2020年8月24日月曜日

9月の演奏スケジュールを追加しました。そして近況。



暑い毎日ですが皆さん、いかがお過ごしですか?
僕は思いの外忙しくしております。
コロナ禍で演奏の機会は少ないのに、なぜこんなに忙しいのか不思議。

夜になるとすっかり疲れ果てていて、趣味の連続Tweetを行うエネルギーもない。
あれ、晩酌しながら読むのが楽しみと言って下さった方もいらしたんですけど、ご期待に添えずすみません。

それと深夜徘徊も暑くて無理。
先日意を決して表に出たら、深夜だというのにすごい暑さ。
セミも元気に鳴いて飛び回っているし。
このまま歩いていたら熱中症で確実に死ぬ!と思い、三分くらいで引き返しました。
我が家の近所、深夜徘徊にちょうど良いんだけどなぁ。
残念。

6月頃にiPad Proを買ったのですが最近やっと使い始めました。



イラストとか描こうと思ってApple Pencilも買ったんだけど、もっぱらGoodnotesっていうノートアプリに作曲のスケッチを書き記す程度。

GoodnotesにApple Pencilで書いたスケッチ。紙の五線紙ノートと変わらない。

Notionというちゃんとした作曲アプリもあるのですが、こちらはまだ勉強中。

Notionの画面だけど、この楽譜はSibeliusで作ったものをxmlで書き出して読み込んでいる。

それとiPadにBluetooth接続して使うキーボードとトラックパッドも買いました。
スタバで仕事するかなと思って。
ところが禁煙に失敗して愛煙家に逆戻りしたので、当然スタバなどのタバコの吸えないカフェには行かないわけです。

喫煙者に逆戻りしてしまいました。
禁煙3週間目くらいから酷い鬱症状に悩まされ、何も手につかなくなった。
仕事に支障をきたすので結局吸い始めた。
医者に聞いたら『あなたの場合タバコが抗うつ薬になってるんですよ』だって。

結局家でも仕事場でも従来通りMacBook Proを使っており、iPadの活躍する機会はないのでした。
あ、でもPiascoreという楽譜表示アプリは便利です。
ペダル式ページターナーも買ったので、ページ数の多い楽譜も足で譜めくりをしながら演奏できます。


さて先日8/21に公園通りクラシックスにて喜多直毅クアルテットのライヴが行われました。
暑い中お越しくださった皆様、大変有難うございます!

当日のセットリストです。

    1.泥の川〜熱病のテーマ
    2.焦土
    3.孤独
    4.疾走歌
    5.さすらい人
    6.厳父

新曲はありませんでしたが、数曲リアレンジを行いましたので新曲さながらの緊張感でした。

それにしてもこの日は録音も同時に行った為、会場内のエアコンは完全に切った状態での演奏でした。
客席も暑かったと思いますが、照明の当たるステージはまるでサウナのよう。
曲が進むにつれて頭がボーッとしてくる…。
これでは命が危ない!と思ったので、3曲目が終わったところで演奏を中断。
休憩を入れさせて頂きました。

活動当初より休憩を入れない形でのライヴを行ってきた喜多カル。
それは一時間という時間をたっぷり使って一つの音楽ストーリーを連続展開するのが目的でした。
ところが、この様式を暑さ対策の甘さで壊してしまい、結果演奏者側もお客さん側も集中力が一時途切れてしまったことが残念でなりません。

あれもこれも自分のせい、自分の責任です。
ライヴの後、数日間は激しい自己嫌悪に苛まれました…。
色んな意味で見通しが甘かったんだ。
しかし何とか気持ちを立て直し、次のライヴに向かうしかありません。

喜多直毅クアルテット 喜多直毅(作曲・ヴァイオリン)北村聡(バンドネオン) 三枝伸太郎(ピアノ)田辺和弘(コントラバス) 2020年8月21日、リハーサル中@公園通りクラシックス
喜多直毅クアルテット
喜多直毅(作曲・ヴァイオリン)北村聡(バンドネオン)
三枝伸太郎(ピアノ)田辺和弘(コントラバス)
2020年8月21日、リハーサル中@公園通りクラシックス

次回のライヴは即興ダンサーの矢萩竜太郎さんと喜多カルのコラボです。
11/15(金)、成城のアトリエ第Q藝術で行います。

竜太郎さんとは昨年4月に初コラボを行い、これが大好評でした。
YouTubeに動画がありますので是非参考までにご覧頂きたいと思います。




今回は会場内の暑さで演奏を中断しましたが、次回はもちろん一時間たっぷりお届けしたいと思います。
是非お越しください!


話題は変わります。
シンガーソングライターライヴのこと。
先日8/7、横濱エアジンで行われたライヴではギターの加藤崇之さんとベースの西嶋徹さんが演奏して下さいました。
西嶋さんは初参加。
実は彼を誘った後に嫌がられるんじゃないかなぁとか不安に思っていたのですが楽しんでくれたよう良かった良かった。
(ちなみに次回は9/15、3人で西荻窪の音や金時で行います。)

喜多直毅シンガーソングライターライヴ
with加藤崇之(gt.)西嶋徹(cb.)
2020年8月7日@横濱エアジン
本番終了後のスナップ。

肝心の僕の歌ですが、相変わらず歌詞を間違えてばかりで本当に恥ずかしいことこの上なし。
ネットで歌詞の覚え方について色々調べたのですが、やっぱり200時間くらい練習しろとのこと。
歌詞を覚えるためには練習しかない!というわけです。
やっぱり…。
練習といってもただ歌っているだけではなく、手を動かしてノートに何回も歌詞を書くのも必要なのだとか。
受験勉強と一緒です。
僕も英語の短文とか覚えるとき、ノートに何度も何度も書いて覚えました。
やってみようと思います。

しかしシンガーソングライターライヴを一年以上行ってきて、確実に歌詞が身体に入った曲も増えてきました。
こういう歌は歌詞の中の『気持ち』にダイレクトにアクセスしてそれを歌に乗せられる。
なので客席に言葉が届きやすいようです。
やっぱり歌詞って覚えてこそ、ですね!


さて遅ればせながら9月のスケジュールを更新しました。
コロナの自粛ムードにあって、ライヴが多め。
各会場で入場人数を限定○名としています。
基本的に予約のみだと思いますのでご注意ください。

それでは会場でお会いできますように!

0 件のコメント: