2017年11月17日金曜日

演奏後記:2017年11月16日喜多直毅(vln)伊藤芳輝(gt)@船橋市文化創造館(きらら)

2017年11月16日喜多直毅(vln)伊藤芳輝(gt)@船橋市文化創造館(きららホール)

今日は船橋市のきららホールにて伊藤芳輝さん(ギター)とデュオでした。
実はこの会場、オープンしてまだ日の浅い頃、“喜多直毅+TANGOPHOBICS”というバンドで出演させて頂きました。
約15年前…、懐かしい!

その後、鬼怒無月さん(gt)のグループ“SalleGaveau”や常味裕司さん(oud)の“Farha”、また大倉庄之助さん(大鼓)らとの即興セッションなど、数回出演させて頂きました。
とてもとても懐かしい会場。
現在は“ちょとよりみちライブ”という無料コンサートを定期的に開催し、地元の皆さんに親しんで頂いているそうです。
今回、伊藤芳輝さんとのデュオで呼んで頂き、とてもとても感謝です!

2017年11月16日喜多直毅(vln)伊藤芳輝(gt)@船橋市文化創造館(きらら)
2017年11月16日喜多直毅(vln)伊藤芳輝(gt)@船橋市文化創造館(きらら)

演奏は約一時間。
本当は45分程度の予定でしたが、かなり伸びて一時間強の演奏になりました。
でも皆さん、最後までしっかり聴いて下さいましたよ。
どうも有難うございました〜!

リハーサル後、お茶目な伊藤芳輝さん。

内容はピアソラやボサノヴァ、フラメンコテイストのスタンダード、ビートルズ、ミシェル・ルグランの作品など。
ヴァイオリンとギターによる情熱のサウンドをお楽しみ頂けたのではないかと思います。

本日演奏したミシェル・ルグランの『What are you doing the rest of your life?』(邦題『これからの人生』)は本当に良い曲だなぁといつも思います。
部分部分に様々な抑揚を付けて弾くことが出来る。
間を開けたり、緩急を付けたり、色々な歌い回しが出来て本当に楽しい。
これも伊藤さんのギターと一緒だからこその自由かなと思います。

ピアノの黒田京子さんとのライヴでもたまに演奏していますが、こちらはどちらかというとクラシカルで素直な演奏かな(YouTube)。

 
もちろん黒田さんとのデュオでも最近は伊藤さんとのデュオ同様、自由に弾かせて頂いております。
喜多&黒田ヴァージョンも是非聴きにいらして下さいね!

さて伊藤芳輝さんとは12月3日に水戸で演奏させて頂きます!
今回は何とひっさしぶりの吉見征樹さんとのトリオです!
吉見さんといえば言わずと知れた日本のインド音楽、そしてタブラの第一人者です。
もちろんインド音楽に限らず様々な音楽ジャンルで大活躍。
(愉快な関西ノリMCにも定評あり)

伊藤さんと吉見さんと言えば、もう一人ヴァイオリンの平松加奈さんでのトリオ”スパニッシュ・コネクション”が良く知られ、人気がありますよね。
何ともう17年も続いているユニットだそうです!
今日伊藤さんに『バンドが長続きする秘訣は何ですか?』と訊いたら『普段余り干渉し合わないことかな』とおっしゃっていました。
なるほど、程良い距離感ってことですね。
参考にさせて頂きます…。

で、今回は僕がヴァイオリンで参加させて頂くわけですが、スパコネのサウンドと同じになるとは思いません…。
演奏者が違うんだから当たり前です。
でも編成だけ見ると、“男スパコネ”みたいですよね。
って言うと、ファンの方にお叱りを頂くでしょうか…。
でも何だか面白い顔ぶれですよね。
このトリオも是非聴きにいらして頂きたいと思います。

水戸はちょっと遠いなぁと仰らず、是非東京からもお出かけください!
もちろん地元の方、是非是非いらして下さいね!

2017年12月3日 伊藤芳輝(gt)吉見征樹(tabla)喜多直毅(violin) @Cafe202
2017年12月3日
伊藤芳輝(gt)吉見征樹(tabla)喜多直毅(violin)
@Cafe202

出演:伊藤芳輝(フラメンコギター)
   吉見征樹(タブラ)
   喜多直毅(ヴァイオリン)
内容:フラメンコテイストのジャズ・スタンダード、ラテン音楽、ポップス、オリジナル曲等

日時:2017年12月3日(日)
   14:00開場/1stSet15:00開演/2ndSet17:00
会場:Live & Library cafe 202(水戸)
   茨城県水戸市五軒町1-6-1
   029-233-5524

料金:¥4,000
予約:分かり次第お知らせします。
   1stSetのみ、2ndSetのみ、または両方とも…と言った感じのシステムの様です。

ではでは皆さん、12/3は水戸でお会いしましょう!!!

無関係な話題。
グルメ情報です。

池袋のカレーの名店・かえる食堂です!
このお店はファンが多く、まさに行列の出来るカレー屋さんです。
友人がここのカレーにドンはまり中で、半ば強制的に連れて行かれました。

僕は毎食カレーでも良いくらいの人間なのですが、どちらかと言うとインド・ネパール料理店で食べることが多い。
余りカレー専門店的なところには行かないのですよ。

でも連れて来てもらって良かった!
一口食べると、まずちゃんと辛い(これ大事)。
そして辛いだけではなく、ちゃんと“美味しさ”がある。
“美味しさ”って言うとちょっと漠然としてますかね。
旨味とか深みとか…、とにかくこれは食べてみなきゃ分からん味です。

かえる食堂の坦々カレー。山椒の香りが最高。ご飯は大盛りでも良かったかも。
 
僕が頂いたのは“坦々カレー”。
おおお、カレーの上に四川風の山椒パウダーが!
四川料理も大好きなので、これは嬉しいね!

友人は“みどりのカレー”を注文。
確かに緑色をしたカレーなのですが、う〜ん、何だろう、クレソンの様な苦味が実に絶妙。
これは旨い。
デトックスにも効果がありそうだし、二日酔いで胃がムカムカする時なんか良いのでは?

とにかく池袋に行ったらかえる食堂へ!
行列する価値ありです!

かえる食堂
東京都豊島区池袋3-6-1 第2京花荘
03-5950-6077

大満足!“俺の東京カレーミシュラン”に加わりました。

0 件のコメント: