2019年10月22日火曜日

喜多直毅クアルテット福岡公演を最後に西日本ツアーは終了しました(寂しい)。

2019年10月15日 喜多直毅クアルテット福岡公演@西南学院大学ホール
2019年10月15日
喜多直毅クアルテット福岡公演@西南学院大学ホール
終演後、メンバーとスタッフの皆さんで記念撮影。

10/10からスタートし10/15まで西日本5カ所を回った喜多直毅クアルテットツアー。
最終日の福岡の後、東京に戻ってから他のライヴが続きいつの間にか一週間たってしまいました。
しかし今なお、このツアーの演奏の楽しかったことや主催者の方々・お越しくださった方々への感謝の気持ちで胸がいっぱいです。

最終日の福岡の会場は西南学院大学のホール。
丁度一年ぶりの福岡での演奏でしたが、昨年に引き続きお越しいただいた方もいらして大感謝です。
初めての方にはどんなふうに聴こえたのか興味津々ですが、アンケートのフィードバックによると映画のようにドラマティックに感じてくださった方が多かったです。

クアルテットでは東京以外の公演は珍しく、なかなか生演奏を聴いて頂くチャンスがありません。
CDは二枚出していますが、それだって一度生の演奏を聴いてからお買い求めになる方が大半だと思います。
ですから我々にとって色々な会場で聴いて頂くことは本当に重要なことなのです。

アンケートが全てを語っているわけではないと思いますが、しかし読ませて頂く限り、我々の演奏は確かに届き、聴いてくださった方の胸に何かを刻むことが出来たのではないかと思っています。
広島で被爆した方はご自身の人生を音楽に重ねて下さいました。
あるクリスチャンの女性は、懊悩する人間に対して『それでいいのか?どうするのか?』と問い迫る声になぞらえて下さいました。

僕自身、音楽と演奏の喜びや楽しさを感じつつ、一方で悩みながら、袋小路でもがきながら続けて来たクアルテット。
この音楽が聴く人の奥深くまで響いたことが嬉しくてならず、更に励みを与えられました。
新鮮な気持ちで東京での音楽作りが出来そうです。

変な言い方ですが、日本は広かった。
いつも東京でしか演奏していないクアルテットの音楽。
しかし全国にはまだ我々の演奏も音楽も知らない人々がいるのです。
『こんな音楽が今の日本にあってくれて嬉しい』(アンケートより)。
まだまだ行くべき町があるようです!

だいぶ前になりますが、亡くなったコントラバス奏者の齋藤徹さんがクアルテットのライヴを聴いて大変喜び、ご自身のブログに感想と応援の文章を書いてくださったことがあります。
おろかにもその記事を保存しておきませんでした。
当時、こんなに早く亡くなるなんて思いもしませんでしたので…。
ブログ自体はまだ残されていますが、該当記事は膨大なエントリーの中にあってまだ見つけられずにいます。
あの記事をもう一度読みたいと思っています。
お客様から頂いた感想と共にこれからの活動の励みになるでしょう。
そして事あるごとに読み返し、初心を思い出せるに違いありません。

さて西日本ツアーを終えて、クアルテットのライヴは今年あと一回となりました。
場所は神奈川県相模原市。
お寺での演奏です。
寒いかも知れませんので、十分防寒対策をしてお出かけください!!!

2019年11月9日(土) 喜多直毅クアルテット@相模原臨済宗常福寺 喜多直毅(ヴァイオリン・作曲)北村聡(バンドネオン)三枝伸太郎(ピアノ)田辺和弘(コントラバス)
2019年11月9日(土)
喜多直毅クアルテット@相模原臨済宗常福寺
喜多直毅(ヴァイオリン・作曲)北村聡(バンドネオン)三枝伸太郎(ピアノ)田辺和弘(コントラバス)

出演:喜多直毅クアルテット
   喜多直毅(作曲・ヴァイオリン)
   北村聡(バンドネオン)
   三枝伸太郎(ピアノ)
   田辺和弘(コントラバス)
内容:喜多直毅オリジナル作品

日時:2019年11月9日(土)17:30開場 18:00開演
   神奈川県相模原市南区新戸2516
   Tel:046-251-5530 Fax:046-255-3372
アクセス:
◉小田急線「相武台前駅」下車、磯部行バス「常福寺」下車徒歩1分。原当麻駅行バス「武井橋」下車徒歩5分。
◉JR相模原「相武台下駅」下車徒歩12分。磯部行バス「常福寺」下車徒歩1分。

料金:¥3,000(前売り当日共)※要予約+終演後(希望者)会食¥1,000
◉お問い合わせ・予約申し込み
Tel:046-251-5530
Fax:046-255-3372
◉お問い合わせ・制作
Tel:03-3419-6261

さてツアー中に台風19号が日本を襲い、大きな被害をもたらしました。
殊に前回の台風15号で大きな被害を受けた千葉県は度重なる台風によるダメージも大きく、住民の方の失意の程を察してあまりあるものがあります。
被害地域の方々の暮らしが1日も早く戻りますように、また命を落とされた方々のご冥福をお祈りします。
大切なご家族、ご友人を失われた方々の悲しみが早く癒されますように。

0 件のコメント: