2021年1月27日水曜日

2/2(火)はviolin喜多直毅/cello翠川敬基/contrabass西嶋徹による即興弦楽トリオ。

 年が開けてまだまだ一月…と思っていたらもう二月も直ぐそこ。

もう少し一月にやるべきことがあった気がしますが、コロナコロナの毎日で忘れてしまいました。

それにしても自民党政府に対しては腹が立つばかり。
主にTwitterやYouTubeでニュースを見ているのですが、菅・麻生・二階のトリオは本当に酷いと思っています。

実は先日チョコレートを食べていたらいきなり奥歯が折れたのです。
最初は詰め物が取れたのかと思いました。
歯医者に行って診てもらったら、詰め物が取れたのではなく折れていると言われました。
折れた原因は“歯軋り”だそうです。
当たり前だけど、歯軋りなんて寝てる最中の行いですから、全く無意識に歯を食いしばっているわけです。
でもこの歯軋りきっと自民党政権に対する怒りが原因だと思っています。

さて菅・麻生・二階は悪いトリオですが、今日は良いトリオのライヴのお知らせ。

2/2(火)、西荻窪・音や金時にてチェロの翠川敬基さん、コントラバスの西嶋徹さんと三人で即興演奏のライヴをおこないます。
お二方とはヴァイオリン+チェロ、ヴァイオリン+コントラバスというデュオで演奏を重ねて来ました。
共に擦弦楽器にデュオですが、同属楽器の魅力がたっぷりです。
そして翠川さん、西嶋さんの素晴らしい表現力に支えられ、小さな楽器・ヴァイオリンも歓び囀ると言った感じ。

ヨーロッパでは割と良く聴くことの出来る即興弦楽アンサンブル。
正確無比な技術と楽器の可能性を究極まで追求した演奏。
僕が知っている欧州のアンサンブルは、まさにそんな印象です。

しかしこのトリオでは全く違った音楽が生まれると思っています。
そうでなければやる意味がない。
響き合う弦の豊穣さを味わいに是非お越しください!

出演:喜多直毅(ヴァイオリン)
   翠川敬基(チェロ)
   西嶋徹(コントラバス)
内容:即興演奏

日時:2021年2月2日(火)17:30開場/18:00開演
会場:音や金時(西荻窪)
   東京都杉並区西荻北2-2-14喜志コーポB1
   03-5382-2020

料金:¥2,700+オーダー(飲み物)※フードの提供はございません。
※15名様限定です。お申し込みの際は《代表者氏名》《人数》《連絡先電話番号》を必ずお書き下さい。



0 件のコメント: