2018年4月18日水曜日

演奏後記:cb西嶋徹さんとのデュオ@松本弦楽器

左から:西嶋徹さん(cb)、喜多、松本弦楽器の親方・松本実さん、録音エンジニアのミック沢口さん

西嶋徹さんとのデュオライヴ、終了しました!
お越しの皆さん、有難うございました!
西嶋君は松本弦楽器でコントラバスのセッティングをしてもらい、音が更に豊かになっていました!
もちろん弾き方も今までとは少し変えているそうで、お客さんからは『演奏姿勢が前と違いますね』という意見もありました。
こんなに楽器のサウンドを変えちゃう親方、すげえ…。

セットリスト:
1. リベルタンゴ
2. Women’s Dance
3. 黒い太陽
4. 瞳を閉じて
5. 悲しい酒
6. アリラン
7. La Passionaria

“リベルタンゴ”は田中信正さんと先日演奏した編曲を使用。
弦楽器だけのザクザクしたサウンド!
ピアノとのデュオとはまた違う格好良さ!

“黒い太陽”は知る人ぞ知るシャンソン歌手・バルバラの名曲。
もともと器楽的な曲ではないのですが、かなり無理矢理アレンジしてトライしました。
こちらもなかなか好評でした。

古賀メロディの悲しい酒はシットリと演奏。
ちょっと編曲がシンプル過ぎたような気もするので、後でもう一捻り加えたいところです。

そしてアリランには韓国のリズムを用いました。
最初はゆっくりの三拍子、次第に早くなりチルチェが現れます。
でもアリランにチルチェを使って良かったのだろうか???
謎。
何だか性格も用途も違うリズムを使って、朝鮮の方が聴いたら『?』と思うかも。

以上4曲は割と編曲・譜面化したものです。
西嶋君とのデュオではこうしたアレンジものの方がしっくりくると感じました。
これからもレパートリーを更に増やしていきたいと思っています。
出来たら日本の曲をあと三、四曲。
そしてヴァイオリンとコントラバスだけでドラマを作れたらと思います。
それは喜多クアルテットや黒田さん・田中さんそれぞれとのデュオで行なっている編曲の手法。
もちろん即興演奏の場面も残しつつ、楽曲の世界を広げて行きたいです。

写真は打ち上げ風景。
田中信正さんとのアルバムの録音をして下さったミック沢口さん(右)も聴きにお越し下さり、一緒に飲みました。
僕の隣は松本弦楽器の親方。
お店をライヴのために開放して下さり、打ち上げまでして下さって、ホント大感謝です!
今日は親方を中心に弦楽器の話で盛り上がりましたが、そういう話題もミックさんが楽しんで下さったら僕も嬉しいです。

次回のライヴの日程はまだ決まっていませんが、7月か8月に行いたいと思います。
西嶋君とのデュオはプロジェクトとして進めているので、今度までにもっと選曲と編曲をしたいと思っています。
次回もがんばるぜい!

0 件のコメント: