2019年8月13日火曜日

9/6(金)は喜多直毅シンガーソングライターライヴwith加藤崇之(ギター)@西荻窪・音や金時

喜多直毅歌手デビューライヴvol.1with加藤崇之(gt) 2019年5月8日@西荻窪・音や金時
喜多直毅歌手デビューライヴvol.1with加藤崇之(gt)
2019年5月8日@西荻窪・音や金時

9/6(金)に行うシンガーソングライターライヴの為にキーを決めるべく、歌手の中で一番共演数の多い松本泰子さん(vo)に手伝って頂きました。
実は第一回目は家で歌って決めたキーが低すぎて、ボソボソボソボソ歌ってしまい歌詞が不明瞭になってしまったのです
近所迷惑を気にしてつい低い音域で歌っていて、それが自分にちょうど良いキーだと思っていたのです。
ところが本番、ステージでマイクを使って歌って余りの低さにびっくりしました。
喉も疲れました(それでも2ステージ歌い通した!!!)。

今日、相応しいキーを調べていく中で、案外自分の声が高いことが判明。
完全なテノールまでは行かないけどバリトンの高い方からテノールの低い方。
この音域だと無理なく歌えて、しかも歌詞も明瞭に届きそうです。

それと先日一緒にライヴで演奏した時、歌手のさがゆきさんにも歌詞を印象付けるコツみたいなものを教えてもらいました。
ある意味、朗読みたいなアプローチにも思えました。
語ることと歌うこと。
この微妙なバランス感覚と距離感が面白いのかなと思います。

そもそもソングライティングの方、特に歌詞のことに気を取られがちなのですが、歌うことも楽しくなるとより表現に幅が出てくるかも知れません。
家では研究のために器楽による即興演奏や現代音楽、クラシック、タンゴ、ポルトガルギター、韓国伝統音楽等を聴いていますが、それ以外では結構歌ものを流しているのです。
ロシアのリュドミラ・ズィキナ、ヴラジーミル・ヴィソツキー、ブラート・オクジャワ、アレキサンドル・グラツキー。
ポーランドのエヴァ・デマルチク。
フランスのバルバラ、レオ・フェレ、ジャック・ブレル。
シチリアのローザ・バリストレリ。
ロシアンジプシーのリダ・グレスコ、ヴァリア・ディミトリエヴィッチ。
アルゼンチンタンゴのロベルト・ゴジェネチェ。
器楽<歌、かも。

以上に掲げた歌手の方々は実に素晴らしく、その人がそのまま歌になっている。
そして聴いていると胸が熱くなる。
到底僕にはそんな大歌手のような歌は歌えませんが、それでも歌作りに加えて『歌うこと』にも面白さを見出して行けたらと思います。

ってなわけで、9/6(金)はどうぞ西荻窪へ!!!
加藤崇之さんの音色と歌心もたっぷり味わえます。

出演:喜多直毅(歌・ヴァイオリン)
   加藤崇之(ギター)
内容:喜多直毅作詞作曲による歌の数々

日時:2019年9月6日(金)18:30開場/19:30開演
会場:音や金時(西荻窪)
   東京都杉並区西荻北2-2-14喜志コーポB1
   03-5382-2020

料金:¥2,500+オーダー
予約:必要ありません。そのままお越し下さい。

ちなみに日本でも大好きな歌手が沢山いるのですが、多すぎて書ききれない…。
ただJ-Popでは《元気が出る、気合が入る、落ち込んだ時に聴く》という目的で聴き、例えばトータス松本さん、馬場俊英さんの歌は同世代で等身大の自分が歌の中に感じられて好きです。

0 件のコメント: