も初めてお目にかかる皆さんに良い演奏をお届けできる様に今から気合入ってます!!!
どうぞお誘い合わせの上、お越しください!
皆さん、宜しくお願いします!!!

7月22日(水)開場19:00 開演19:30
会場:ジャズミーブルース・ノラ    
   ノーバルビル1F   
   022-398-6088
料金:前売3,500円 当日4,000円(1ドリンク付)
予約・問合せ:   
   ■ジャズミーブルース・ノラ  022-398-6088/jmb@kih.biglobe.ne.jp   
   ■黒田正道  070-6626-9696/qoo71s@yahoo.co.jp


喜多直毅&黒田京子デュオ東北ツアー:水沢HalfNote


盛岡を後に水沢へ。
車で国道を真っ直ぐ走っていると衣料品店の“しまむら”が何軒もありました。
現在、しまむらはあの超人気キャラ・ふなっしーとコラボを展開中。
ふなっしーグッズを多種類売っているのだとか。

ふなっしーと言えば黒田京子さん。
余りのふなっしー愛ゆえに自宅ではこんな格好をしています。


黒田さん、すげー…。
好き過ぎて同化したいのだと思います。

そんな黒田さんがふなっしーグッズを売っているしまむらを通過出来るはずがありませんよね。
早速一軒のしまむらに立ち寄ってみました。
ところが!
ふなっしーグッズは既に売り切れ…。
ガッカリして肩を落とす黒田さんでした。

さて本日の演奏会場は水沢(現在は奥州市)のHalfNote。
ウッディなジャズ喫茶です。
天井も高くてロッジとか山小屋みたい。
落ち着くなぁ。
お店の雰囲気にマスターの温かい人柄を感じます。

そしてお店にはデカいスピーカーがドーンと置いてあります。
済みません、名前を忘れてしまいました。
肝心のスピーカーが余り良く写っていないのですが写真を載せておきます。


このスピーカーから流れてくる深く柔らかいジャズヴォーカル…。
最高です!
そして音だけではなくデザインもお洒落!
我が家にも欲しいけど高くて買えない…。

以前、僕はオーディオ機材に無関心でした。
小さいラジカセだろうがパソコンのスピーカーだろうが、何だって音が鳴れば良いと思ってた。

あるCDのレコーディングの後、自分の演奏をウチのショボいスピーカーで聴いてたの。
そしたら自分が下手で下手で嫌になり、聴くのを途中で止めてしまいました。
ところが同じCDを知人所有のデカいスピーカーでかけてもらったら…!
まるで自分の演奏じゃないみたい!
『誰?このヴァイオリニスト!?』
『超上手いじゃん!』

少し大袈裟に書きましたが、でも実際印象がガラリと変わったのです。
これには驚きました。
以来、僕の中でオーディオに対する認識はすっかり変わって、今は良いスピーカーが欲しくて欲しくてたまりません。

さて、この日のライヴではやはりCD収録曲からプログラムを組みました。
お客様は女性が多かったかな。
やはり『シェルブールの雨傘』や『ひまわり』は喜んで下さいますね。
そして『他人の顔』、『ラストタンゴインパリ』は楽しく聴いて下さいます。
こちらも嬉しくなります!

いつもラストに演奏している『愛の讃歌』。
この曲は大曲で演奏にはちょっと気合いがいる曲です。
でも先日13日に東京で行った演奏が起爆剤となり、以降ずっとプログラムに入れています。

皆さんはどんな事を感じながら聴いて下さっているのかな。
ある方はカタルシスを感じると言って下さいました。
僕はいつも大事な人の幸せを祈りながら弾いています。

終演後はお店で打ち上げ。
唐揚げ、焼き鳥、肉巻きおにぎり、どれも僕の大好きなモノばかりで嬉しい!!!
特に初めて食べた肉おにぎり。
これって水沢の名物ですか?

今回はわざわざ盛岡からお越しの方もいらっしゃいました。
そして何と昨日の盛岡公演を聴いて、もう一度足を運んで下さった方も!!!
アザーッス!!!
実に嬉しいです!!!

マスターも本当に喜んで下さったと思います。
我々の演奏はいわゆるジャズではありませんが、ジャンルを超えて『音楽そのもの』を受け止めて下さったに違いありません。
別れ際の握手にそれを感じました。

聴きにいらした皆さん、マスターとご家族へ心から感謝を申し上げます。
有難うございました!

追記:
賄いのカレーも美味かったです!

2015年7月20日月曜日

喜多直毅&黒田京子デュオ東北ツアー:もりおか啄木・賢治青春館


ここは盛岡市中心部にある啄木賢治青春館二階の展示ホール。
普段はギャラリーや室内楽のコンサート会場として使われています。

それにしても実に素晴らしい響き!
ボディの小さなヴァイオリンにとっては演奏空間も楽器の一部。
気持ち良く演奏出来るスペースです。

そして建物も明治時代に建築された美しい煉瓦造り。
かつては銀行(楽屋として使わせて頂いた部屋のドアには“重役室”と札がかかっていました。)。
現在は一階にレトロなカフェを持つ文化スポットとして、地元の方々や観光の皆さんが頻繁に訪れています。

今回のコンサートは第一部を『啄木へのオマージュ』と題して、啄木の短歌や彼の人生にインスパイアされて作った楽曲を演奏しました。
第二部はCD『愛の讃歌』のレパートリーからシャンソンや映画音楽、昭和歌謡など。

第一部では普通に曲を弾く他、啄木の短歌を詠みながら演奏したり。
コアな啄木ファンがいらしてるかも知れません。
余り変な事は出来んぞ…と思っていたのですが、やっぱり普段通りの自分の演奏になりました。
そう言う性分です。
よそ行きの演奏は出来ません。

とにかく楽しかったです!
もう一回やりたいコンサート。
終わってしまったのが寂しいくらい。
お客さんの反応も良く、会場に流れる空気に暖かさを感じました。
皆さん、客席で顔をほころばせていましたよ!
東京から来て下さった方もいらっしゃいましたが、楽しんでくれたかな。
気て良かった!と感じて下さったなら我々も最高に嬉しいです!

さて。
啄木の望郷、葛藤、挫折、反骨、孤独、社会に対する批判精神。
それらはこの僕の中にもあって、ある意味、音楽作りのテーマになっていると言って過言ではありません。
僕の場合、自分自身がそう言うものを音楽で描きたいと思っているのと同時に、誰かに『これこそお前が音楽で描くべき事柄だ』と指し示されているような気がします。
そう感じるようになったのはここ数年です。
そして本当の意味で仕事が面白くなってきたのもここ数年。
何だか音楽を通しての自分の役割が見つかった様に思います。

啄木と僕。
二人の交わる所から紡ぎ出されたのがこの日演奏した音楽だったのかも知れない。
彼と共に故郷を訪ね、北海道を彷徨い、東京の雑踏に紛れ、恋をし、病んで、そして短歌の如く一瞬一瞬を凝縮して生きる…。
勿論啄木程には無理だとしても、彼の人生を心の中で追体験しました。
果たして啄木を通して自分自身を見つめる結果となりました。

ところで啄木派の僕に対して黒田さんは賢治派らしいです(あ、啄木が嫌いというわけではありませんから!)。
次回は賢治をテーマに二人でコンサートが出来るかも知れません。
実現したら嬉しいです。

ところでこの写真。


周りを取り囲んでかけられている絵は画家・杉本みゆきさんの作品。
ブルーやホワイトの使われた伸び伸びとした絵は僕の大好きな世界。
こんな作品に囲まれて演奏出来て本当に嬉しかったです!

『杉本みゆき展 〜銀の劇場〜』はもりおか啄木・賢治青春館二階展示ホールで9/3まで開催されています。
お近くの方、是非ご覧下さい!

さて次はこの写真。


楽屋で撮ったものです。
手にしているのは啄木が発行した文芸誌『小天地』の表紙の拡大写真。
昔の雑誌の表紙デザインってホント素晴らしいと思います。
デュオの三番目のアルバムジャケットはこのテイストで?

最後に。
今回は多くの方のご協力とご理解があってこの様なコンサートを開く事ができました。
青春館の田口善政館長、鐙浩史さんには心からお礼を申し上げます。
そして宣伝と集客に力を貸してくれた両親、本当に有難う。

いらして下さった方々がもしこのコンサートを楽しんで下さったのなら、少しは故郷に恩返しが出来た様に思います。
またいつか盛岡の皆さんに演奏を聴いて頂きたいです!

喜多直毅&黒田京子デュオ東北ツアー:八幡平スペースR


八幡平でのコンサートは馬場リチ子さん(写真中央)所有のスペースRにて行われました。
お客様は普段から合唱をしたりクラシック音楽に親しんでらっしゃる方が多かったので、僕もスーツで決める!

でも演奏はいつも通りキワドク!
服装はよそ行きでも音楽は我々のありのままの姿で。
東京での演奏と何ら変わりありません。
※曲目はツアーを通してセカンドアルバム『愛の讃歌』から選んでいます。

この日は東京からお見えになった方もいらして本当に感謝です!
実際このスペースRは車が必要な場所にありますが、盛岡からレンタカーでお越し下さいました。
地元の方々に楽しんで頂きたいのは勿論ですが、わざわざ東京から来てくださった方にも『気て良かった!』と満足して頂きたい。
我々は常にそう思っております…。

会場を貸して下さった馬場さん、受付や会場設営、CDの販売を手伝って下さった皆さん、本当に有難うございました!

そして…、調律師の只野さん!
どんなピアノでも黒田さんが気持ち良く弾ける様にして下さいます。
勿論、ピアノによっては長時間の整調が必要な場合もありますが、とにかく開演時間ギリギリまで何とか手を尽して下さいます。

調律・整調が素晴らしいと黒田さんが気持ち良く弾ける。
黒田さんが気持ち良く弾けるとそれが僕の演奏にも影響する。
こんな風に、直接ではないけれど、調律師とヴァイオリニストの間にも大事な関係があるのです。

只野さんは前日の盛岡少年院、この日のスペースR、そして翌日の盛岡から登米まで調律をお願いしています。
本当に頼れる方です!

明日はいよいよ僕の故郷・盛岡でのコンサート!
頑張るぜい!

喜多直毅&黒田京子デュオ東北ツアー:盛岡少年院でコンサート


初めて少年院で演奏しました。
写真はリハーサル風景。

少年院の生徒さん達を対象とした約45分のプログラム。
最初、どんな曲を演奏したら喜んでもらえるか悩みましたが、結局普段通りのプログラムで臨みました。
あ、でも一曲だけ彼らが普段歌っているという宮沢賢治の『星めぐりの歌』を演奏。

何故、宮沢賢治か?
グランドの片隅に賢治が設計した花壇があるのです。
なるほど。

その花壇の端っこには小さな水甕のようなものが設えてあり、水が溜まっていました。
それは『涙腺』なのだそうです。

曲目が進むうち、最初は固かった彼らの表情にも笑顔が。
良い感じ!

プログラムが終わった後、黒田さんが質問を募ったところ何人が手を挙げてくれました。
『ヴァイオリンって高いんですか?』
『弓の毛は何で出来てるんですか?』
こんな感じの質問なら答えやすいです。

ただ最後の質問が難しかった…。
『音楽を職業にするってどんな感じですか?』みたいな質問。
この問いにはちょっと困りました。
チンプンカンプンな事を言ってしまったと思います。
あ〜あ…、ダメだな、俺って。
もう少し彼らの身になって話せたら良かったのに。

でも我々の演奏、きっと喜んでくれたと思います。
彼らの表情にそれを感じたし、マンシーニの『ひまわり』を弾いている最中、彼らと我々の気持ちが繋がった気がしました。

星めぐりの歌

あかいめだまの さそり
ひろげた鷲の  つばさ
あをいめだまの 小いぬ、
ひかりのへびの とぐろ。

オリオンは高く うたひ
つゆとしもとを おとす、
アンドロメダの くもは
さかなのくちの かたち。

大ぐまのあしを きたに
五つのばした  ところ。
小熊のひたいの うへは
そらのめぐりの めあて。


2015年7月18日土曜日

喜多直毅&黒田京子デュオ東北ツアー:初日から藤七温泉でユックリ!


ここは岩手県は八幡平・藤七温泉、彩雲荘です。
まだ一度も演奏をしていないのに我々は早くもホリデイモード!
でも良いのです、東京で頑張ってるんだから。
自分達へのご褒美。

ここの温泉は混浴露天!



どう?
画像から硫黄の香りが漂って来そうでしょ?
ホント、ここは僕のお気に入りです。
自然の中で風に吹かれながらお湯に浸かる。
聞こえてくるのはウグイスの声。

そして夜はさらに素晴らしい!
満天の星空を見上げながらお湯に入れるのです。
何て素晴らしいんだろう!

環境が良いだけではなく、温泉の効能も実感しました。
なかなか治らずにいた僕のものもらいがすっかり消えてしまいました。
来て良かった…。

この宿の名物は温泉だけではありません。
山菜が本当に美味しいのです。


写真は夕食シーン。
大皿に盛り付けられてある色々な種類の野菜を好きなだけ取ってきて食べます。

知らない山菜が沢山!
山菜ってこんなに美味しかったっけ!?
他には大好きなキリタンポもあってさらに満足しました。

温泉と山菜料理でデトックス&エナジー補給!
黒田さんも僕も明日からの演奏、頑張るぞ!!!

2015年7月14日火曜日

平日昼間のコンサート、盛況でした!次回は10/19@雑司が谷エル・チョクロ/終戦の日は“鎮魂のコンサート”@KID AIKACK ART HALL 3F Gallery

喜多直毅, 黒田京子
写真:ユカポン氏
真剣な俺、謎の手踊りを行う黒田京子さん

初めての企画・平日昼間のコンサート。
多くのお客様にお越し頂き満員となりました!
心より感謝申し上げます…。

とにかく暑かった!
真夏日、猛暑、酷暑。
リハーサルの後、ちょっと近所のコンビニへ行ったのですが暑さがハンパなかった。
お客さん、大丈夫かなぁ…。
何人か個人的に知っている方も来て下さる予定だったので(余り丈夫ではない)、ちょっと、と言うかかなり心配になりました。
※結局無事にいらして元気にお帰りになりました、差し入れまで持って来てくれたし…。

そんな真夏日のコンサートでしたが大勢の方がいらして下さって、黒田さんも僕もいつも以上に演奏に熱がこもる!
終演後は皆さん、満足した様子でお帰りになりましたよ。
あぁ、良かった…。

というわけで、大成功だった平日午後のコンサート。
またやるぜい!!!

◉次回の平日午後コンサート
日時:10月19日(月)13:00開場 14:00開演
会場:TANGO BAR エル・チョクロ
   〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-2-8  
   03-6912-5539
料金:予約2,500円 当日3,000円(飲食代別)
予約・問合せ:エル・チョクロ
   03-6912-5539/info@el-choclo.com

10/19もきっと皆さんに楽しんで頂けるようなコンサートにしようと思います。
今回いらした方も、お越し頂けなかった方もどうぞ宜しくお願いします!


実は今日のコンサート、東北ツアーの初日だったのです。
と言うか、日程が近かったので東北ツアーの中に組み込んでしまった!
特にステージでは申し上げませんでしたが、僕の中では既に東北気分。
会場近くの雑司が谷・大鳥神社や鬼子母神の涼しげな緑が既に東北っぽかったし。

とは言え実際に向こうでのツアーがスタートするのは17日です。
17日八幡平(岩手)、18日盛岡(岩手)、19日水沢(岩手)、20日登米(宮城)、22日仙台(宮城)、23日天童(山形)と言うスケジュールになっております。
詳しいツアー情報はコチラを御覧下さい。

お近くの皆さん、お誘い合わせの上、是非お越し下さい!
お待ちしております!


さて来月は場所を変えて、明大前のキッド・アイラック・アート・ホールの3Fギャラリーにて二人のコンサートを行います。
実はこのコンサートはある美術展の会期中に行われます。
※勿論会場では作品もご覧頂けます。

日程は8月15日、終戦の日。
展示中の作品は戦没画学生による絵葉書。
我々は作品に囲まれて演奏する予定です。

彼らの生と死に対する思い、時代に対する葛藤、作品に溢れる声無き声、そして描く喜び…と言ったものを感じながら、どんな音を出したら良いか、僕はたじろぐかも知れません。
しかし死と言うものに向かって何かを奏でるのは、ある意味音楽の原初の姿だと思うのです。
(僕はそんな事を思いながら、喜多直毅クアルテットの曲を作っています。)
是非、会場の空間に溢れる“何か”に耳を澄ませて欲しいと思います。

戦争の為に止むを得ず絵筆を折らざるを得なかった彼ら…。
僕は絶対にヴァイオリンや弓を捨てたくない!
それは心の叫びであって、彼らの胸の中にもずっと鳴り響いていた声だと思います。

終戦の日、色々な事を深く思い、そして祈る一日したいと思います。
絵を諦めざるを得なかった画学生達の作品を通して、我々の生きる時代や現在の日本、そしてこれからの私達の事を共に考えてみましょう。

※こちらで黒田京子さんによる文章(『公演に寄せて』)をお読み頂けます。

◉「無言館」所蔵作品による戦没画学生〈戦場からの絵葉書〉展 
~鎮魂のコンサート~
※展示中のギャラリーで演奏致します。詳細はコチラを御覧下さい。
出演:喜多直毅(ヴァイオリン)
   黒田京子(ピアノ)
日時:8月15日(土・終戦の日)19:30開場 20:00開演
会場:KID AILACK ART HALL 3F Gallery(明大前)
   〒156-0043 東京都世田谷区松原2丁目43-11   
   03-3322-5564
料金:予約¥3,000 当日¥3,300
   限定30席!ご予約はお早めに!
ご予約・お問い合わせ:   
   電話 03-3322-5564 メール arthall@kidailack.co.jp      
   Web予約フォーム

「無言館」所蔵作品による戦没画学生〈戦場からの絵葉書〉展  ~鎮魂のコンサート~, 喜多直毅, 黒田京子
8/15 終戦の日 ~鎮魂のコンサート~
喜多直毅(ヴァイオリン)黒田京子(ピアノ)

とても響きの良いスペースです。
一度この会場で黒田さんと演奏しましたが、まさに二人の音楽にピッタリの空間でした。

喜多直毅, 黒田京子
喜多直毅&黒田京子デュオ
後ろの作品は坂本龍幸氏によるもの。

どうぞ来月もデュオの演奏を聴きにいらして下さい!

明日から東北だ!
元気に行ってきます!

2015年7月12日日曜日

来週から喜多直毅&黒田京子デュオ・東北ツアーのスタート!13雑司が谷/17八幡平/18盛岡/19水沢/20登米/22仙台/23天童

空に吸はれし心, 石川啄木, 盛岡, 喜多直毅&黒田京子デュオ, もりおか啄木・賢治青春館
フライヤーデザイン:山田真介

間もなく黒田京子さん(pf)との東北ツアーが始まります!
イエイ!
最高に楽しみだぜ!

八幡平(安代)、盛岡、水沢、登米、仙台、天童での演奏を予定していますが、どの会場でも最高のプレイを目指したいと思っています!
乞うご期待!

さて僕の生まれ故郷・盛岡市にある啄木・賢治青春館では他の会場と少し趣向を変えて、石川啄木をテーマにした音楽をお届けする予定です。
会場の青春館は中津川沿いの洋館。
郷土の文学者・石川啄木と宮沢賢治の名前が付けられたこの会場には二人に関する資料が展示され、我々が演奏するスペースは普段ギャラリーとして使用されています。
※ちなみに一階には大正時代のカフェを模した喫茶スペースがあります。演奏会の前後にコーヒーをお楽しみ下さい。

で、今、啄木の音楽を作曲中。
実際に彼の短歌や手紙、日記に耳を澄ましていると、今まで作った曲がふっと聞こえてきたりする。
自分の作品に啄木を再発見するような不思議な感覚を味わっています。
例えば黒田さんとのデュオや喜多クアルテットで演奏している『春』には少年時代の啄木が、『ふるさと』にはその名の通り渋民村の風景が浮かんできます。

文学と言うフィールドの中で恐らく最も愛する人、啄木。
そして高校時代からずっと親しんできた『一握の砂』と『悲しき玩具』。
不来方のお城も北上川も目を閉じれば直ぐに浮かぶ。
彼の短歌が心に染み込んでいないわけがありません。
いつの間にか僕は啄木文学→音楽の変換装置になっていたのかも知れません。

今回は書き下ろしに加え、新しい曲の中に今まで作った曲の“部分”を挟んだりしてみました。
過去の楽曲の中に改めて啄木を探す。
そして再構築を行って、もっと啄木に近付いてみようと言う試み。
とても楽しい作曲でした!

是非多くの方に聴いて頂きたいです!


勿論、盛岡以外の会場でも多くの方に我々の演奏をお届けしたいと思っています!
黒田さんとの最新アルバム『愛の讃歌』から映画音楽やヨーロッパのポピュラー音楽、昭和歌謡等を、そして未収録曲も演奏予定です。

ツアースケジュールはコチラを御覧下さい。
ではそれぞれの会場でお待ちしております!!

喜多直毅&黒田京子デュオ, 東北ツアー2015
フライヤーデザイン:山田真介