2017年12月17日日曜日

長浜奈津子さん(朗読・歌・ギター)との共演が決まりました/12月25日(月)月夜の仔猫(新橋)18:45/19:30

長浜奈津子(朗読・歌・ギター)、喜多直毅(ヴァイオリン) 2017年12月16日@松本弦楽器(代々木)
長浜奈津子(朗読・歌・ギター)、喜多直毅(ヴァイオリン)
2017年12月16日@松本弦楽器(代々木)

昨日は代々木の松本弦楽器にて女優の長浜奈津子さんと朗読会でした。
リハーサルの時点から、二人で言葉の持つ力を感じ、意味を探り、そして作者と作品の魂に接近して行く。
そんなプロセスを踏んで本番を迎えましたが、とてもとても楽しい日々でした。
会場には某文学ミュージアムの方もお越し下さり、我々の朗読会をとても楽しんで下さいました。
本当に企画して良かったなぁと思える公演でした。
寒い中お越しになった皆さん、会場として場を提供して下さった松本弦楽器の皆さん、そして長浜奈津子さん、心からお礼を申し上げたいと思います!

お越しになれなかった方のために今日のプログラムをご紹介します。

第一部:濹東綺譚(永井荷風)

第二部:
ヴェルレーヌ/永井荷風(翻訳)『珊瑚集』より
・ぴあの
・ましろの月
・道行
・夜の小鳥
・暖かき火のほとり
・返らぬむかし
・偶成

ヴェルレーヌ『秋の歌』を五人の翻訳で
・堀口大学
・金子光晴
・窪田般彌
・橋本一明
・上田敏
音楽:シャコンヌ(J.S.Bach)

オシップ・マンデリシュターム
詩集『石』より一編

ブロニスワバ・バイス
『私は貧しいジプシー女』

『アルフォンシーナと海』
作詞:フェリックス・ルナ/作曲:アリエル・ラミレス
歌詞の朗読とギター弾き語り&ヴァイオリン


どうです!?
なかなか充実のプログラムでしょ!?

濹東綺譚はもう何度か上演しておりますが、第二部は初めての作品ばかり。

ヴェルレーヌ/永井荷風の詩の数々は、荷風の色合いがとても濃くてビックリしました!
濹東をやった後だったからかも知れませんが、原作に描かれているのはフランスの風景なはずなのに、何だか昭和初期の情緒のようなものを感じるのです。
登場する人物もフランス人ではなく、着物姿の男女をイメージしてしまう。
荷風って知れば知るほど凄い人ですね…。

続いてヴァルレーヌの『秋の歌』を五人の日本人による翻訳で聴いていただきました。
『秋の日のヰ゛オロンのためいきの身にしみてひたぶるにうら悲し。』の出だしで有名な詩です。
これは上田敏訳。
僕は堀口大学のが最も好きなのですが、他に三つも翻訳があったんですね。
知りませんでした。

で、この五つのヴァージョンをシャコンヌに載せて、奈津子さんに読んで頂きました。
もちろん訳者ごとに趣きが全く違うのですが、奈津子さんの読み方も訳の言葉遣いによって変化して大変面白かったです。

シャコンヌは大きな音量で弾かないと厳しい部分もあるので、朗読の背景としては実は不向きだったかも知れません。
今日は朗読会を通して弱音器をつけっぱなしだったのですが、それでもシャコンヌはたまに音がでかいな〜と感じました。
もしかしたら無伴奏ソナタ第1番の第一楽章が向いているかも知れません。
その方が詩の朗読を邪魔しないかも。

ヴェルレーヌの後はお気に入りのマンデリシュターム。
そしてジプシーの詩人、ブロニスワバ・バイス。
そして最後はフォルクローレの名曲『アルフォンシーナと海』の歌詞の朗読と歌。

奈津子さんは実は歌手としても活躍しておられ、このアルフォンシーナの演奏は歌もギターも見事でした!
まずリズム感が素晴らしい!
緩急も自由自在。
リハーサルではヴァイオリンの一本で歌って下さったのですが、僕の演奏を本当に良く聴きながら歌って下さるのです。

実は先日、奈津子さんが出演する芝居を観に、六本木の俳優座に行ってきました。
作品中、何曲か歌っていらっしゃったのですが、豊かな声が会場を包みました。

ここでお知らせ!!!
奈津子さんが出演するライヴに僕も急遽出演させて頂くことになりました!
12月25日のクリスマスです!

出演:長浜奈津子(歌、ギター、朗読)
   喜多直毅(ヴァイオリン)
日時:2017年12月25日(月)18:45開場/1st19:30/2nd 21:00
会場:月夜の仔猫(新橋)
   東京都中央区銀座8-3-11和恒ビルB1
   03-3573-3651
料金:¥4,500+オーダー
予約・問い合わせ:03-3573-3651

この日は朗読を行うか、或いは歌が中心になるか、これからリハーサルをして決めて参りたいと思います。
でも『アルフォンシーナと海』以外にも、例えばタンゴとか一緒に出来たらと思っています。
年末の忙しい時期かと思いますが、皆さんどうぞお越し下さい!


【グルメ情報】
前にも一度紹介したかも?
でも素晴らしいのでもう一度。

池袋北口と言えばもう既にチャイナタウンと化して何年も経ちます。
そんな中、名店として評判なのがここ”知音食堂”!

東京都豊島区西池袋1-24-1 宮川ビルB1
03-5951-8288
営業時間:11時30分~0時00分


基本的に四川料理ですが、辛くない料理もあります。
でもせっかくだから唐辛子・山椒の痺れる辛さを味わいたいもの。
辛くても痺れても、どれもどんどん箸が進む旨さです!

ここは本当にメニューが豊富でどれを頼むか迷ってしまいますが、やっぱり麻婆豆腐は頼まなくては!
上の写真をご覧いただいてもお分かりと思いますが、食欲をそそる赤!
確かに痺れる辛さ。
必ずライスが欲しくなる。
普通盛りでは足りなくなります。
絶対に大盛りです!
で、汗をかきながら麻婆丼みたいな感じで食べます。
本当に幸せを感じる…。

ということで池袋に行ったら皆さんも是非行ってみて下さいね。
雑司が谷エルチョクロでライヴを観た後とか。
(僕もたまに行きます。)

さがゆき、喜多直毅
もともと知音食堂を教えてくれたのはさがゆきさん(vo)。
それ以来はまっています…。

0 件のコメント: