2015年7月20日月曜日

喜多直毅&黒田京子デュオ東北ツアー:八幡平スペースR


八幡平でのコンサートは馬場リチ子さん(写真中央)所有のスペースRにて行われました。
お客様は普段から合唱をしたりクラシック音楽に親しんでらっしゃる方が多かったので、僕もスーツで決める!

でも演奏はいつも通りキワドク!
服装はよそ行きでも音楽は我々のありのままの姿で。
東京での演奏と何ら変わりありません。
※曲目はツアーを通してセカンドアルバム『愛の讃歌』から選んでいます。

この日は東京からお見えになった方もいらして本当に感謝です!
実際このスペースRは車が必要な場所にありますが、盛岡からレンタカーでお越し下さいました。
地元の方々に楽しんで頂きたいのは勿論ですが、わざわざ東京から来てくださった方にも『気て良かった!』と満足して頂きたい。
我々は常にそう思っております…。

会場を貸して下さった馬場さん、受付や会場設営、CDの販売を手伝って下さった皆さん、本当に有難うございました!

そして…、調律師の只野さん!
どんなピアノでも黒田さんが気持ち良く弾ける様にして下さいます。
勿論、ピアノによっては長時間の整調が必要な場合もありますが、とにかく開演時間ギリギリまで何とか手を尽して下さいます。

調律・整調が素晴らしいと黒田さんが気持ち良く弾ける。
黒田さんが気持ち良く弾けるとそれが僕の演奏にも影響する。
こんな風に、直接ではないけれど、調律師とヴァイオリニストの間にも大事な関係があるのです。

只野さんは前日の盛岡少年院、この日のスペースR、そして翌日の盛岡から登米まで調律をお願いしています。
本当に頼れる方です!

明日はいよいよ僕の故郷・盛岡でのコンサート!
頑張るぜい!