2021年7月5日月曜日

伊藤芳輝さん

Violin喜多直毅+Guitar伊藤芳輝
2017年11月16日船橋市市民文化創造館(きららホール)


ご存知の方も多いかと存じますが、ギタリストの伊藤芳輝さんが天に召されました。

僕がそのことを知ったのは三日前。
以前から病気を患っていらしたのは存じておりましたが、ネットで多くの方が伊藤さんが亡くなったと書いていらしたのを見て本当に他界されたのだと知りました。

伊藤さんと初めてお会いしたのは僕がまだ二十代前半の頃だったかと思います。
四谷三丁目のバーでした。
友人のピアニストが伊藤さんと親しくて、彼女の夜店の仕事(酒場のピアノ弾き)が終わった後、伊藤さんの仕事場のバーに僕を誘ったのです。
伊藤さんは閉店後のバーでギターを取り出し、始発電車までフラメンコやボサノヴァを弾いてくれました。
ジャズやフラメンコや…その他様々な音楽をフュージョンさせて、新しい音楽を作り出す。
そんな人がいるんだなぁ、カッコいいなぁと思いました。

その後、何年もして僕がライヴハウスなどに出るようになり、オリジナル曲を作ったりジャズめいたアドリブ(?)をするようになって、思い切って伊藤さんに一緒に弾いてくださいとお願いしたところ快く引き受けて下さいました。
記憶に間違いがなければ、その場所は大塚のGrecoという小さな店だったと思います。
当時Grecoはまだ二階のバースペースのみで、ウイスキーを飲みながらアットホームな雰囲気の中、間近で演奏を楽しめる大人の空間でした。

このライヴ以降、伊藤さんは色々な仕事に僕を誘ってくださいました。
クッソ生意気でそのくせ演奏は半人前の僕を、です。
伊藤さんの引き合わせによる出会いもありました。
ミュージシャン、お客さん、会場等々。
そして一期一会の“演奏”との出会い。
伊藤さんは日毎夜毎のステージ上の音楽との出会いを作ってくれた先輩演奏家の一人でした。
僕には多くの学びの機会でした。

しかし結局僕はフラメンコのコンパスが分からず仕舞いで、伊藤さんのフラメンコソロやオリジナル曲に合いの手を入れたり同時に終わったりすることが出来ませんでした。
極度のリズム音痴。
いえ、ただの勉強不足で恥いるばかりです。

とにかく、伊藤さんのギターソロは本当に素晴らしかった。
ため息から始まって次第に言葉が増え饒舌になっていく。
やがてどんどんテンポが早くなり、一点に向けて加速していく。
それは猛禽が翼を広げて空に舞い上がる様を思わせました。

伊藤さんは僕のCDにも参加して下さいました。
『兄と妹』というオリジナル曲では素晴らしい演奏をして下さっており、この曲はもはや伊藤さんのギターなしでは成立しないと言って過言ではありません。
全身土埃に塗れた兄と妹が荒野を行く。
不安と悲しみとほんの少しの希望を抱いて太陽に向かって歩き続ける兄妹の姿が、伊藤さんのギターの音に浮かび上がってきます。
これは作曲者としての個人的な印象・感想であって、リスナーに対して『こう聴いて欲しい』という要望ではありません。
しかし描いているものが兄妹の姿であっても、完全に別なものであっても、伊藤さんのギターは胸に何かを喚起させる。
そこが素晴らしいし、演奏家としての実力が無ければどんなファンタジーも聴く人に感じさせられないと思うのです。
(このCDをリリースして、伊藤さんとパーカッションのクリストファー・ハーディさんと岩手県や秋田県でライヴを行ったこともあります。)

その後、何年もして、僕は体調を崩し活動を一時中断しました。
活動再開後は少し伊藤さんと疎遠になってしまいました。
当時僕は自分のバンドの活動や即興演奏に力を注いでおり、音楽性も療養前と大きく変わっていったからです。
しかし伊藤さんがメインとするスパニッシュコネクションの他に別のリーダーバンドやビートルズを演奏する弦楽四重奏団で精力的に活動なさっていることは伝え聞いておりました。
また重い病気に罹りながらもご自身の理想とする音楽を追求し続けている姿を知り、大変心打たれました。

数年前からまた伊藤さんにお声がけして、一緒に演奏していただくようになりました。
伊藤さんからもお誘い頂けたことを今でも嬉しく思っています。
実はここ数ヶ月、また伊藤さんをお誘いして一緒に演奏したいなと思っていたのです。
残念ながらそれは叶いませんでした。

最後にご一緒した時(2020年7月18日)、打ち上げの席で、あることを相談しました。
相談と言うよりも単なる僕の愚痴だったかもしれません。
その頃、僕はあることについて迷い逡巡していたのです。

僕の話を聞いて、「自分が感じていること、それに正直になって羅針盤にしていけば良いんだよ」と伊藤さんは言ってくれました。
もっと違う言い方だったかも知れないけど、僕は以上のように受け取りました。
実は伊藤さんからこんな言葉を頂いたのはこれが初めてだったのです。
仕事や人生の指針のような言葉です。
長年にわたり第一線で活動し続け、重い病と闘いながらそれでも音楽を追求し続けた伊藤さんは、“本当の言葉”をたっぷりお持ちだったに違いありません。
もっと色々なことを相談すれば良かった。

こんなことを言っては大変失礼だし不謹慎かも知れない。
ご遺族や僕よりももっと伊藤さんと親しかった方々もいらっしゃいますし、皆さんの悲しみは想像をはるかに超えるものです。

ただ敢えて申し上げますと、誰かが亡くなると僕は『ちゃんと生きよう』と思う。
まさに襟を正さずにはいられない。
恥ずかしくない生き方をしなければならないし、もっと良い仕事をしなくてはと思う。
齋藤徹さんが亡くなった時もこんなふうに思いました。
人を愛することや苦しみとの闘いを経て一生を全うした方を思う時、やっぱり自分もそんなふうに生きて死にたいと思うものではありませんか?

命は必ず終わる。
しかし残された者たちは死について思う時、己の生き方を見つめ直し、これからの人生に新しい眼差しを向ける。
これはとても尊い。
もしかしたら誰かを見送ることは人生の中でもっとも尊い体験かも知れません。

どうぞ伊藤さんの魂が安らかでありますように。
天国でもギターを奏で、冗談を言い、そして大切な人たちを見守り続けますように。

2021年2月20日土曜日

2/26喜多直毅クアルテット『池袋ネガフィルム』:都市(まち)の心を描きたい。

喜多直毅クアルテット
喜多直毅クアルテット
喜多直毅(作曲・ヴァイオリン)北村聡(バンドネオン)
三枝慎太郎(ピアノ)田辺和弘(コントラバス)
2020年1月24日@公園通りクラシックス(東京)

都市(まち)は人の集合体。都市は思い、考える。

今でこそ若者の間で『東京・住みたい街』ランキングの上位に吉祥寺と並んでその名が上がる池袋。
デパートが二つもあり、ちょっと路地に入ればお洒落なカフェやレストラン。
かつて文士の暮らした洋館、大学には蔦の絡まるチャペル、少し歩くと懐かしさ漂う雑司ヶ谷や鬼子母神の界隈…。

しかし数十年前まではちょっと暗くて怖くていかがわしい雰囲気の漂う街でした。
新宿や渋谷や銀座など東京の主な繁華街の中、上野と同様にいつまでも戦後とか昭和が抜け切らず、それが一種の『垢抜けなさ』を醸し出していたのかも知れません。
しかしそこが強烈な魅力でもありました。

池袋東口を背にして真っ直ぐ歩く。
すると東池袋のあたりにはボロボロの住宅やアパートが立ち並んでいました。
バラックのような長屋もあったと記憶しています。
平成を迎えた、僕が大学生の頃です。
その街並みはもう一部分を残してほぼ消滅してしまいました。

昔、『巣鴨の母』という映画を見ました。
戦犯容疑をかけられた息子とその老母の物語です。
老母が巣鴨拘置所(現在のサンシャイン池袋)へとぼとぼと歩いて行くシーンがあり、大変印象に残っています。
そこは荒涼とした埃っぽい道。
今の池袋からは想像も出来ません。
実際、戦犯として捉えられた家族・友人・恋人に会うために、何人もの人があの風景の中を歩いたのだと思います。

池袋に限らず、都市というものはどんどん変わっていきます。
しかしここで順序を逆に考えてみたい。
都市が変わったのではなく、人々が変わったのだと。
人々の考え方、生き方、行動が変化して、都市の様子が変わった。
至極当然、何を今更。
当たり前と言えば当たり前ですが、僕にとっては何だか新鮮な発想の順序でした。

では、池袋という都市は、人々の生き様やその移り変わりをどのように見て考えて来たのか。
人々の変化に何を思い感じて来たのだろうか。
そのような問いが新たに生まれました。

その問いに一つの答えを見つけるために、喜多クアルテットの音楽を用いたいと思います。
これまでこのグループでは、潮流というものに流されず、社会や人間のテーマを内包する音楽作りを貫いて来ました。
フランスのシャンソンには『現実派シャンソン chanteuses réalistes』というカテゴリーがあるそうですが、喜多クアルテットの音楽も無理矢理そこに入れさせて頂きたいと思います。
生きるための格闘、善悪の境界、暗い熱情、彷徨者。
そういったものを音楽を通して描いて来ましたが、今回も戦後の巷の『熱を帯びた灰色』のイメージにフィットする音楽が出来るのではないかと思っています。
それがまさに池袋が見つめてきた人々の姿でもあるはずです。

現代の華やかな池袋を皆さん、ご存知です。
『住みたい街ランキング』のトップにも輝く池袋。
そこに喜多クアルテットの音楽を響かせてみたい。

立ち現れるものは?

若者たちがショッピングを楽しむ通りにはかつて闇市が立ち並び、生きることに必死の人たちが押し合いへし合いしていた。
デートの待ち合わせをしている駅の階段。
そこには戦災孤児や傷痍軍人が虚な眼をして座り込んでいた。
勤め帰りのサラリーマン達が向かう風俗街には、かつて街灯の下たたずむ未亡人達がいた。
昔、春をひさぐ女たちは『こんな女に誰がした』と歌いました。
現代の女性達は何と歌うでしょう。

お越しの皆さんが今回の演奏を聴いて、脳裏に現代の池袋の上に戦後昭和の池袋をセロファンのように重ねて下さると幸いです。
そして歳月の中、行き交う人々と彼・彼女を見守り続ける“都市の心”を思いめぐらせていただければ大変嬉しく思います。
過去と現在を思うとき、必然的に未来も想像できると思います。
コロナ禍ですっかり様変わりした現代の日本社会。
その中でこの公演を行うことにも、また一つの意義があるように感じてなりません。

皆さん、2/26はどうぞ池袋へお越しください!

喜多直毅クアルテット『池袋ネガフィルム』 ~戦後昭和の残像~ オリジナルタンゴで描く都市(まち)のカオスと孤独
喜多直毅クアルテット『池袋ネガフィルム』 ~戦後昭和の残像~
オリジナルタンゴで描く都市(まち)のカオスと孤独
2021年2月26日
としま区民センター


喜多直毅クアルテット
『池袋ネガフィルム』 ~戦後昭和の残像~ 
オリジナルタンゴで描く都市(まち)のカオスと孤独

出演:喜多直毅(作曲・ヴァイオリン)
   北村聡(バンドネオン)
   三枝伸太郎(ピアノ)
   田辺和弘(コントラバス)
内容:タンゴを土台としたオリジナル楽曲

日時:2021年2月26日(金) 18:00開場/18:30開演/19:45頃終演予定
   〒170-0013東京都豊島区東池袋1-20-10
   JR線・東京メトロ・西武池袋線・東武東上線「池袋駅」東口32番出口より徒歩7分

料金:予約/当日共に¥4,000


◉オンライン予約/支払/受取方法

* 公演のご案内画面にある「チケット取扱い」をご参照ください。
◎支払・受取方法
1. クレジットにて支払い後、当日公演会場のチケット窓口、またはセブン-イレブンにてお引取り。
2. セブン-イレブンにて支払い、お受け取り。
3. としまチケットセンターにてお支払い、お受け取り。
※ セブン-イレブンでの支払/受取には別途手数料が発生します。

◉電話予約
としまチケットセンター 0570-056-777 (10時から17時 臨時休業あり)
* 電話予約のお客様は、としまチケットセンター、またはセブン-イレブンにてお支払い、お受け取りとなります。

◉チケット取り扱い窓口のご案内
としまチケットセンター(としま区民センター内)
・1F としまチケットセンター
・3F としま区民センター窓口
・4F 財団事務所

企画制作:雑司ヶ谷TANGO BAR エル・チョクロ
主催:公益財団法人としま未来文化財団 
共催:豊島区

◉チケット取り扱い窓口のご案内
としまチケットセンター(としま区民センター1F)
10:00~19:00・臨時休業あり
 
企画制作:雑司ヶ谷TANGO BAR エル・チョクロ
主催:公益財団法人としま未来文化財団 
共催:豊島区

【公演に関するお問い合わせ】
◎雑司ヶ谷TANGO BAR エル・チョクロ 
TEL: 090-7739-0777
◎としま未来文化財団 事業企画グループ 
TEL: 03-3590-7118(平日10:00~17:00)

2021年1月27日水曜日

2/2(火)はviolin喜多直毅/cello翠川敬基/contrabass西嶋徹による即興弦楽トリオ。

 年が開けてまだまだ一月…と思っていたらもう二月も直ぐそこ。

もう少し一月にやるべきことがあった気がしますが、コロナコロナの毎日で忘れてしまいました。

それにしても自民党政府に対しては腹が立つばかり。
主にTwitterやYouTubeでニュースを見ているのですが、菅・麻生・二階のトリオは本当に酷いと思っています。

実は先日チョコレートを食べていたらいきなり奥歯が折れたのです。
最初は詰め物が取れたのかと思いました。
歯医者に行って診てもらったら、詰め物が取れたのではなく折れていると言われました。
折れた原因は“歯軋り”だそうです。
当たり前だけど、歯軋りなんて寝てる最中の行いですから、全く無意識に歯を食いしばっているわけです。
でもこの歯軋りきっと自民党政権に対する怒りが原因だと思っています。

さて菅・麻生・二階は悪いトリオですが、今日は良いトリオのライヴのお知らせ。

2/2(火)、西荻窪・音や金時にてチェロの翠川敬基さん、コントラバスの西嶋徹さんと三人で即興演奏のライヴをおこないます。
お二方とはヴァイオリン+チェロ、ヴァイオリン+コントラバスというデュオで演奏を重ねて来ました。
共に擦弦楽器にデュオですが、同属楽器の魅力がたっぷりです。
そして翠川さん、西嶋さんの素晴らしい表現力に支えられ、小さな楽器・ヴァイオリンも歓び囀ると言った感じ。

ヨーロッパでは割と良く聴くことの出来る即興弦楽アンサンブル。
正確無比な技術と楽器の可能性を究極まで追求した演奏。
僕が知っている欧州のアンサンブルは、まさにそんな印象です。

しかしこのトリオでは全く違った音楽が生まれると思っています。
そうでなければやる意味がない。
響き合う弦の豊穣さを味わいに是非お越しください!

出演:喜多直毅(ヴァイオリン)
   翠川敬基(チェロ)
   西嶋徹(コントラバス)
内容:即興演奏

日時:2021年2月2日(火)17:30開場/18:00開演
会場:音や金時(西荻窪)
   東京都杉並区西荻北2-2-14喜志コーポB1
   03-5382-2020

料金:¥2,700+オーダー(飲み物)※フードの提供はございません。
※15名様限定です。お申し込みの際は《代表者氏名》《人数》《連絡先電話番号》を必ずお書き下さい。



2021年1月25日月曜日

1/30(土)は金宜伸さん(ダンス)立岩潤三さん(パーカッション)と即興パフォーマンス@Cafe MURIWUI

Trikord
Trikord:
金宜伸(ダンス)喜多直毅(ヴァイオリン)立岩潤三(パーカッション)

皆さん、こんばんは。

東京は寒い日が何日か続きました。
お住まいの地域はいかがでしょうか?
今年は北陸を中心に大雪のところが多いですよね。
僕も北国生まれですが、子供の頃はカマクラを作って遊んだりミニスキーを履いて学校に行ったのを思い出します。
温暖化のせいで故郷も雪が少なくなり、今はただの寒いだけの場所。

さて1/30(土)はTrikordというグループで即興パフォーマンスを行います。
会場は祖師ヶ谷大蔵のCafe MURIWUI。
メンバーはダンスの金宜伸さん、パーカッションの立岩潤三さん、そして僕(ヴァイオリン)です。



TrikordのPVです。
一番最後の告知は昨年のものです。
ご注意ください!

さて、もう遠い昔のことのように感じられますが、一時期ベリーダンスの伴奏の仕事を良くやっていました。
ライヴハウスやクラブっぽいところ、カフェ、バーなどで。
そんな仕事で出会ったのが金さんと立岩さん。
金さんはベリーダンスが出自ですが、自身のルーツとも言える韓国伝統舞踊の動きも活かした表現を追求しています。
立岩さんは本当に守備範囲が広く、プログレ、インド音楽、アラブ音楽、ヨーロッパの中世の音楽等々、様々なフィールドでその才能を活かしていらっしゃいます。

僕はもうベリーダンスの仕事をすることもなくなり、そういった現場で金さんや立岩さんとご一緒する機会はありません。
アラブ音楽の演奏も一年に一回、毎年恒例の年末のファルハのライヴくらいです。
(ファルハ=ウード奏者の常味裕司さんの楽団)

しかし何だか金さんと立岩さんとはもう十年くらい不定期でTrikordをやっています。
十年と言っても年一回のペースなのですが…。
久しぶりに会うとお互いの変化が分かって面白いし、変化していなくてもそれはそれで面白い。
とにかくステージでは三人三様の立ち位置で即興パフォーマンスを繰り広げます。

このトリオでは僕は殆どアラブ的なことは弾きません(弾けない)。
でもいつもの自分でいても全く違和感がないし、他の二人もアラブ音楽が!とかオリエンタルダンス(ベリーダンスのこと)が!という人たちでもない。
『こうでなきゃだめ』ってのがない。
何だかボーダーのない砂漠を自由に漂っているようで面白いです。

思えば東京の音楽シーンは縦割りで、村と村の繋がりが希薄。
案外お客さんもそういう傾向があったりする。
それはそれで良いのです。
そっちの方が面白いことだってある。

でもたまに漂ってみると自分が絶対こうだと思っていることが決して絶対ではないし、ただ国境を超えても変わらぬ価値観があると分かったり、知らないことを憶えたりする。
これは一昨年からデュオをやり始めたピアノの照内央晴さんとの関係にも言えること。
(とても良いデュオに育っています。)

そんなわけで、1/30はぜひTrikordのパフォーマンスへお越しください!
コロナ感染拡大防止対策として窓を開け放って公演を行うかも知れません。
ぜひ暖かい服装でお出かけください。
お待ちしています!

出演:Trikord
   キムウイシン(dance)
   喜多直毅(violin)
   立岩潤三(percussion)
内容:即興パフォーマンス

日時:2021年1月30日(土)17:30開場/18:00開演
会場:カフェムリウイ(祖師谷大蔵)
   東京都世田谷区祖師谷4-1-22-3F

料金:ご予約のみ¥3,500+1drink order(限定15名)
予約:violin@nkita.net(喜多)
※メールタイトルは「トリコルド」、メール本文に《代表者氏名》《人数》《連絡先電話番号》を必ずご記入の上、お申し込み下さい。

<コロナ対策について>
本公演では感染防止対策として換気、会場入り口での手指の消毒、検温を実施いたします。感染の状況によってはやむを得ず公演を中止する場合があります。また、お客様にはマスクの着用や咳エチケット等にご協力いただきますよう、お願い申し上げます。