2019年7月4日木曜日

7月7日(日)は雑司が谷エルチョクロで喜多直毅&レオナルド・ブラーボ

2018年8月25日喜多直毅(ヴァイオリン)レオナルド・ブラーボ(ギター) 雑司が谷エルチョクロ
2018年8月25日喜多直毅(ヴァイオリン)レオナルド・ブラーボ(ギター)
雑司が谷エルチョクロ

七夕の日の午後、レオナルド・ブラーボさんとのデュオライヴを行います。
会場は雑司が谷エル・チョクロ。
時間は14:00開場15:00開演です。
(まだお席に余裕がございますのでどうぞお誘い合わせの上お越し下さい!)

ブラーボさんとのデュオライヴはもう3回目になりますが、初めてお会いしたのはもう10年以上前かも知れません。
小松亮太さん(バンドネオン)、そしてつい先日共に作ったデュオアルバムをリリースしたばかりの西嶋徹さん(コントラバス)とのクアルテットで全国各地でコンサートを行いました。
何とYouTubeに大阪で行った10年前の演奏の動画がありました!(バンドネオンは早川純さん、コントラバスは田中伸司さんです。)


それから暫くブランクがあり、昨年こちらからお声がけして久々の共演につながりました。

ブラーボさんは素晴らしいところはやはり音色の美しさと、そして響きのコントロールが巧みなところだと思います。
ブラーボさんとのデュオの為に僕も安いギターを買って下手なりに弾いたりしてみたのですが、ギターの魅力とは弾いた音そのものだけではなく、弾いた後の残響をどう処理するのかにもあったんですね!
弾いた後の残響を残しつつ次の音を弾くことによって、そこに音のレイヤーが生まれるのです。
特にブラーボさんのギターソロを聴いていてその美しさと面白さに気づきました。
こんなふうに気付かせてくれるブラーボさん、やはり凄い人です。

7/7はピアソラ作品『忘却』や定番『タンゴの歴史』の他、僕が編曲をさせて頂いた『カミニート』や『ロス・マレアドス』、『パロミータ・ブランカ』も演奏予定です。
タンゴの好きな方、ピアソラの好きな方、ギターファンの皆さん、きっとお楽しみ頂ける内容になると思います。
前回も前々回も大好評でしたので、是非お越し下さい!
どうぞよろしくお願いします!

【7/7(日)喜多直毅(ヴァイオリン)レオナルド・ブラーボ(ギター)】
出演:喜多直毅(ヴァイオリン)
   レオナルド・ブラーボ(ギター)
内容:アストル・ピアソラ作品、古典タンゴ、etc.
日時:2019年7月7日(日)14:00開場/15:00開演
会場:雑司が谷TANGO BAR エル・チョク
   〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-2-8
   03-6912-5539
料金:ご予約¥3,500 当日¥3,800
予約・問合せ:エル・チョクロ
   03-6912-5539/info@el-choclo.com
   violin@nkita.net(喜多)

0 件のコメント: