2019年6月10日月曜日

6/27(木)喜多直毅ヴァイオリンソロリサイタルの準備/ライヴのお知らせ

6/27のヴァイオリンソロリサイタルが刻々と迫っています。
わーーー、大変だ。
今、その準備中。

今回は全てオリジナル楽曲を演奏しようと思っています。
オリジナルと言えば最近は喜多直毅クアルテットにしか書いていませんので、四重奏の曲をヴァイオリンソロに直さなくてはなりません。
全ての楽譜を見ながら『ここは一人で出来る』『ここは一人では無理』と出来そうな部分を抜き出して、何とか対策を練っています。

そもそも僕は和音志向で、旋律のみで成り立つ楽曲作りをして来ませんでした。
ピアノやバンドネオンにどれほど頼っていたことか。
そして和音志向に加えて重低音志向なのです。
しかもクラスター(音塊)好き。
ピアノの左手やコントラバスにも思い切り頼って来たのでした。

ヴァイオリン一本で演奏するとなると、これらのフェイバリットサウンドを全て奪われてしまう。
単旋律だけになってしまう。
寂しい。

いいえ、きっとここに何か発見があるかも知れません。
それはメロディの強さかも。
そしてヴァイオリンの音そのもの。
こんなに音色を変化させられて、まるで人の声のように情感を出せる楽器はない。
このリサイタルをキッカケに是非何かを掴めたらと思います。

それと一人で自分の曲のみを演奏するリサイタルを前からやってみたかったのです。
これは本当のモノローグ。

先月、これまで書きためた“歌”を自分で歌うライヴを行いました。
シンガーソングライターデビューです。
その時ステージに立って歌ってみてとても『恥ずかしい』と思ったのです。
恥ずかしいと言っても人前で歌って緊張したとかあがったと言う意味ではありません。
自分の気持ちや思いを言葉にして人前で歌うことが恥ずかしかったのです。

それは普段自分が心の奥底で思っていることや感じていることを公衆の面前で披露すること。
内面の醜いところも弱いところも晒すような感覚でした。
そして人前で真っ裸になるような感覚でもありました。
(シンガーソングライターの皆さんは常日頃からこうした思いをしているのですね。道理で度胸があるはずだ。)

これは相当恥ずかしい。
しかしふと思ったのです。
自分がヴァイオリンを弾くことも同じではないかと。
楽器を弾くことに慣れてしまっているからかも知れませんが、普段この恥ずかしさは全く感じません。
でも自分の心の奥底が実はしっかりと音になって客席に伝わっており、ある人には嘘も虚飾も見破られているのではないか???
実はシンガーソングライター同様、ヴァイオリン演奏も真っ裸になることなんじゃないかと思いました。

ヴァイオリンソロ。
とても恥ずかしいことになりそうですが、恥ずかしくて何ぼ。
間違わずに上手に弾くことではなく、何か別な取り組み方が出来たら自分の音楽活動もこれから少し変わると思います。

皆さん、どうぞお越しください!

喜多直毅 Naoki Kita
2017年8月24日
gallery feel art zero(名古屋)にて

出演:喜多直毅(ヴァイオリン)
内容:オリジナル作品、即興演奏、他

日時:2019年6月27日(木)19:00/19:30
会場:ソノリウム(永福町)
   168-0063 東京都杉並区和泉3-53-16 
   TEL 03-6768-3000
   京王井の頭線 永福町駅下車(北口) 徒歩7分 
   東京メトロ丸の内分岐線 方南町駅下車 徒歩10分

料金:予約¥3,000/当日¥3,500

ご予約/お問い合わせ
◾︎メール:violin@nkita.net
※メールタイトルは「喜多ソロ」、メール本文に《代表者氏名》《人数》《連絡先電話番号》を 必ずご記入の上、お申し込み下さい。

◉ ご予約に際しての注意事項
・ご予約の締め切りは公演前日6月26日深夜12:00までとさせて頂きます。
・10歳以下のお子様のご入場はお断りする場合がございます。

主催・企画制作:喜多直毅
制作アシスタント:山本悦子
協力:齋藤真妃

実は今週水曜日からヨーロッパです。
チューリヒで即興演奏のライヴ、マドリッドでMATHEMATICS AND COMPUTATION IN MUSIC 2019というイベントで演奏します。
滞在先でソロリサイタルの編曲をしなければなりません。
初めてのスペインなのに闘牛も見られない、パエリアも食えない…。
でもこの期間に編曲を終えないと大変なことになる。
頑張るぜい!

ソロリサイタルの後はアルゼンチンタンゴのライヴが二本。
6/30喜多直毅タンゴトリオ、そして7/7喜多直毅&レオナルド・ブラーボデュオです。
ブラーボさんとのデュオはピアソラ多めかと思います。
タンゴファンの皆さんも、そうでない方も(?)ぜひお越しください!

【6/30(日)喜多直毅タンゴトリオ】

喜多直毅(vln)タンゴトリオ w/北村聡(bandoneon)松永裕平(piano)
喜多直毅(vln)タンゴトリオ w/北村聡(bandoneon)松永裕平(piano)
2019年2月14日
松本弦楽器(東京・代々木)

出演:喜多直毅(ヴァイオリン)
   北村聡(バンドネオン)
   松永裕平(ピアノ)
内容:アルゼンチンタンゴ
   ロマンティックでメロディの美しいタンゴのスタンダードを中心に演奏します。
日時:2019年6月30日(日)14:00開場/15:00開演
会場:雑司が谷TANGO BAR エル・チョクロ
   〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-2-8
   03-6912-5539
料金:ご予約¥4,000 当日¥4,500
学割(30歳まで)ご予約¥1,500 当日¥2,000
予約・問合せ:エル・チョクロ
   03-6912-5539/info@el-choclo.com
   violin@nkita.net(喜多)


【7/7(日)喜多直毅(ヴァイオリン)レオナルド・ブラーボ(ギター)】

喜多直毅(violin)Leonardo Bravo(guitar)
喜多直毅(violin)Leonardo Bravo(guitar)
2019年2月17日
雑司が谷TangoBarエル・チョクロ

出演:喜多直毅(ヴァイオリン)
   レオナルド・ブラーボ(ギター)
内容:アストル・ピアソラ作品、古典タンゴ、etc.
日時:2019年7月7日(日)14:00開場/15:00開演
会場:雑司が谷TANGO BAR エル・チョクロ
   〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-2-8
   03-6912-5539
料金:ご予約¥3,500 当日¥3,800
予約・問合せ:エル・チョクロ
   03-6912-5539/info@el-choclo.com
   violin@nkita.net(喜多)

皆さん、どうぞ宜しくお願いします!

喜多カル楽譜
絶対にヴァイオリンソロ用に書き換えられない喜多クアルテットの楽譜達。

0 件のコメント: