2019年4月1日月曜日

部屋に現れた男の霊、今週土曜日(4/6)は田中信正さん(Pf)と雑司ヶ谷エルチョクロでライヴ!!!

あれはいつ頃だったか、15年くらい前だったかと思います。
もしかしたらそれ以上前かも。
僕は荒んだ暮らしをしており精神状態も悪く、毎日イライラして過ごしていました。

そんな精神状態を反映してか家の中は雑然としてモノが溢れ、決して快適な住まいとは言えませんでした。
不思議なことに頻繁に玄関の照明の電球が切れたり、買ったばかりの電化製品が壊れたりしました。
大嫌いなゴキブリもクモも出ました。
(今同じ部屋に住んでいますが、電気は切れないし虫も出ません。)

ある晩、寝室で寝ていたらパッと突然目が覚めました。
普通目が醒める時って眠りからモヤモヤッと現実の世界に戻って来る感じですよね。
目覚めた後も多少ボーッとしていたり眠気が残っていたりする。
ところがその時は違っていて、まるで今まで起きていたかのように目が覚めたのです。
突然目がパチッと開いた感じです。
あんな事は初めてでした。

普通にベッドに横になっていましたが身体が動かない。
いわゆる金縛りです。
でも首だけは何とか動かすことが出来ました。
ふと横を向くと、暗闇の中、そこに一人の男が立っていました。

身長が低く、瘦せぎす、肌は土気色、頬はげっそりとこけていました。
髪型は短いパンチパーマ。
服装はヤンキーが良く着ているナイロン生地のスウェットの上下です。
ニッセンの通販で売っているようなやつ。
そんな見た目の男が全身薄紫の弱い光に包まれて立っていました。
目はどこを見るでもなし、虚空を見つめている。

「わぁ、霊ってこんなふうに見えるんだなぁ」
少しも恐怖を感じることなく、男の姿を観察していました。
すると頭の中にその男からのメッセージが流れ込んできました。
メッセージといっても「俺はこの近くで30年前に刺されて死んだ」という情報が入ってきた感じ。
なぜウチに勝手に入ってきたのかの情報は何も無し。

男はしばらくベッドの横に立っていましたが、次第にゆっくりと滑るようにキッチンの方へ移動して行きました。
普通に歩いたら上下に体が動きますが、完全に水平移動。
そして電子レンジの前で少しずつ向きを変えながら、霧が失せるように消えて行きました。
ホログラムを見てるみたいでした。

あれから紆余曲折。
生き方にも暮らし方にも考え方にも変化があり、同じ部屋に住んでいても霊は見ていません。
たまに怖い空気が部屋に充満することがありますが、そういう時は不動明王真言や賛美歌をかけています。
それと霊は生きている人間の性エネルギーには勝てないので、エロサイトの動画を再生したりしています。
霊に脅かされることもなくなりめでたしめでたし。


さて今週土曜日は素晴らしいピアニスト・田中信正さんと雑司ヶ谷のエルチョクロでライヴがあります。
このデュオではラテン音楽の暗めの曲をピックアップして演奏しています。
(僕の演奏する曲は暗いのが多くて恐縮です。)
皆さん、ぜひお越しください!

喜多直毅(ヴァイオリン)田中信正(ピアノ)
喜多直毅(ヴァイオリン)田中信正(ピアノ)
2017年8月24日@gallery feel art zero(名古屋)

出演:喜多直毅(ヴァイオリン)
   田中信正(ピアノ)
内容:ラテン音楽、etc.

日時:2019年4月6日(土)14:00開場 15:00開演
会場:雑司が谷TANGO BAR エル・チョクロ
   〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-2-8
   03-6912-5539

料金:ご予約¥3,500 当日¥3,800
予約・問合せ:エル・チョクロ
   03-6912-5539/info@el-choclo.com
   violin@nkita.net(喜多)


先日、上野公園と千鳥ヶ淵で花見をしてきました。
上野公園の桜のファンの皆さん、ごめんなさい。
僕はやっぱり千鳥ヶ淵の方が好きです。
何だか格が違う気がする…。
上野は桜を見るところではなく、酔っ払いを観察するところです!

これは上野公園。平日昼間だというのに物凄い人出!酔っ払いはまだいませんでした。
桜の花、本当に良いなぁ。桜湯って美味しいですよね。
千鳥ヶ淵の夜桜。日本人に生まれて良かった!と思いましたが外国人の方も沢山。
皆んなに見て欲しい桜の美しさでした!

0 件のコメント: