2019年9月23日月曜日

今週金曜日(9/27)は初顔合わせによる即興トリオ!!!

元井美智子(箏)喜多直毅(ヴァイオリン)西嶋徹(コントラバス)
左から:元井美智子(箏)喜多直毅(ヴァイオリン)西嶋徹(コントラバス)

即興演奏というものはやればやるほど奥の深いもの。
自分の身体や呼吸、その時の精神状態が如実に現れ、面白いと同時に恐ろしくもあります。

さて何のために即興演奏をするのか?
なぜ即興演奏でなければならないのか?

即興演奏でなければならないなんてことはありません。
僕も色々な音楽をやっていますが、弾いていて・聴いていて『これは素晴らしい』と思えるものには別次元の時間が流れている。
この緊迫感。
まるで音楽の誕生から死にまで立ち会うかのよう。
そしてその一生が人ごとではなく、自分のことのように感じられる。

その音楽は「綺麗、うっとり」とか「絆って大事」とか「死ぬほど愛してる」とかではなくて(それも良いのですが)、もう少し違うところにある。
そういう世俗的な感じではなく、“自然”みたいなものかなと思います。

美しい花を咲かせて見せてくれたり、美味しい水を岩の隙間から出してくれたり、美味しい野菜や果物を育ててくれる。
絶景と呼ぶべき晴らしい景色も自然が作ってくれたもの。
海の中の色とりどりの魚、姿の美しい鳥達を見ると自然がいかに素晴らしいデザイナーか分かるし、虫の擬態や共生関係について調べるとそのプログラムの見事さに言葉を失うほどです。
また海岸を黄昏色に染めて彼氏or彼女とのアバンチュールを演出してくれるのも自然。
土砂降りの雨を降らせて恋人に振られるシーンをより惨めに演出してくれるのも自然です。

それと同時に猛威をふるって多くの人を死なせてしまったりする。
津波とか台風とか地震とか。
「わぁ可愛い子グマ!」「プーさんみたい!」「ハチミツ食べるかな」も数ヶ月経つと、口の周りに鮮血を滴らせて登山客の臓物を貪っていたりするのです。
でもそれも自然の与えた本能だから仕方ありません。

人間の都合とか善悪とかを超えたところにあって、四季折々の美しさを見せたり、弱肉強食の営みを司ったりしているもの。
美しくて残酷、それが自然です。
しかし自然の側からすると、自分が美しいとも残酷とも思っていないのです。
というか『思う』こともないのです。

良い音楽を聴くと『美しい』とか『面白い』とかと同様に背筋がゾクゾクして『怖い』と思う。
それは人間がまだ裸で暮らしていた頃、自然に対して抱いていた畏怖に近いものかも知れません。
現代のように人間が自然と対立するものではなく、自然の中の一部だった頃の話です。

太古の昔、人類には自然に抗うすべもコントロールするすべもなかった。
しかし人間達は自然の恵みに感謝し、恐ろしい猛獣を神と崇めた。
黄泉の国をまだ信じていた。
原始的な宗教の始まり。
宗教儀式には音楽がつきものだった…。

この感覚を音楽に感じると何かが騒ぎ出します。
遺伝子でしょうか。
もちろん他のどんな音楽でも良いのですが、僕の中ではこの原始の記憶に一番肉薄できるのが即興演奏なのです。

金曜日に行う即興演奏のライヴは箏の元井美智子さん、コントラバスの西嶋徹さんとお届けします。
二人ともそれぞれバックグラウンドとなる音楽を大切にしつつ、なおかつ自由な感覚を持っていらっしゃいます。
これまで元井さん+喜多、西嶋さん+喜多のデュオで別々にライヴを行ってきましたが、今回は初のトリオ演奏。
デュオがトリオになるとガラッとそれぞれの演奏が変わったりしますので、ぜひ楽しみにお越しいただきたいと思います。

喜多直毅(ヴァイオリン)元井美智子(箏)
喜多直毅(ヴァイオリン)元井美智子(箏)

喜多直毅(ヴァイオリン)西嶋徹(コントラバス)
喜多直毅(ヴァイオリン)西嶋徹(コントラバス)

出演:喜多直毅(ヴァイオリン)
   元井美智子(箏)
   西嶋徹(コントラバス)
内容:即興演奏、他

日時:2019年9月27日(金)19:00開場/19:30開演
会場:松本弦楽器(代々木)
   東京都渋谷区千駄ヶ谷5-28-10
   ドルミ第二御苑804号室
   03-3352-9892(場所の問い合わせのみ受け付け)
   
料金:予約3,500円/当日4,000円
ご予約・お問い合わせ:violin@nkita.net(喜多)
※12名様限定です。ご予約はお早めに!
※お申し込みの際は《代表者氏名》《人数》《連絡先電話番号》を必ずお書き下さい。
※19:30でメインエントランスの鍵が閉まります。遅刻にご注意下さい。

0 件のコメント: