2016年1月1日金曜日

うたをさがしてトリオツアー・12/19日本キリスト教団福山東教会(広島県福山市)

喜多直毅, Naoki Kita
写真:南谷洋策さん

うたをさがしてトリオ、福山公演!
長い長い道のりの最終地です。
全ては車移動ですが、僕はあいにく運転免許を持っていません。
って事で座席で寝たり起きたり。

この日の会場は日本キリスト教団福山東教会。
教会と言っても響きの良い場所もあればそうでもない場所もあります。
しかしこちらは期待通りの良い響き!
こーなりゃバッハを弾くしかない!
早速シャコンヌの練習をしました。

喜多直毅, Naoki Kita
教会でシャコンヌ。気持ち良い響き!
写真:野田しげおさん

主催の野田さんはクラシック音楽の他、様々なコンサートを開いていらっしゃり、中にはかなり硬派なプログラムもある。
例えばバロック・ヴァイオリンの寺神戸亮さんのコンサートなど。
そんな耳の肥えた野田さんにお聴かせするのは恥ずかしかったのですが、拍手をして下さって嬉しかったです!

客席では演奏の響きがどう聴こえていたか興味津々。
リハーサルで徹さんがコントラバスを弾いているのを客席で聴いていたのですが、前方から発せられている音が真横からも聞こえたのです。
面白い!
※同じようなことが東京オペラシティ内の近江楽堂でもあって、こちらは前方で鳴った音が真後ろから聞こえたりします。

この日も全日の広島同様、途中休憩無しの一時間一本勝負。
内容はアンゲロプロス作品が中心。
じゅんこさんのうた、徹さんのコントラバス、そして僕のヴァイオリンが三位一体となって会堂に鳴り響きました。
クリスマス礼拝を翌日に控えた教会。
そこで奏でた音楽を神様はどんなふうに聴いてくださったでしょうか???

プログラムは主催の野田さんから頂いたリクエストを中心に構成させて頂きました。
アンゲロプロスの映画のことばに徹さんがメロディを付けた作品たちです。
ツアーを通して、この日のアンゲロプロス作品が最も深く重い演奏だったと思います。
こうした音楽をストレートに味わって頂けるのがとても嬉しいです。
お越しの皆様、そして野田さん、スタッフの皆さん、本当に有難うございました!

西日本での演奏はこの日で最後でしたが、トリオのアンサンブルは回を重ねるごとに自由で大胆になったと思います。
特にじゅんこさんの声は太さと迫力を増しました。
身体の使い方も以前とは異なり、オペラ歌手や女優のよう。
ツアー先のどの街でもファンが出来たんじゃないかと思います。

齋藤徹, さとうじゅんこ, 喜多直毅
写真:南谷洋策さん

さてこの日のコンサートには数年前から僕の演奏を聴いて下さっているSさんがいらっしゃいました。
彼は岡山のアマチュアオーケストラで子供時代からヴァイオリンを弾き、時には僕の東京での演奏を聴きに来て下さいます。
現在は仕事の関係で尾道に引っ越し、つい最近ご結婚しお父さんになりました。
年は僕と一つしか違いません。

打ち上げの後、二人で他のバーに河岸を変えて彼の住む尾道の素晴らしさについて聞きました。

尾道は…、
・景色がきれい
・物価が安い
・人が親切
・若者が元気
…なのだそうです!

良いなぁ。
僕も仕事と経済的なことをクリア出来たら尾道に住みたい。
今回は色々な事情でキャンセルになりましたが、実は福山の後、彼の住む尾道に行こうと思っていたのです。
来年辺りちょっと移住の下見に行こうかなぁ〜。


翌日は最長距離のロングドライブ。
福山から東京へ車移動です!

勿論高速道路で帰るわけですが、絶対に寄りたいと思っていたサービスエリアがありました。
それは静岡NEOPASA。
ここには何とガンダムTシャツの自動販売機がある!
前にうたをさがしてトリオとオリヴィエ・マヌーリさん(バンドネオン)で静岡のお寺で演奏した時も立ち寄ってもらいました。

で、今回も運転でめちゃめちゃ疲れている徹さんにわがままを言って、わざわざ寄って頂きました。

このような筒に入って自動販売機で売られています。
この筒が既にカッコいい!

開けてみるとこんなTシャツが!

他にも色んなグッズがありました。

ドライバーの皆さん、新東名高速道路のNEOPASA静岡店に行ったら要チェック。
僕にとっては良いお土産になりました!

徹さん、お疲れのところスミマセンでした…。
そして東京までの安全運転、本当にお疲れ様&有難うございました!