2017年7月18日火曜日

喜多直毅+田中信正@sonorium終了!、そして7月22日(土)はw/伊藤芳輝さん(gt)とのデュオ@雑司が谷エルチョクロ

喜多直毅(ヴァイオリン)田中信正(ピアノ)2017年7月14日@sonorium(東京・永福町)

喜多直毅(ヴァイオリン)田中信正(ピアノ)2017年7月14日@sonorium(東京・永福町)

喜多直毅(ヴァイオリン)田中信正(ピアノ)2017年7月14日@sonorium(東京・永福町)
 
先週金曜日、田中信正さんとのコンサートが無事終了致しました!
お越しの皆様、本当にどうも有難うございました!
新譜も沢山の方がお求めくださり、本当に嬉しい限りです。
末永くお聴き下されば幸いです。

会場には普段一緒に仕事をしている仲間も来てくれて、本当に嬉しかったです。
それと何と喜多直毅クアルテットのジャケット写真を使わせていただいた小島一郎さん(故人)の奥様もいらして下さり、大感激でした!
また先日出演させて頂いたクラシック専門インターネットラジオ・Ottavaの斎藤茂さんもお越し下さいました。
有難や!

今回のコンサートでは普段喜多直毅クアルテットで行なっている『一時間一本勝負・MC無し』形式を採用。
新譜に収めた曲(未収録曲一曲を含む)をダダダーッ!と連続して聴いて頂きました。
でも勿論『沈黙と咆哮の音楽ドラマ』という雰囲気にはならず、また別の音楽ドラマが生まれたと思います。
そりゃそうですよね、演奏者が違うし、曲目も僕のオリジナルではなくラテン音楽のカバーなのですから違って当然。

ある方(タンゴヴァイオリンの大先輩)は、『喜多クアルテットは白黒の世界だけど、今夜のはオレンジ色でした』と感想をおっしゃいました。
また客席で演奏を聴いていたダンス関係者は、ソノリウムという空間の中での身体の動きや我々奏者の存在の仕方が面白かったと言って下さいました。
成る程〜〜〜、参考になります。

僕は最近演奏中に人形浄瑠璃の人形(女性の方)になりたいという気持ちが生まれることがあります。
何故かは分かりませんが、そう言うヴィジョンが浮かんで仕方がないし、体内に人形のエネルギーを感じる。
実際の演奏も何だかそう言う世界に行ってしまう。
今回は特にそんな欲求を強く感じました。
何なんでしょうね〜、これ。
前世の因縁でしょうか。
かつて僕は人形だったのかも知れません。

で、サウンド面でこのイメージと寄り添うのがやはりプレーンガット弦です。
レコーディングで使用したSavarezという弦は、雑味やノイズ成分が面白いのですが、どうしても音量面で難がある。
余り大きな音が出ないのです。
録音の場合、ポジショニングやマイキング、ミキシングで何とかなりますが、コンサートでは共演者に常にピアニシモを強いてしまう。

そこでCordaと言う弦に変えてみたら、これは今の僕の演奏にピッタリでした。
ちゃんとガット弦の味わいが感じられ、しかも音量も出る。
実は今日アルゼンチンタンゴのリハーサルだったのですが、何とかなりそうな予感…。
これからも使い続けたいと思います。

さて田中さんのデュオでは来月名古屋でも演奏させて頂きます!

出演:喜多直毅(ヴァイオリン)
   田中信正(ピアノ)
日時:2017年8月24日(木)19:00開場/19:30開演
会場gallery feel art zero名古屋
   〒461-0004 愛知県名古屋市東区葵2-3-4三光ビル1F
   052-932-2090
料金:前売り¥3,500/当日¥4,000
ご予約・お問い合わせ:
   ピアノハウスエムエムジー
   090-9941-1921
   pianohouse.mmg@gmail.com
  (お名前と人数、お電話番号をお知らせくださいませ。チケットはございませんので、当日前売り料金にて御精算お願い致します。)

名古屋での演奏は実に久しぶり!
お近くの皆さんには是非聴きにお越し頂きたいと思います。
どうぞ宜しくお願いします!

さて田中さんとの新譜、ネットでもお求め頂けます!
RME Premium Recordings
Ottava セレクトショップ

『Contigo en La Distancia』 ~遠く離れていても~OTTAVA records
¥2,700
OTVA-0014

『Contigo en La Distancia』 ~遠く離れていても~OTTAVA records
¥2,700
OTVA-0014

収録曲
01 Naufrágio ナウフラージオ(難船)
02 Olha Maria オーリャ マリア
03 Soledad 孤独ソレダー
04 Chorinho Pra Ele ショリーニョ プラ エレ
05 Chiquilín de Bachín チキリン デ バチン(バチンの少年)
06 O Voo da Mosca 蚊の飛行
07 Eu the amo エウ チ アモI love you
08 Alfonsina y El Mar アルフォンシーナと海
09 Contigo en La Distancia 遠く離れていても
10 ※Cancion para Mi Guitarra Sola ひとりぼっちの我がギターに捧ぐ歌
※配信版のみのボーナストラック(OTTAVA CDには収録されておりません)

演奏:
喜多直毅(ヴァイオリン)
田中信正(ピアノ)

このアルバム完成を記念して、先月プレス向けのイベントが行われました。
その時の様子がe-onkyo musicのサイトに掲載されています(文章:山本昇さん)。
喜多直毅×田中信正『Contigo en La Distancia 〜遠く離れていても〜』異色のデュオが放つアーティスティックなラテン・ミュージック
是非お読み下さい!

喜多直毅(ヴァイオリン)田中信正(ピアノ)


さてさて歳が明けてから早いものでもう半年以上経ちました。
振り返ると4月からは怒涛の日々でした。
4/15喜多直毅クアルテットのアスピアホール公演、その後すぐ一ヶ月間ドイツでの仕事、帰国して5月下旬に喜多クアルテットの西日本ツアー、6月は喜多クアルテットのレコ発、そして去る7月14日の田中さんとの公演。
他にもこれらと並行して様々なライヴを行いました。

それぞれ決して大規模な公演ではないと思います。
もっと大きなコンサートを数多くしていらっしゃる方もおられ、比較すればホント大した事ないのです。
でも僕の能力からすると、かなりギリギリのところでやって来た感じです。

思えばここ数年の活動は、自分がリーダーとなって好きな共演者と自分のやりたい音楽を行う事が大半となりました。
全てを一からデザインして行くのは、実にやり甲斐があります。
一つの公演を何か“作品”の様に捉えて、仕上げて行く。
全てのライブやコンサートをこんな風に作り上げるのは無理としても、ある意味、僕の理想がここにはあると思います。

しかし自分で全てを作って行く以上、その分一人で行う役割も増えて来る(人任せに出来ない性格)。
作曲やリハーサルに加え、企画制作・宣伝・集客等の準備の殆どを背負いこむ形となり、肝心の音楽づくりやその内容が疎かになる危険も感じました。
そして抱えるプロジェクトが多ければ多いほど、一つ一つを丁寧に作れなくなってくる。
この数ヶ月、忙しい忙しいと言って過ごしてしまいましたが、仕事の波に翻弄されるうちに随分色々な意味での取りこぼしがあったのではないかと思います。
更に言えば、正直、『自分がやりたい音楽って何か』とか『どんな音楽をやりたいのか』と言った根本的な所から、ちょっと離れたところに来てしまった気さえします。
音楽づくりこそ一番重要な仕事なのに!
(実は最近、その事で随分耳の痛い指摘を受けたりもしたのです…。)

まず自分がリスナーとして聴きたい音楽とは?
今この世界に生きている人間の一人として、自分の欲している音楽とは一体どんなであろうか。
(そもそもリスナーである“自分”の耳が、ちゃんと開かれているのか。)
そこに立ち返って、また音楽づくりを始めたい。

そして、これまで聴いた事もない未知の音楽に触れる必要もあると思っています(インプット)。
今の自分の内側に耳を傾けているだけではありきたりのものしか聞こえて来ないようが気がします。


今回の田中さんとのコンサートで、今年上半期の主催公演はひと段落。
今年の夏は故郷の岩手に帰り、八幡平で暫く充電予定。
多分何もしない、思う。
昼は渓流を見に行ったり、夜は星を見たりしたいです。
それと一日中温泉に浸かっていたい。
ホント、夏休みが楽しみです!


その前に!
7月中はまだライヴがございます!

そのうち夏にピッタリのライヴを一つピックアップ!
フラメンコギターの伊藤芳輝さんとの演奏が7/22今週土曜日、雑司が谷のエルチョクロでございます。
吉見征樹さん(タブラ)、平松加奈さん(ヴァイオリン)とのトリオ・“スパニッシュ・コネクション”でお馴染みの伊藤さんですが、この日もフラメンコテイストの熱い音楽をお届けいたします。
お誘い合わせの上、是非お越しください!

喜多直毅(ヴァイオリン)伊藤芳輝(ギター)
喜多直毅(ヴァイオリン)伊藤芳輝(ギター)

 出演:喜多直毅(violin)伊藤芳輝(guitar)
日時:2017年7月22日(土)13:00開場 14:00開演
会場:雑司が谷TangoBarエル・チョクロ
   171-0022東京都豊島区南池袋3-2-8
   03−6912−5539
料金:予約¥4.200 当日¥4,500(共にワンドリンク付き)
予約:03−6912−5539、info@el-choclo.com(エル・チョクロ)
   violin@nkita.net(喜多直毅)

その他、7月の演奏スケジュールはコチラを御覧下さい。
どうぞ宜しくお願い致します!

0 件のコメント: