2021年1月25日月曜日

1/30(土)は金宜伸さん(ダンス)立岩潤三さん(パーカッション)と即興パフォーマンス@Cafe MURIWUI

Trikord
Trikord:
金宜伸(ダンス)喜多直毅(ヴァイオリン)立岩潤三(パーカッション)

皆さん、こんばんは。

東京は寒い日が何日か続きました。
お住まいの地域はいかがでしょうか?
今年は北陸を中心に大雪のところが多いですよね。
僕も北国生まれですが、子供の頃はカマクラを作って遊んだりミニスキーを履いて学校に行ったのを思い出します。
温暖化のせいで故郷も雪が少なくなり、今はただの寒いだけの場所。

さて1/30(土)はTrikordというグループで即興パフォーマンスを行います。
会場は祖師ヶ谷大蔵のCafe MURIWUI。
メンバーはダンスの金宜伸さん、パーカッションの立岩潤三さん、そして僕(ヴァイオリン)です。



TrikordのPVです。
一番最後の告知は昨年のものです。
ご注意ください!

さて、もう遠い昔のことのように感じられますが、一時期ベリーダンスの伴奏の仕事を良くやっていました。
ライヴハウスやクラブっぽいところ、カフェ、バーなどで。
そんな仕事で出会ったのが金さんと立岩さん。
金さんはベリーダンスが出自ですが、自身のルーツとも言える韓国伝統舞踊の動きも活かした表現を追求しています。
立岩さんは本当に守備範囲が広く、プログレ、インド音楽、アラブ音楽、ヨーロッパの中世の音楽等々、様々なフィールドでその才能を活かしていらっしゃいます。

僕はもうベリーダンスの仕事をすることもなくなり、そういった現場で金さんや立岩さんとご一緒する機会はありません。
アラブ音楽の演奏も一年に一回、毎年恒例の年末のファルハのライヴくらいです。
(ファルハ=ウード奏者の常味裕司さんの楽団)

しかし何だか金さんと立岩さんとはもう十年くらい不定期でTrikordをやっています。
十年と言っても年一回のペースなのですが…。
久しぶりに会うとお互いの変化が分かって面白いし、変化していなくてもそれはそれで面白い。
とにかくステージでは三人三様の立ち位置で即興パフォーマンスを繰り広げます。

このトリオでは僕は殆どアラブ的なことは弾きません(弾けない)。
でもいつもの自分でいても全く違和感がないし、他の二人もアラブ音楽が!とかオリエンタルダンス(ベリーダンスのこと)が!という人たちでもない。
『こうでなきゃだめ』ってのがない。
何だかボーダーのない砂漠を自由に漂っているようで面白いです。

思えば東京の音楽シーンは縦割りで、村と村の繋がりが希薄。
案外お客さんもそういう傾向があったりする。
それはそれで良いのです。
そっちの方が面白いことだってある。

でもたまに漂ってみると自分が絶対こうだと思っていることが決して絶対ではないし、ただ国境を超えても変わらぬ価値観があると分かったり、知らないことを憶えたりする。
これは一昨年からデュオをやり始めたピアノの照内央晴さんとの関係にも言えること。
(とても良いデュオに育っています。)

そんなわけで、1/30はぜひTrikordのパフォーマンスへお越しください!
コロナ感染拡大防止対策として窓を開け放って公演を行うかも知れません。
ぜひ暖かい服装でお出かけください。
お待ちしています!

出演:Trikord
   キムウイシン(dance)
   喜多直毅(violin)
   立岩潤三(percussion)
内容:即興パフォーマンス

日時:2021年1月30日(土)17:30開場/18:00開演
会場:カフェムリウイ(祖師谷大蔵)
   東京都世田谷区祖師谷4-1-22-3F

料金:ご予約のみ¥3,500+1drink order(限定15名)
予約:violin@nkita.net(喜多)
※メールタイトルは「トリコルド」、メール本文に《代表者氏名》《人数》《連絡先電話番号》を必ずご記入の上、お申し込み下さい。

<コロナ対策について>
本公演では感染防止対策として換気、会場入り口での手指の消毒、検温を実施いたします。感染の状況によってはやむを得ず公演を中止する場合があります。また、お客様にはマスクの着用や咳エチケット等にご協力いただきますよう、お願い申し上げます。

0 件のコメント: