2017年9月16日土曜日

10月21日(土)22日(日)喜多直毅クアルテット二日連続公演『無慚』・ご予約受付中!!!

喜多直毅クアルテット:喜多直毅(vln)北村聡(bn)三枝伸太郎(pf)田辺和弘(cb)
喜多直毅クアルテット
喜多直毅(音楽とヴァイオリン)、北村聡(バンドネオン)、
三枝伸太郎(ピアノ)、田辺和弘(コントラバス)
写真:山口敦
2017年6月10日求道会館(東京・本郷)

皆さん、こんにちは。
いよいよ今年最後の喜多直毅クアルテット公演です!
暫くぶりの公園通りクラシックスでの演奏。
至近距離で迫力あふれる演奏をお楽しみ頂けます!

昨年から今年のCDリリースまで、ちょっと大きめの会場でのライヴを暫く続けて来ました。
毎回多くのお客様に足を運んで頂き感謝しておりますが、ここでちょっと初心に戻りたくなりました。
2ndアルバム『Winter in a Vision 2』は一つの区切り
原点に立ち返りつつ、しかし何か新しい感覚も取り入れた上でこのライブを行えたらと思います。

ちょっと古いレパートリーも演奏するかもしれません。
しかしもちろん新曲もあり!
どうぞお誘い合わせの上お越しください!

タイトルは『無慚』!!!

【喜多直毅クアルテット2日連続公演】
無慚 ~沈黙と咆哮の音楽ドラマ~


喜多直毅クアルテット:喜多直毅(vln)北村聡(bn)三枝伸太郎(pf)田辺和弘(cb)
喜多直毅クアルテット『無慚』~沈黙と咆哮の音楽ドラマ~
2017年10月21日(土)22日(日)二日間連続公演
@公園通りクラシックス(渋谷)
写真:山口敦、デザイン:山田真介


【喜多直毅クアルテット】
2011年、ヴァイオリニスト喜多直毅によって結成された四重奏団。演奏される楽曲は全て喜多のオリジナル作品であり、その出自とも言うべきアルゼンチンタンゴからフリージャズ、即興演奏、現代音楽まで、様々な要素を呑み込んで再構築された、比類なき音楽である。ロシア音楽を彷彿とさせる濃厚な旋律と共に、日本の伝統音楽に通ずる“間”の感覚を併せ持った彼らの音楽は、その深い精神性を高く評価されている。
4人のメンバーはそれぞれの楽器における国内屈指のタンゴ奏者と目されつつ、圧倒的な実力により、ジャンルを超えてシーンの最先端で活躍している。この4人においてこそ実現する超絶なる表現が、聴衆の気魂を揺さぶり“ドゥエンデ(Duende)”を呼び醒ます。

◉出演:喜多直毅(音楽とヴァイオリン)
    北村聡(バンドネオン)
    三枝伸太郎(ピアノ)
    田辺和弘(コントラバス)
◉内容:喜多直毅オリジナル作品

◉日時:
2017年10月21日(土)、10月22日(日)
14時30分開場/15時開演(両日とも)
※二日とも異なるプログラムでお届けします。

◉会場:
   公園通りクラシックス(渋谷)
   〒150-0042東京都渋谷区宇田川町19-5
   東京山手教会B1F
   03-6310-8871
   ※JR・東京メトロ・東急線・京王井の頭線渋谷駅下車徒歩8分

◉料金 
・どちらか一日分のご予約 ¥4,000 
・二日連続予約 ¥7,000(10月21日(土)のご来場時に¥4,000、翌10月22日(日)に¥3,000を申し受けます。)
・当日(両日とも)¥4,500 

◉ ご予約に際しての注意事項 
・二日連続予約は10月20日までにお願い致します。 
・10月21日に翌日10月22日のご予約を頂いた場合は¥4,000を申し受けます。
・小学生以下のお子様のご入場はお断りする場合がございます。

◉メール予約アドレス:violin@nkita.net
 電話予約:03-6310-8871(公園通りクラシックス)
※メールタイトルは「喜多クアルテット10月予約」、メール本文に《代表者氏名》《人数》《連絡先電話番号》《予約日》を 必ずご記入の上、お申し込み下さい。

◉Web予約フォーム
10月21日(土)
10月22日(日)


主催/企画制作:喜多直毅
協力:山本悦子
フライヤー:山口敦(写真)、山田真介(デザイン)

喜多直毅クアルテット

0 件のコメント: