2019年1月23日水曜日

今週土曜日(1/26)は代々木・松本弦楽器で元井美智子さん(箏)とデュオ!

皆さん、こんにちは。
今ちょっとビックリしました。
このブログ、正月に更新して以来、何もせずにいたとは!
今年はもう少し書いていけたら良いなと思っていますのでどうぞ宜しくお願いします!

さて振り返れば昨年はおかげさまで色々と充実した仕事をさせて頂きました。
しかしかなりの時間を事務的な事柄に費やしてしまった気がします。
今年はもう少し演奏や作編曲など『音楽』にエネルギーを傾けて参りたいと思っています。
ある意味“転機”となる一年にしたい。
そのためには?と色々考えています。

最近同世代の演奏家の演奏を聴きに行くことが多く、とても刺激になります。
40代も半ばを過ぎるとそれぞれの世界みたいなものが嫌が応にも出来上がって来て、『どんな生き方をしてきたか』『どんな生き方をしているか』が音楽に滲み出てくる。
素晴らしい演奏に触れて、その演奏の向こうにその人の有様・生き様が見えると、自分もしっかりと音楽づくりに取り組んでいかなくてはと思うのです。
そして出来上がった自分の上に胡座をかくのではなく、どんどん新しいものに取り組んで行きたいと願っています。

さてここからは宣伝。

今週末、箏の元井美智子さんと代々木・松本弦楽器にてライヴを行います。
ヴァイオリンと箏によるデュオと言えば『和と洋の出会い』みたいな期待をされがち。
もちろんそういう面もあるかも知れませんが、それだけではありません。

二つの楽器が生まれた場所“アジア・ヨーロッパ” のことはちょっと脇に置いておいて、シンプルで簡素・原始的な弦楽器の響き合いと考えて取り組んでいるデュオです。
我々二人はサウンドに含まれるノイズに大きな魅力を感じており、そこに演奏のポイントを置いていると言えましょう。

自然の世界には沢山の高周波数の音が溢れているそうで、似た周波数帯のサウンドが生楽器のノイズの中には含まれているのだそうです。
ところが歴史が現代に近づけば近づくほど、人間は楽器をコントロールしやすいものに作り変え、ノイズは無駄なものとして排除されて来ました。
それによって人間は音楽が持つ大切なものを多く失って来たと言います。

人間のコントロール願望というものはきりがなく、自分も他人も思い通りにしたい・支配したいと考えがちです。
そして未来や将来をも何とかコントロールしようと躍起になっている。
自分の領域ではないものにまでその力を及ぼし、己にとって都合の良い方向に物事を運ぼうとする。
そんな性質が人間にはあるような気がしますし、この性質は決して幸福を生まず、寧ろ人間の不幸や苦しみの根源sとなっている気がします。

話がちょっと逸れました。
元井さんとのデュオでは楽器が持つ自然なノイズを活かすために、よりオーガニックな素材で作られた弦を使うようにしています。
こんなサウンドによる即興演奏、是非多くの方に聴いて頂きたいと思っています。

喜多直毅(ヴァイオリン)元井美智子(箏) 2018年9月15日@松本弦楽器
喜多直毅(ヴァイオリン)元井美智子(箏)
2018年9月15日@松本弦楽器

出演:喜多直毅(ヴァイオリン)
   元井美智子(箏)
内容:即興演奏

日時:2019年1月26日(土) 18:00開場/18:30開演
会場:松本弦楽器(代々木)
   東京都渋谷区千駄ヶ谷5-28-10
   ドルミ第二御苑804号室
   03-3352-9892(場所の問い合わせのみ受け付け)

料金:予約3,000円/当日3,500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:violin@nkita.net(喜多)

※12名様限定です。ご予約はお早めに!
※お申し込みの際は《代表者氏名》《人数》《連絡先電話番号》を必ずお書き下さい。
※18:30でメインエントランスの鍵が閉まります。遅刻にご注意下さい。

まだお席に余裕がございます。

土曜日の夜、ぜひお誘い合わせの上、代々木へお越し下さい! 

0 件のコメント: